ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ドラえもん
のび太のワンニャン時空伝
Doraemon:
Nobita in the Wan-Nyan Spacetime Odyssey
監督 芝山努
脚本 岸間信明
原作 藤子・F・不二雄
出演者 レギュラー
大山のぶ代
小原乃梨子
野村道子
たてかべ和也
肝付兼太
ゲスト
林原めぐみ
島谷ひとみ
泉谷しげる
音楽 堀井勝美
主題歌 YUME日和/島谷ひとみ
編集 岡安肇
制作会社 シンエイ動画
製作会社 シンエイ動画、テレビ朝日小学館
配給 東宝
公開 日本の旗 2004年3月6日
上映時間 84分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 30.5億円
前作 ドラえもん のび太とふしぎ風使い
次作 ドラえもん のび太の恐竜2006
テンプレートを表示

ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』(ドラえもん のびたのワンニャンじくうでん)は、2004年3月6日に公開されたドラえもん映画作品。および、岡田康則(藤子・F・不二雄プロ)によって漫画化され、『月刊コロコロコミック』2004年2月号から3月号に掲載された、大長編ドラえもんの1つ。映画シリーズ第25作(第1期シリーズ最終作)、大長編シリーズ第24作(まんが版映画シリーズ7)。ドラえもん映画化25周年記念作品である。特集記事が『月刊コロコロコミック』2003年7月号から2004年4月号まで掲載された。

同時上映は『Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン!アシHAポン!』と『ドラえもんアニバーサリー25』。

テレビ朝日開局45周年、映画・テレビ25周年記念作品。

概要[編集]

小学館〈てんとう虫コミックス〉『ドラえもん』第22巻に収録の短編作品「のら犬『イチ』の国」を原案として製作された。3億年前の地球に存在したイヌとネコの国「ワンニャン国」を舞台に、ドラえもんのび太たちの活躍を描いた作品。

のび太とアニマル惑星』同様、耳をつけた青いドラえもんが登場するが、本作ではデザインが異なる。本作では野比家の正面から見えるのび太の部屋の窓に雨戸が取り付けられている。これまでのテレビシリーズや過去の作品では描かれていなかった美術設定だが、原作漫画における野比家や、芝山努監督の絵コンテでは描かれている。また、作中に過去のドラえもん映画に登場したキャラクターを想起させる乗り物などが登場していたり、映画版に出演したゲストキャラクターを担当した声優が多く起用されている。

この映画が大山のぶ代テレビ朝日版第1期の声優陣とスタッフによる最後の映画作品かつ2019年現在、芝山努監督の手がけた最後の映画作品である。芝山によると制作時に「これが最後になるかもしれない」という話が現場で持ち上がった為、『のび太の恐竜』のリメイクが企画されるも「荷が重すぎる」と監督の芝山が難色を示した為、「芝山の好きな物を作って欲しい」という依頼を受け勧善懲悪の時代劇をやる事にしたという[1]。なお、完成作品には時代劇色は薄まっているが劇中でドラえもんが敵相手にチャンバラを繰り広げるシーンなど名残がある。

前年から変更された作画監督による画相の近代化、渡辺歩による映画ドラえもんシリーズでは斬新に取れる演出が好評となり、商業成績は3年ぶりに30億円越えとなった。また、本作の製作委員会は第22回ゴールデングロス賞特別大賞を受賞している[2]

オープニング前に映画ではおなじみの、のび太の「ドラえも〜ん!」と叫ぶ後で、ドラえもんが「のび太く〜ん!」と叫ぶという珍しい手法も取り入れている。また、テレビアニメオープニングテーマではすでに使用終了していたドラえもん映画作品のオープニングテーマである山野さと子による「ドラえもんのうた」も本作品をもって使用終了となった。25年間ブランク無しで続いていたシリーズであるが、2004年の本作の次、翌2005年は映画が無く、2006年の『のび太の恐竜2006』にて再開となる[3]

