ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ
ジャンル 限界ブッチギリ対戦バトル
対応機種 スマートフォン
開発元 BXD
運営元 バンダイナムコエンターテインメント
シリーズ ドラゴンボール
メディア ブラウザゲーム
運営開始日 2018年5月16日(プレオープン)
2018年7月25日(グランドオープン)
利用料金 基本プレイ無料(アイテム課金
テンプレートを表示

ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』(DRAGON BALL Z BUCCHIGIRI MATCH)は、バンダイナムコエンターテインメント[1](BNEI)より2018年5月16日enza[2]にて配信したスマートフォン向けの対戦型ブラウザゲーム[3][4]。基本プレイ無料でアイテム課金が存在する[2]

開発、運営はBNEIとドリコムの合弁会社・BXDが行う[5]

概要[編集]

鳥山明の漫画『ドラゴンボール』を題材にした対戦ゲームHTML5を活用することでブラウザゲームでありながらアプリ並の表現力を持つ。

ドラゴンボールのキャラクターで自分だけのデッキを構築し、プレイヤーVSプレイヤーでバトルをするリアルタイム対戦ゲーム[2]

配信前の2018年5月10日の時点で事前登録者数が70万人を突破[6]

2018年5月16日より、一部機能を制限した「プレオープン」として配信開始[4]、2018年7月25日より「グランドオープン」として配信開始した[7]

遊び方[編集]

デッキは1~8のアタックランク(AR)を持つ8枚で構成される。組んだデッキから選ばれる2人の手札のうちのどちらかを選択し、ARの大小で相手とバトルを行う。ARが高い方がアタック権を得ることができ、アタックするカードのBP分のダメージを相手に与えることができる。この流れを毎ターン行い、先に相手のライフを0にする、または20ターンが経過した時点でライフの多い方が勝者となる[8][9]

主な登場キャラクター[編集]

150種類以上の戦士が登場する。

脚注[編集]

  1. ^ HTML5新プラットフォーム名は「enza(エンザ)」に─『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』など配信予定タイトルも続々発表” (2018年2月20日). 2018年4月25日閲覧。
  2. ^ a b c 『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』が事前登録開始。ゲームシステムの詳細も判明”. 電撃App (2018年2月20日). 2018年4月23日閲覧。
  3. ^ 「ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ」本日プレオープン”. 株式会社BXD (2018年5月16日). 2018年5月22日閲覧。
  4. ^ a b 【配信開始】ブラウザプラットフォームenza(エンザ)『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』プレオープン!!”. ファミ通App (2018年5月16日). 2018年5月16日閲覧。
  5. ^ BXD、HTML5プラットフォーム名称を「enza」に--新作ゲーム3タイトルを体験” (2018年2月21日). 2018年4月25日閲覧。
  6. ^ 「ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ」の事前登録者数が70万人を突破。プロデューサーの解説付きプレイムービーも公開に」4Gamer.net、2018年5月10日。
  7. ^ 『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』7/25グランドオープン!長友佑都氏が公式サポーターに就任!!” (2018年7月18日). 2018年7月24日閲覧。
  8. ^ ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ 公式サイト”. 2019年3月22日閲覧。
  9. ^ ファミ通App 『ドラゴンボールZ』が対戦カードバトルに! 新プラットフォーム“enza”期待の新タイトルを先行リポート”. 2019年3月22日閲覧。