ドミトリイ・ビロゼロチェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
獲得メダル

ドミトリイ・ビロゼロチェフ
体操競技
1988 男子団体総合
1988 男子あん馬
1988 男子つり輪
1988 男子個人総合

ドミトリー・ウラジーミロヴィチ・ビロゼルチェフ(Dmitri Vladimirovich Bilozerchev, 1966年12月22日)は、旧ソビエト連邦の男子体操選手である。

略歴[ソースを編集]

1983年、ブダペスト世界体操選手権個人総合で優勝し、デビューを飾った。翌年のロサンゼルスオリンピックでは個人総合をはじめメダルの量産が確実と言われながら、東欧諸国のボイコットにより出場辞退を余儀なくされた。  1985年、モントリオール世界体操選手権の前には、自動車事故により瀕死の重傷を負い、再起不能とまで言われたが、1987年ロッテルダム世界体操選手権で団体総合、個人総合、あん馬、鉄棒の4種目に優勝し、復活した。ソウルオリンピックでは、団体総合、あん馬、つり輪で金メダルを獲得するも、悲願としていた個人総合では団体前半規定鉄棒の思わぬ失敗がもとで、銅メダルにとどまった。

2003年、世界体操殿堂入り。

現在は米国で体操コーチをしている。息子も体操選手である。

]