テレビ朝日版第1期最後のレギュラー放送である2005年3月25日にはテレビスペシャルとして放送された。冒頭の番組紹介にはドラえもんとのび太が登場し、これが大山と小原乃梨子がそれぞれのキャラクターを演じた最後の音声となった。ブリッジでは先代声優陣のお別れコメント(小原→たてかべ和也野村道子肝付兼太→大山の順)が放送され、本編終了後には第2期の宣伝映像が流れた。

あらすじ[編集]

ある日、のび太は川でおぼれていた子犬を助け、ドラえもんの道具「壁かけ犬小屋」で玉子に見つからないようこっそりと飼いはじめる。のび太は子犬に「イチ」と名付け、良く懐き頭も良いイチとのび太の間にはたちまち友情が生まれていた。そんなある日、のび太と遊んでいたイチはのび太の思い出の品であるけん玉を見つけるのであった。

のび太の町でも人間の都合により捨てられるペットは多く、のび太の元には町中の野良犬や野良猫も集まり、手に負えない状態となる。のび太たちはイチらの今後のことを考えて、自由に暮らせる3億年前の世界へタイムマシンで連れていき、生きていけるよう進化・退化光線銃で進化させた。イチはたちまち無料フード製造機の操作を覚え、けん玉もマスターする。「あした、必ず来るからね」とイチと約束し、一行は現代に帰る。

次の日、タイムマシンで3億年前に向かうが、時空間の中で「ねじれゾーン」に巻き込まれ3億年前からさらに1000年経った世界に着く。しかも、ねじれゾーンに巻き込まれた際にタイムマシンの部品が飛ばされ、時間移動の手段を失う。

しかし、その時代にはイチらの子孫と思われる進化した犬とネコによる文明社会があった。そこでタイムマシンの部品を探すことにするドラえもんたち。この国で、一行は、イチに良く似たハチのほか、ダク、ブルタロー、チーコら犬の少年少女4人組と出会う。彼らはネコジャラという大富豪の経営する遊園地「ネコジャーランド」が怪しく、4人の親がネコジャーランドで行方不明になってしまった、ということを知らされる。

しかし、そのとき地球には直径約20キロメートルの超巨大隕石が衝突しようとしていた。ドラえもんとのび太達の3億年の時空を超えた冒険が始まる。

舞台[編集]

3億年前および、その千年後の地球
2018年現在までのドラえもん映画の舞台では最古の世界。
ワンニャン国
約3億年前の地球で千年ほど栄えていた進化した犬およびネコ人間の国。大統領制により統治され、言語日本語
非常に高度な科学文明を持ち、エネルギーはすべて「ノラジウム」と呼ばれる鉱石で賄われている。また、タイヤのない自動車や宇宙船、および最高時速300kmのジェットコースター等を作ることができ、工業はかなり発達している。ただし高層ビルはなく、住宅街などはレンガ造りのレトロなものが多いことから建築技術は一見あまり発達していないように見える。その一方でネコジャーランドや大統領官邸などの重要施設はかなり高層建築であり、高速道路や鉄道もきちんと整備されているので、レトロな建物と最新技術が合致した都市と言える。見たところ人口はかなり多い。信号機の設置や道路の整備が徹底されており、交通事故は起きる気配もない。
郊外には太古からの神殿があり、として祀られているのは、犬・ネコ人間を生み出したのび太である。
なお、この国の犬・猫人間の服装はかなりの厚着であり、当初ののび太たちの普段着は「下着姿」、ドラえもんは「裸」とみなされていた。
全国民が宇宙へ脱出した後に地球に落下した巨大隕石により消滅、現代になって遺跡として都市が発掘されて世界中を驚かせた。
ネコジャーランド
大富豪であるネコジャラが経営する遊園地。最高時速300キロメートルに達するジェットコースター、滑空して空を飛ぶロコロコ号、ロボットに乗り込んでベルトコンベアーで流れてくるぬいぐるみを掴み取るゴーランドキャッチャーなど多くのアトラクションがある。しかし、その地下には秘密の工場がある。

