ドミトリー・シェーヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドミトリー・シェーヴィチ
Дмитрий Егорович Шевич
Shevich DE.jpg
駐日ロシア公使
任期
1886年1月28日 – 1892年7月28日
前任者 アレクサンドル・ダヴィドフ
後任者 ミハイル・ヒトロヴォ
駐ポルトガルロシア公使
任期
1892年7月28日 – 1896年2月9日

ドミトリー・エゴロヴィチ・シェーヴィチ: Дмитрий Егорович Шевич、1839年6月8日-1906年10月24日)は、ロシア帝国の外交官。姓はシェービッチシェービチとも。

シェーヴィチ家(Шевичи)出身の貴族で、駐日ロシア帝国公使(1886年-1892年)、駐ポルトガル公使(1892年-1896年)、駐スペイン公使(1896年-1906年)などをつとめた。

生涯[編集]

1839年6月8日、サンクトペテルブルク生まれ。父はロシア帝国陸軍イワン・シェーヴィチ将軍(Шевич, Иван Егорович)の息子である陸軍大佐エゴール・シェーヴィチ(1808年-1849年)、母はニコライ1世の下で法務大臣などを歴任したドミトリー・ブルードフ  (Dmitry Bludov の娘リディア・ブルードワ(1815年-1882年)である。

1858年に貴族の子弟のための貴族幼年学校(近衛士官学校、Пажеский корпус)を卒業し、1860年1月25日ロシア帝国外務省に入省。1862から侍従見習(Камер-юнкер)、1873年から侍従(Камергер)となる。

1860年にナポリ、1862年にはローマに赴任し、1863年からは当時最年少の書記官としてヴュルテンベルクに駐在、1867年にスウェーデンに駐在した。フィレンツェ赴任時にナポリ副領事を兼務(1870年-1872年)し、1872年からは上級書記官として在ローマ大使館勤務となり1883年に同大使館参事官となる。 最終官位は三等文官(1894年4月17日からТайный советник)。1905年4月17日に授与された聖アレクサンドル・ネフスキー勲章 (Order of Saint Alexander Nevskyをはじめ多数の勲章を受章しており、イタリア、モンテネグロ、日本、ポルトガル、スペイン各国からも勲章を受章している

1905年、ロシア帝国国家評議会議員となる。1906年、ヴェルサイユ宮殿内で死去し、遺体はロシア帝国墓地のあるヴィースバーデンに埋葬された。

1887年5月22日にヴェーラ・フョードロワ・フォン・メングデン(1840年-1913年)と結婚。二人の間には子供はできなかったが、シェーヴィチはヴェーラ夫人が前夫アレクサンドル・スヴェルベーエフ(サマラ県知事(グベルナートル)など)との間にもうけた娘ヴェーラ・スヴェルベーエワを引き取り、1887年10月21日に正式に養女として迎え入れる法的手続きを済ませ、シェーヴィチの名を名乗ることを許した。

参考文献[編集]

  • В. Б. Лопухин. Записки бывшего директора департамента министерства иностранных дел. — СПб, 2008.
  • Альманах современных русских государственных деятелей.] — СПб.: Тип. Исидора Гольдберга, 1897. — С. 1243. [1]