ドミノ (山崎まさよしのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドミノ
山崎まさよしスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポリドール・レコード
プロデュース 山崎まさよし
チャート最高順位
山崎まさよし 年表
ステレオ2
1997年
ドミノ
1998年
SHEEP
1999年
『ドミノ』収録のシングル
テンプレートを表示

ドミノ』は、山崎まさよし通算3枚目のオリジナルアルバム。1998年12月23日発売。発売元はポリドール・レコード

解説[編集]

初めて主演した、読売テレビ系のテレビドラマ奇跡の人[1]の撮影で忙しい中レコーディングされたというアルバム。そのドラマ 『奇跡の人』の主題歌となった「僕はここにいる」がアルバム・ミックスで収録されている(本楽曲が初めてのテレビドラマ主題歌)。なお、他の既発売のシングル曲もすべて、アルバム・ミックスで収録(下記「#収録曲」参照)。 12月23日、山崎自身の27回目の誕生日に発表された。

初回プレス盤はCDのプラスチックケースがオレンジ色。さらに、緑色の特殊スリーブ・ケースに収まっていた。購入特典として、店舗によっては店頭で複数枚組のポストカードが付加される場合もあった。

バラード・ナンバーからスピード・ロックまで、幅広い楽曲が収録されている。アルバム発売後には、連動したコンサート・ツアー「YAMAZAKI MASAYOSHI TOUR 1998-1999 DOMINO ROUND」が開催された。最終公演・神奈川県民ホールでの模様はVHS(限定生産盤はフィギュア付)で1999年7月14日に発売されたほか、DVD化もされており、DVDは期間限定で何度か低価格発売されている。

CDジャケットは、ファンクラブ会員が選ぶ「好きなジャケット写真~アルバム篇」の第4位に選ばれた[2]。なお、1999年5月14日にアナログ盤が限定発売されたほか、2007年12月19日にもボックス仕様で再びアナログ盤がリリースされている。

収録曲[編集]

  • 全曲とも作詞・作曲: 山崎将義
  1. 僕はここにいる -Album Mix- (4:21) - 編曲:山崎将義・中村キタロー・森英治
  2. ペンギン (4:02) - 編曲:山崎将義・中村キタロー・山木秀夫
  3. Me & My Mind (4:11) - 編曲:山崎将義・中村キタロー・山木秀夫・村田陽一
  4. ガムシャラ バタフライ -Album Mix- (2:49) - 編曲:山崎将義・中村キタロー
  5. 僕と君の最小公倍数 (5:42) - 編曲:朝本浩文
  6. 琥珀色の向い風 (4:21) - 編曲:山崎将義・中村キタロー・山木秀夫
  7. 苦悩のマタニティー (4:37) - 編曲:山崎将義
    • コミカルとシリアスが入り混じったナンバー。
  8. 水のない水槽 -Album Mix- (4:08) - 編曲:山崎将義・中村キタロー・服部隆之
    • 7thシングルのリミックスバージョン。TBS系『COUNT DOWN TV』オープニング・テーマに採用された。
  9. ドミノ (4:36) - 編曲:山崎将義・中村キタロー・山木秀夫
  10. ソノラマ (3:13) - 編曲:山崎将義・中村キタロー・山木秀夫
    • 曲名の由来になった「朝日ソノラマ[3]に関する注釈が歌詞カードに記載されている。
  11. 月曜日の朝 (4:52) - 編曲:山崎将義・中村キタロー・山木秀夫

関連作品[編集]

  • BLUE PERIOD - ベストアルバム。「僕はここにいる」「ガムシャラ バタフライ」「水のない水槽」収録。
  • ONE KNIGHT STANDS - ライブアルバム。「僕はここにいる」「水のない水槽」収録。初回盤には「ドミノ」も収録。
  • Transit Time - ライブアルバム。「僕はここにいる」「ガムシャラ バタフライ」「琥珀色の向かい風」「水のない水槽」収録。
  • WITH STRINGS - ライブアルバム。「僕はここにいる」「僕と君の最小公倍数」「水のない水槽」収録。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1998年10月12日-12月14日放送。共演した松下由樹とは、のちに『対談上手』(ソニー・マガジンズ刊)にて対談もしている。
  2. ^ ファンクラブ「Boogie House」会報第127号より。
  3. ^ ソノシートつき雑誌を発売していた朝日新聞社の関連会社。2007年に廃業・会社清算している。