ドニ・ドダール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Denis Dodart
ニコラ・ロベールの植物画

ドニ・ドダール(Denis Dodart、1634年 - 1707年11月5日)は、フランス医師植物学者である。1676年の"Mémoires pour servir a l'histoire des plantes"の編集を行ったことで知られる。

パリに生まれ、1660年に医師の資格を得た。1666年パリ大学医学部の教授となった。アンヌ・ジュヌヴィエーヴ・ド・ブルボン=コンデらの貴族の侍医を務め、しばしばルイ14世の医学顧問として働いた。 1673年に科学アカデミーの会員となった[1]

科学アカデミーが企画した植物事典"Mémoires pour servir a l'histoire des plantes"の編集者を務めた。執筆はドダールの他、Samuel Cottereau du Clos (1598-1685)、Pierre Borel(1620-1689)、クロード・ペロー(1613-1688)、エドム・マリオット(1620-1684)、Claude Bourdelin II (1711没)、 Nicolas Marchant (1678没)が行い、ニコラ・ロベールの製作した39枚の細密銅版画が添付された。

著書[編集]

  • Ergo in hydrope mittendus sanguis. Paris, 1660
  • De febridus balneum. Paris, 1660
  • Mémoires pour servir a I'histoire des plantes. Paris, 1676
  • Non ergo carnes quovis alio cibo salubriores. Paris, 1677
  • De cancro hydraugyro. Paris, 1682
  • Médecine des pauvres. Paris, 1692
  • Ergo febribus acutis e carnibus juscula. Paris, 1700
  • An omnis morbus a coagulatione. Paris, 1703
  • Medicina statica Gallica. Paris, 1725

脚注[編集]

  1. ^ Sturdy, David J. (1995). Science and Social Status: The Members of the Académie des Sciences 1666-1750. Boydell & Brewer. pp. p461. ISBN 085115395X