ドミニク・エフレモフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドミニク・イヴァノヴィチ・エフレモフ
Доминик Иванович Ефремов
生年月日 1881年12月
出生地 Flag of the Russian Empire (black-yellow-white).svg ロシア帝国リフリャント県ロシア語版ドヴィンスク郡ロシア語版ヴィシュキロシア語版
没年月日 1925年7月19日
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の旗 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国モスクワ県モスクワ郡ロシア語版モスクワ
出身校 サンクトペテルブルク鉱業学院
所属政党ロシア社会民主労働党→)
ボリシェヴィキ

ロシア共産党)モスクワ市委員会
責任書記
在任期間 1918年5月 - 7月27日
1919年9月27日 - 1920年1月13日

ロシア共産党(ボ)モスクワ州
責任書記
在任期間 1918年4月12日 - 5月19日

国家保険総局ロシア語版理事長
在任期間 1922年3月 - 1925年7月19日
テンプレートを表示

ドミニク・イヴァノヴィチ・エフレモフロシア語: Доминик Иванович Ефремов1881年12月 - 1925年7月19日)、本名ミハイル・エフレモヴィチ・シュテインマン (Михаил Ефремович Штейнман) は、ロシアの革命家・政治家。

生涯[編集]

1881年12月、ロシア帝国リフリャント県ロシア語版ヴィシュキロシア語版に生まれた[1]ユダヤ人[2]1901年サンクトペテルブルク実科学校を卒業し、ペテルブルク鉱業学院に進んだ[3]1902年ロシア社会民主労働党に入党[1]。党ペテルブルク委員会の指令によって地下出版所を組織するも、翌1903年に逮捕[3]ペトロパヴロフスク要塞クレストゥイ監獄ロシア語版での1年半の懲役刑を経てトゥリンスクロシア語版へ流された[2]1905年には流刑先から脱走し、党中央委の指令によってオデッサとペテルブルクに地下出版所を組織した[3]1906年夏にはペテルブルクで党の組織に関わったが、翌1907年12月には再逮捕されアルハンゲリスク県への3年の追放刑に処された[2]。しかし、ほどなく脱走してペテルブルクの党組織に復帰した[2]

第一次世界大戦期はモスクワで過ごし、二月革命の際はアジテーターとして活動[2]十月革命の際はボリシェヴィキ・モスクワ委メンバーを務め[1]、10月から11月まではソコリニキ地区ロシア語版軍事革命委英語版メンバー、翌12月からは地区ソビエト副議長、翌1918年3月からは地区軍事委員ロシア語版に就いた[2]。翌4月12日から5月19日までは党モスクワ州局責任書記を、同月から7月27日まではモスクワ市委責任書記を、同日から9月までは同委書記局員を歴任し[1]、7月からはモスクワ市ソビエトロシア語版執行委メンバーでもあった[2]。9月からは赤軍南部戦線ロシア語版および第10軍の政治部部長を、翌1919年1月から10月までは第10軍革命軍事会議メンバーを務め、9月27日から翌1920年1月13日までは再度モスクワ市委責任書記を務めた[1]

同年にはドネツィク鉄道英語版委員を、翌1921年からは党クリミア州委幹部会メンバーやクリミア自治社会主義ソビエト共和国人民委員会議参議会メンバー、クルィムソユーズ議長を務め、1922年3月からは国家保険総局ロシア語版理事長に就いていたが、在職中の1925年7月19日にモスクワで死去した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Ефремов Доминик Иванович (Штейнман Михаил Ефремович)”. Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1991. 2018年8月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Ефремов доминик иванович”. Российская Еврейская Энциклопедия (2009年7月11日). 2018年8月9日閲覧。
  3. ^ a b c III Ефре́мов // Евклид — Ибсен. — М. : Советская энциклопедия, 1972. — (Большая советская энциклопедия : [в 30 т.] / гл. ред. А. М. Прохоров ; 1969—1978, т. 9).
党職
先代:
ロザリヤ・ゼムリャチカロシア語版
ロシア共産党(ボ)モスクワ市委員会責任書記
1918年5月 - 7月27日
次代:
なし
先代:
なし
ロシア共産党(ボ)モスクワ市委員会責任書記
1919年9月27日 - 1920年1月13日
次代:
アレクサンドル・ミャスニコフ
先代:
インノケンチー・ストゥコフ
議長
ロシア共産党(ボ)モスクワ州局責任書記
1918年4月12日 - 5月19日
次代:
レオニード・セレブリャコフロシア語版
議長