ドミトリー・クルリャンツキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドミトリー・アレクサンドロヴィチ・クルリャンツキー
Dmitry Kurlyandsky.jpg
基本情報
生誕 (1976-06-09) 1976年6月9日
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル 現代音楽
職業 作曲家
担当楽器 フルート
公式サイト 公式サイト

ドミトリー・クルリャンツキーロシア語Дмитрий Александрович Курляндский、ラテン文字転写:Dmitri Kourliandski、Dmitrij Kurljandskij、1976年6月9日 - )はロシア現代音楽作曲家[1]モスクワ出身。

略歴[編集]

1976年モスクワ生まれ。ラトビアクールラント出身者であることを示している。フルート奏者としての活動を初期に行ったあと、留学先のフランスから程なく帰国した。その後モスクワ音楽院の作曲科へ入りなおして[2]、Leonid Bobylevに師事した。2003年度ガウデアムス大賞のほか、いくつかの受賞歴を持つ。2019年には現代音楽アカデミーImpuls[3]の作曲講師に就任している。

作風[編集]

作曲作風の模索期にはスペクトル楽派なども参考にしていたようだが、ジェルジ・リゲティのレクイエムの研究を経てセクション間の音響のエネルギーの激しい落差に目覚めるようになってから、才能が開花した。ガウデアムス大賞受賞作となった「innermost man[4]」では、全曲の特殊奏法をシンボル化し、素材をローテーションさせる技法を編み出した。その後はノイズ同士の擦れあいへの偏愛や、ブロック構造的な管弦楽法などで、名声を獲得した。バヤンダブルアルプホルンなどの、通常では用いられることの少ない楽器の使用に長所が発揮できている。2006年にはドナウエッシンゲン音楽祭で、新作のオーケストラ作品が演奏された。現在、最もロシアで前衛的な作曲家が集ったStructural Resistance Group所属。

脚注[編集]

  1. ^ Positionen 88 – Junge russische Avantgarde”. shop.positionen.net. 2019年3月27日閲覧。
  2. ^ Biography”. www.kourl.ru. 2019年3月27日閲覧。
  3. ^ 11th International Ensemble and Composers Academy for Contemporary Music”. www.impuls.cc. 2019年3月27日閲覧。
  4. ^ Biography”. www.kourl.ru. 2019年3月27日閲覧。