ドミナントコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ドミナントコード(Dominant Chord)とは、属和音のこと。主音完全五度上にあたる属音ドミナント)を根音とした和音(Vの和音)。

目次

概要

ドミナントコードとは、属音が根音にあたる和音全般を指す。後述のドミナントセブンスコードおよびドミナントマイナーコードを含む。Vsus4やIIm7(onV)などもドミナントコードと呼ばれることがある。

Cメジャー(ハ長調)の場合のドミナントコードは、根音がソであるGであり、その構成音はソ・シ・レから成る。カデンツの理論では、機能和声として、ドミナントコードのあとは必ずトニックコードに移行する。ただし、ポピュラー音楽ブルースではカデンツが守られていないことがままあり、ドミナントコードからサブドミナントコード(下属和音)に移行する例も少なくない。

ドミナントセブンスコード

ドミナントトライアド(属三和音)に短七度の音を加えた四和音(V7)。属七の和音を参照のこと。

ドミナントマイナーコード

ドミナントのうち、第3音を半音下げたマイナーコード。一般的に、短七度を加えてマイナーセブンスコードにする(Vm7)。例えば、Cメジャー(ハ長調)の場合のドミナントマイナーコードはGm7で、構成音はソ・シ♭・レ・ファ。

この例に限り、サブドミナントであるIVに移行することができる。

Vm7→IV

また、これに加え、間にトニックコードを経由することにより、一時的な下属調におけるトゥーファイブモーションとなってサブドミナントに移行することができる。

Vm7→I7→IV

関連項目


今日は何の日(8月25日

もっと見る

「ドミナントコード」のQ&A