声の出演[編集]

ゲストキャラクター[編集]

イチ(犬)
- 林原めぐみ / 老犬イチ - 阪脩
のび太に拾われ、可愛がられた子犬。やがて進化させられた後、3億年前の世界で暮らすこととなる。何年ものび太を待ち続け、後に初代大統領として国民に慕われる。進化直後に使い方を教わったばかりの無料フード製造機を難なく使いこなし、また長い年月をかけて独力でタイムマシンを作り上げてしまうほどの天才。自分を救い、居場所をくれたのび太を神として称え、ノラジウムで彼の像を作った。年を老いた時、オープニングの中で、完成したタイムマシンを使ってのび太に会いに行こうとするが、ねじれゾーンに巻き込まれる。
名前の由来は鳴き声の「ワン」から英語の「ONE」を連想し、「ONE」を日本語訳して「イチ」とのび太が名付けた。
ハチ(犬)
声 - 林原めぐみ
イチに似た子犬で、仲間のリーダー的存在。一人称は「オイラ」。品種は不明。ネコジャーランドで行方不明になった義母(ネコ)を捜している。ダクいわく「小さい時(義母に)拾われた」らしい。水が苦手で泳げない。一部の雑誌ではイチの子孫と紹介されている(原作でも子孫として登場していた)。拾われる以前の記憶を失っていたが、とあるきっかけにより記憶を取り戻す。
実は彼自身がイチ本人であり、タイムマシンでのび太に会いに行く最中にねじれゾーンに巻き込まれ赤ん坊の姿になって千年後に飛ばされてしまっていた。その後、のび太たちが訪れたハチ達の暮らす時代の数年前にたどり着き、現在のハチの義母に拾われていた。
のび太たちにはハチとして出会った時点ではフランクな口調で会話していたが、記憶を取り戻してからは敬語で話すようになった。
チーコ(犬)
声 - 島谷ひとみ(特別出演)
ハチの仲間。マルチーズ。一人称は「私」。ネコジャーランドで行方不明になった数学者の父と母を捜している。また、自身も計算が得意。とても勇敢な女の子。
ダク(犬)
声 - 関智一
ハチの仲間。ダックスフント。一人称は「僕」。ネコジャーランドで行方不明になったコンピュータ技師の父を捜している。漫画版では関西弁で喋り、母も登場しているが、映画では未登場。
ブルタロー(犬)
声 - 江川央生
ハチの仲間。ブルドッグ。一人称は「俺」。ネコジャーランドで行方不明になった父を捜している。大柄で力が強い。父(声 - 飯塚昭三)は自動車修理工場の長。漫画版では母も登場しているが、映画では未登場。
シャミー(ネコ)
声 - かないみか、島谷ひとみ(歌パート)
女性歌手。普段はレストラン「山猫軒」で歌を唄っているが、時にはネコジャーランドのステージに上る。ドラえもんが一目ぼれするほどの美貌を持つ。その正体はネコジャラ一族の1匹で関係は不明だが身内であり、彼には逆らえずドラえもんを監視していたが、後に卑劣さに我慢できなくなりドラえもんを庇う。
ネコジャラ(ネコ)
声 - 泉谷しげる(特別出演)
本名は「ネコジャラ左ヱ門之丞景虎(ネコジャラさえもんのじょうかげとら)」。仲間をネコジャラ一族と称する。ワンニャン国きっての大富豪で、「ネコジャーランド」という遊園地を経営している。次期大統領候補ともいわれる実力者だが、裏では先祖(ズブ)が人間から受けた怨みから、未来の人間世界を征服しようとする陰謀を企てており、利己的で冷酷な性格。
