ドラゴンボールZ 悟空激闘伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ドラゴンボールZ 悟空激闘伝
ジャンル RPG
対応機種 ゲームボーイ
開発元 ベック
発売元 バンダイ
プロデューサー 磯貝健夫
ディレクター 飯田和憲
デザイナー 高屋敷哲
プログラマー きよのみつとし
音楽 西澤洋
美術 高屋敷哲
佐原美奈子
シリーズ ドラゴンボールシリーズ
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア 4メガビットロムカセット
発売日 日本 199508251995年8月25日
デバイス 通信ケーブル
スーパーゲームボーイ対応
売上本数 9万本(出荷本数)[1]
その他 型式:DMG-AZ2J-JPN
テンプレートを表示

ドラゴンボールZ 悟空激闘伝』(ドラゴンボールゼット ごくうげきとうでん)は、1995年8月25日に日本のバンダイから発売されたゲームボーイロールプレイングゲーム

ドラゴンボールZ 悟空飛翔伝』(1994年)の続編であり、フジテレビ系テレビアニメ『ドラゴンボールZ』(1989年 - 1996年)を題材としたゲームボーイ用ソフト第2作目である。戦闘システムは前作から一新され、登場キャラクターが増加している[2]

開発はベックが行い、スタッフは前作に引き続きプロデューサーは磯貝健夫、ディレクターは飯田和憲が担当している他、音楽はスーパーファミコン用ソフト『龍騎兵団ダンザルブ』(1993年)を手掛けた西澤洋が担当している。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

フィールド
悟飯、クリリン、ベジータの内一人を操作して(ステータス画面で変更可能)移動。地面から離れている時にAボタンを押せば舞空術ができる。移動中、目的地を指定し好きな場所に行くことができる。
フィールドにいる敵キャラクターと接触すると戦闘になる。ブルマの隠れ家かカエルに話しかけるとセーブできる。
戦闘
制限時間内に攻撃コマンドを入力し、それで闘う。相手の攻撃に合わせてBボタンを押せば防御できる。勝利すると経験値がもらえ、格闘、光弾、防御をどれだけ行ったかによりもその経験値が貰える(レベルアップの値に影響する)。一定値まで上がるとレベルアップ。
修行
悟空がナメック星に来るまででの6日間の重力修行。どこを鍛えるかのカリキュラムや修行時間、その激しさ、休憩時間を1日1回設定。疲労値が100%になると仙豆を1個消費し回復することができる。

ミニゲーム[編集]

特定の進行により発生する。

ミニゲーム1
孫悟飯を操作して、岩を動かして水中に沈んでいるドラゴンボールをとるゲーム。あまり長く潜っていると酸素ゲージがなくなるので、水面に出て呼吸しなくてはならない。ボールが取れればクリア。酸素が無くなるとやり直し。
ミニゲーム2
クリリンを操作して、動き回るカエルにエネルギー弾を当てるゲーム。対戦相手のネイルより先に4匹仕留めればクリア。
ミニゲーム3
クリリンを操作して、ドドリアから逃げ回るゲーム。画面下のドドリアの意欲ゲージがなくなるまで逃げ回ればクリア。ドドリアのエネルギー弾に当たると意欲ゲージが回復し、捕まると戦闘になる。
ミニゲーム4
パネルにあるボタンを制限時間内に全て押すゲーム。クリアしても特に何もない。

登場キャラクター[編集]

Z戦士[編集]

孫悟空(ゲーム中では「ごくう」と表記)
主人公。6日間の重力修行を経てギニュー特戦隊、フリーザ戦にて使用可能。気が満タンの時気を溜めると界王拳ができる。太陽拳は相手の動きを逆転させることができる。
超サイヤ人孫悟空(ゲーム中では「ごくう2」と表記)
レベル20以下でフリーザに勝利すると登場。最高レベルだとフリーザに匹敵するほどのHPを持つ。また、通常クリアでも、天下一武道会モードには、登場する。
孫悟飯(ゲーム中では「ごはん」と表記)
悟空の息子。中盤から戦闘力が上がる。レベルは悟空と連動している。
クリリン
悟空の親友。最初期こそ悟飯よりHP・BP共に高い。悟空と同じく太陽拳を使用可能。
ベジータ
サイヤ人の王子。中盤までは単独で行動する。戦闘能力は高く、悟飯たちを超えている。
ピッコロ
ナメック星人。悟飯の師匠。ネイルとの同化を経てフリーザ戦で合流。悟空に継ぐ実力者だが、フリーザ戦まで一切戦闘できない。

