ドミトリー・シュワエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Dmitry Shuvaev.jpg

ドミトリー・サヴェリエヴィッチ・シュワエフロシア語: Дмитрий Савельевич Шуваев1854年10月12日 - 1937年)は、ロシア帝国ソビエト連邦の軍人。ロシア帝国軍時代の最終階級は歩兵大将。第一次世界大戦中、軍事大臣を務めた。

経歴[編集]

  • 1872年 - 第3アレクサンドロフ学校卒業。第2トルケスタン狙撃大隊に配属
  • 1873年・1875年 - ヒヴァ戦役に従軍
  • 1878年 - ニコライ参謀本部アカデミーを次席で卒業。オレンブルク軍管区本部に配属
  • 1885年2月 - ノヴォチェルカッスク・ユンカー学校長
  • 1899年5月 - キエフ軍事学校長
  • 1905年1月 - 第5歩兵師団長
  • 1908年5月 - 第2カフカーズ軍団長
  • 1909年8月 - 主計総局長兼軍事省主任主計官
  • 1915年12月 - 主任野戦主計官兼最高総司令官スタフカ主任野戦主計官局長

主任野戦主計官としてのシュワエフには、後方地区に準備された物資の登録と配分が委任された。戦時中、1912年に制定された補給システムが破綻したため、1916年、軍級食料庫が組織された。

1916年3月15日、軍事大臣に任命。シュワエフの軍事大臣への任命は、当期間、軍の補給が主要課題となったためである。1916年度の軍事費は113億9550万ルーブルに達した(1915年度は74億9270万ルーブル)。1917年1月3日、ミハイル・ベリャエフと軍事大臣を交代し、3月10日、軍事会議議員に任命された。

十月革命後、赤軍に移り、軍事教育施設で講師を務めた。1920年のポーランド・ソビエト戦争時、第4ソビエト軍の参謀長、司令官を務める。1922年、ペトログラード軍管区参謀長、後に「ヴィストレル」課程の講師。1920年代末から年金生活に入る。1937年、内務人民委員部(NKVD)により逮捕され、銃殺。

死後、名誉回復された。

参考文献[編集]

  • "Кто был кто в первой мировой войне. Биографический энциклопедический словарь", Залесский К.А., М., 2003
先代:
アレクセイ・ポリワノフ
ロシア帝国軍事大臣
1916年3月15日 - 1917年1月3日
次代:
ミハイル・ベリャエフ