名刀電光丸を使用したドラえもんと戦い、電光丸のバッテリーが切れるまで戦い続ける程のスタミナと剣術を持つが、シャミーを攻撃したことで激怒したドラえもんの猛攻に押され、石頭を食らい敗北、その際頭の被り物を失い(映画のみ)、さらに隕石により時の箱舟が水没したことで野望は破綻した。しかし隕石の落下が始まるとゴーランドキャッチャーの乗り物を使いハチ(イチ)たちがのび太の像を運ぶのを邪魔するために彼らを襲撃、まるで先祖のズブが乗り移ったかのような人間への異常な憎悪と執念を見せるが、ハチ(イチ)とのび太によるけんだまを巨大化した攻撃により再び敗北、その後悪事がばれ、側近のニャーゴ達と共に逮捕され、宇宙船で雑用をさせられることになった。
ニャーゴ(ネコ)
声 - 古川登志夫
ネコジャラの側近。ネコジャラへの忠誠は厚いが、性格はきわめて冷淡で、尖った性質の持ち主。彼の先祖はのび太たちになつかなかったうちの一匹で、常にズブの傍らにいた白猫である。ズブの仲間は彼の先祖以外にもう一匹いたが、子孫として登場することはなかった。
ニャーゴが時の方舟の原型(イチのタイムマシン)を発見したことから、時の方舟の製造は始まり、時の箱舟を製作した労働者を牢獄で始末しようとしたが、エンジンルームでのび太とハチの連携に敗れた。
大統領(犬)
声 - 大平透
ワンニャン国の現在の大統領。移住の準備のため、地球に隕石が接近していることを36時間前まで隠蔽し続けていた。大統領に相応しい人物で国民を守るために「地球脱出プロジェクト」を行う。ネコジャラを「ミスターネコジャラ」と呼び、信頼していたが最終的には裏切られてしまう。その後、命懸けでノラジウムを取り戻してくれたドラえもん達に国民を代表して感謝を述べた。
ズブ(ネコ)
声 - 水谷優子
のび太に拾われた野良猫。元々は飼い猫であり、愛嬌のある表情をしていたが、人間に捨てられ苦しみながら生きてきたことで凶暴な猫になってしまった。同じ飼い猫だった2匹の猫と行動を共にしており、捨て猫3匹のリーダー格。3億年前にイチたちと共に行き、進化させられた。
実はネコジャラの先祖で、犬や猫が人間から受けた虐待の歴史やドラえもん、タイムマシンのことを「闇の黙示録」という著書として残した。
名前の由来は、のび太に拾われたとき雨が降っていて体が「ズブ濡れ」だったことから。
ハチの母(ネコ)
声 - 潘恵子
ハチの義母であるネコ族。ハチを拾い、我が子として育てる。エンディング・クレジットには掲載されていない。漫画版冒頭では彼女が赤ん坊のハチを発見する場面が追加されていると同時に彼女の夫(ハチの義父)と思われる男性ネコも登場しているが、映画では未登場。
タマ
声 - 山口奈々
ネコジャラ軍兵士
声 - 青森伸大滝進矢
長官
声 - 緒方賢一島田敏
補佐官
声 - 菅原淳一
アトラクション司会者
声 - 太田真一郎
警官(犬)
声 - 島香裕三戸耕三
魚政
声 - 田口昂
ニャコ
声 - 佐藤ゆうこ
TVアナウンサー
声 - 渡辺宜嗣
玉子がテレビでワンニャン国の遺跡に関するニュースを観る場面があり、そこで渡辺が声だけ出演。人間も恐竜もいなかった太古に文明があったということで世界的な大ニュースになっているという内容であり、映画では遺跡の映像も出ている。遺跡に関する言及、描写は映画ではここだけである。したがって短編でこのニュースに触れていた出木杉のび助はこの映画には登場しない。また、この映画のフィルムコミックではキャスト一覧には記載されているが遺跡のニュースの場面は割愛されている。岡田康則の作画による漫画版ではこのニュースの場面が描かれている。

