ドミトリー・コズロフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドミトリー・コズロフスキー
Dmitrii KOZLOVSKII
Figure skating pictogram.svg
2018 Internationaux de France - Aleksandra BOIKOVA Dmitrii KOZLOVSKII - 03.jpg
2018年GPフランス杯
でのボイコワ(左)とコズロフスキー(右)
基本情報代表国 ロシアの旗 ロシア生年月日 (1999-12-23) 1999年12月23日(19歳)出生地 サンクトペテルブルグ身長 185 cm選手情報コーチ アルトゥール・ミンチュク
タマラ・モスクビナ振付師 ナタリア・ベステミアノワ
イゴール・ボブリン
ニコライ・モロゾフ
Alexander Stepin
Yuri Smekalov所属クラブ Tamara Moskvina FSCISU パーソナルベストスコアトータルスコア 229.48 2019 GPロシア杯ショート 80.14 2019 GPロシア杯フリー 149.34 2019 GPロシア杯
 
獲得メダル
フィギュアスケート
欧州選手権
2019 ミンスク ペア
世界ジュニア選手権
2017 台北 ペア
ジュニアグランプリファイナル
2016 マルセイユ ペア
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

ドミトリー・エドゥアルドヴィチ・コズロフスキーロシア語: Дмитрий Эдуардович Козловский ロシア語ラテン翻字: Dmitrii Eduardovich Kozlovskii1999年12月23日 - )は、ロシア男性フィギュアスケート選手(ペア)。ロシア サンクトペテルブルグ出身。パートナーはアレクサンドラ・ボイコワ2019年ヨーロッパ選手権3位、2017年世界ジュニア選手権2位、2016年ジュニアグランプリファイナル3位。

経歴[編集]

初期[編集]

2004年に4歳でスケートを習い始める。シングルスケーターとしてアレクセイ・ミーシンのチームでトレーニングを受けていたが、2015年の7月、ペアスケートの訓練を受ける為、タマラ・モスクビナのチームに参加する。 その年の11月、ペアに転向したばかりのボイコワとペアを結成する(ボイコワの前に一人別の女性と組んだが、こちらは短期間で解散した)[1]

2016-2017シーズン[編集]

結成からわずか10ヶ月後[2]、国際大会のデビュー戦となるジュニアグランプリシリーズ モルドヴィア杯で銀メダルを獲得する。続くシリーズ第2戦、ブラエオン・シュベルター杯では4位となり、ファイナル行きの切符を手にする。12月にマルセイユで行われたファイナルでは パーソナルベストを更新して(総合159.72)銅メダルを獲得。同じく12月に行われたロシア国内選手権にはシニアとして出場し、6位に入った。さらに、2月に行われたロシアジュニア選手権では優勝。3月には、世界ジュニア選手権に出場し、1位のアレクサンドロフスカヤウィンザー組(オーストラリア)に2.05点差で惜敗するも、銀メダルを獲得した。

2017-2018シーズン[編集]

JGPSラトビア大会では銀メダル、続くクロアチア大会では銅メダルを獲得し、ファイナルでは5位となる。 10月には初のシニア国際戦となるチャレンジャーシリーズ ミンスクアリーナアイススターに参戦し、パーソナルベストを更新して(総合191.58)優勝した。1ヶ月後、CS2戦目のワルシャワ杯では、銀メダルを獲得する。この年、ロシア選手権にはシニアとして参加し5位、ロシアジュニア選手権では4位となった。

2018-2019シーズン[編集]

CS2戦からシーズンのスタートを切り、ロンバルディア杯では2位、フィンランディア杯では3位。 10月末、スケートカナダでグランプリシリーズのデビューを果たす。この大会では パーソナルベストを更新して(総合196.54)4位。続く11月のフランス国際では銅メダルを獲得する。このシーズンのロシア選手権では、ショート・フリーともに3位で総合3位となった。1月、初参戦となった欧州選手権でパーソナルベストを更新し(総合205.28)、銅メダルを獲得する。

主な戦績[編集]

国際大会(シニア)
大会/年 2016-17 2017-18 2018-19 2019-20
世界選手権 6
欧州選手権 3
GPファイナル 4
GPロステレコム杯 1
GPフランス杯 3
GPスケートカナダ 4 1
CSフィンランディア杯 3
CSロンバルディア杯 2
ワルシャワ杯 2
アイススター 1
国際大会(ジュニア)
世界Jr.選手権 2
JGPファイナル 3 5
JGPクロアチア杯 3
JGPリガ杯 2
JGP B・シュベルター杯 4
JGPモルドヴィア杯 2
国内大会
ロシア選手権 6 5 3
ロシアJr. 選手権 1 4

詳細[編集]

2019-2020 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年12月5日-8日 2019/2020 ISUグランプリファイナルトリノ 2
76.65
5
125.19
4
201.84
2019年11月15日-17日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 1
80.14
1
149.34
1
229.48
2019年10月25日-27日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケロウナ 1
76.45
1
140.26
1
216.71
2018-2019 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年3月20日-24日 2019年世界フィギュアスケート選手権さいたま 6
69.99
6
140.31
6
210.30
2019年1月21日-27日 2019年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ミンスク 4
72.58
3
132.70
3
205.28
2018年12月19日-23日 ロシアフィギュアスケート選手権サランスク 3
74.98
3
145.42
3
220.40
2018年11月23日-25日 ISUグランプリシリーズ 2018年フランス国際グルノーブル 1
68.83
3
121.01
3
189.84
2018年10月26日-28日 ISUグランプリシリーズ 2018年スケートカナダラヴァル 4
64.57
2
131.97
4
196.54
2018年9月13日-16日 CS 2018年フィンランディア杯エスポー 2
67.81
3
120.73
3
188.54
2018年9月13日-16日 CS CSロンバルディア杯ベルガモ 3
65.21
1
126.78
2
191.99

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2019-2020 マイ・ウェイ
作曲:クロード・フランソワ
ライティングズ・オン・ザ・ウォール
作詞・作曲:サム・スミス
歌:Sofia Karlberg
2018-2019 黒い瞳
演奏:Igor Bourco's Uralski Jazzmen
バレエ音楽くるみ割り人形より
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
2017-2018
[3]
Sochi Sarabanda
作曲:アレクサンダー・ゴールドスタイン
2016-2017
[4]
フラメンコ
曲:ディドゥラ
トリスタンとイゾルデ
作曲:リヒャルト・ワーグナー
編曲:マキシム・ロドリゲス

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]