この他、漫画版のみポコニャンのぬいぐるみ、『エスパー魔美』のコンポコのぬいぐるみ、『バウバウ大臣』のバウバウとミウミウなど、他の藤子作品のキャラクターもわずかに登場している。

用語[編集]

ねじれゾーン
ねじれゾーン突入時の声:水谷優子
時空間において、時間の流れが乱れている領域。時間の進行と退行が入り乱れて発生し、内部にいた者は幼児化(のび太、ジャイアン、イチ)や大人化(しずか、スネ夫)してしまう(ドラえもんはロボットの為、影響を受けなかった)。
タイムマシンに内蔵されている「制御ボタン」を押すことで影響を受けずに済むが、イチはこのねじれゾーンの存在を知らずにタイムマシンを開発したため、年齢の退行を止められなかった。
漫画ではジャイアンとスネ夫のみ幼児化し、空間内を突っ切ることで回避している。
ノラジウム
この作品に登場する架空の鉱物。ワンニャン国にて主要なエネルギー資源として使われている。直径1ミリメートルほどの小さな粒でも湯を沸かすことができ、また量が多ければドリルを作動させたり、荷物を満載したトラック、果ては超巨大宇宙船までも動かすことが可能なほどの強いパワーを持つ。そのため、ノラジウムは政府によって厳重に保存、管理されている。唯一の欠点は、水に濡れると効力がなくなることである。
なお作中でとある像が、純粋なノラジウムのみで作られている。
時の方舟
ネコジャラが自身の仲間と開発していたタイムマシン。ネコジャラがイチのタイムマシン(ネコジャラ一族はこちらも時の方舟と呼称していた)を発見したことで、完成にまでこぎつけるも、隕石によって破壊され、野望は潰えた。なお起動するには地球を脱出するためのノラジウムを必要とすることもあり、ネコジャラはそれを奪って使用しようとした。
ネコジャラはタイムマシンで自分の先祖の時代を訪れ、人間たちに復讐するつもりだったことが本人の口から語られている。
けん玉
のび太が所持していたけん玉。彼のおばあちゃんが生前買ってあげた物であり、玉にはのび太の名前(「太」が間違って「犬」になっている)が書かれている。よく「ウサギとカメ」の唄に合わせて遊んでいた(他作品・エピソードでは上手く扱えない)。
のび太とイチとの別れ際に紐が切れてしまい、玉はイチが所有することとなった。イチは晩年までもこれを所有していたことから、のび太とイチの約束と絆を象徴する宝物となっていたことが窺える。そして終盤ではこのけん玉が重要な役割を果たすことになる。
なお、大統領邸に額縁がかけられているのだが、そこに描かれているイチの左手にはのび太の落としたけん玉の玉を持っている。
また、ワンニャン国の大統領官邸の電飾は、一部このけん玉をモチーフにした物がある。
闇の黙示録
ネコジャラが所持していた分厚い本。彼の先祖・ズブが著者であり、「時の方舟(タイムマシン)」や「機械ネコ(ドラえもん)」のことが書き記されている。
ネコジャラは常にこの本を持ち歩いており、終盤でロボットの爆発による炎で燃え尽きた。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ドラえもんのうた
作詞 - 楠部工 / 作曲・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - 山野さと子コロムビアミュージックエンタテインメント
エンディングテーマ「YUME日和
作詞 - 小幡英之 / 作曲 - 宮崎歩 / 編曲 - 宗像仁志 / 歌 - 島谷ひとみavex trax

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 芝山のインタビューより
  2. ^ 過去のゴールデングロス賞 - 全国興行生活衛生同業組合連合会”. Japan Association of TheaterOwners.. 2020年3月25日閲覧。
  3. ^ そのため、今作までテレビアニメの継続年と映画の数は同じだったが、2005年からは後者が1つずれる。

関連項目[編集]