敵キャラクター(ザコ)[編集]

スーイ
フリーザの手下。グラフィックは原作に登場した偵察員。ザコ最弱。防御をすることもなく、ビームガンしか撃ってこない。HP、戦闘力共に840。
バナン
フリーザの手下。グラフィックは原作に登場した偵察員。防御はせずに、主に格闘戦を仕掛けてくる。HP、戦闘力共に980。
ラーズベリ
フリーザの手下。ドドリア撃破後に出現するようになる。攻撃はビームガンのみだが、防御もする。HPは1800、戦闘力は1250。
アプール
フリーザの手下。ザーボン撃破後に出現するようになる。エネルギー波のほか格闘戦も仕掛けてくるバランス型。HPは2900、戦闘力は1520。
ナップル
フリーザの手下。アプールと同様に、ザーボン撃破後に出現するようになる。ザコの中では最高の戦闘力を誇る。HPは3300、戦闘力は1825。

敵キャラクター(ボス)[編集]

キュイ
フリーザの部下。ベジータのライバル。初期のベジータとほぼ同等の戦闘力を持つ(少し高めの19080)。
ドドリア
フリーザの側近。イベントにて悟飯たちとも戦うことにもなる。HPは9600、戦闘力は21500。
ザーボン1
フリーザの側近。この状態だとドドリアよりHPは低い上防御もしない。HPは8300、戦闘力は20400。
ザーボン2
変身したザーボン。HPが1万を越え、防御もするようになる。HPは倍の16600、戦闘力は34000。
ギニュー
ギニュー特戦隊隊長。戦闘力は120000で、さらに2倍近くまで上昇させることもできる(原作では120000が最高値)。HPも通常戦闘力と同等の120000。
リクーム
ギニュー特戦隊隊員。隊員の中では最も戦闘力が高い。二度戦うことになる。HPは46000、戦闘力は52000。
ジース
ギニュー特戦隊隊員。HPは42000、戦闘力は50120。
バータ
ギニュー特戦隊隊員。移動力が非常に高く、格闘戦を仕掛けてくる。しかしその反面防御をしないという特性がある。HPは50200、戦闘力は50600。
グルド
ギニュー特戦隊隊員。原作と違い、動きを止めつつ攻撃を仕掛けてくる。HPは10000、戦闘力は11850。
フリーザ1
不老不死を目論む宇宙の帝王。今作の最終ボスであり連戦となる。HPは150000、戦闘力は原作の約半分の250000。光弾系の技は使わず、接近してのダッシュ格闘を行う。
フリーザ2
HP200000、原作と違いこの段階で戦闘力530000。誘導エネルギー波も使うようになり、爆発波はマップ全体に渡る防御困難な技である。
フリーザ3
大柄な第3形態。連続エネルギー弾で主に攻撃してくる。HPは300000、戦闘力は110万。
フリーザ4
最終形態。普通にプレイした場合はこの形態がラストバトルとなる。スピードも速く、多彩な攻撃を仕掛けてくる。HPは400000、戦闘力は250万。
ある程度ダメージを与えるとイベントが起こり、悟空が元気玉を放って戦闘終了となる。
フリーザ(フルパワー)
悟空が超サイヤ人に覚醒した場合(低レベルでフリーザ4を倒す)のみ登場し、天下一武道会モードには未登場。立ち絵はオリジナルのものがあるが、技を出す時のモーションはフリーザ4と同様。技の威力などが、さらに上がっている。HPは500000、戦闘力は500万。

スタッフ[編集]

  • エグゼクティブ・プロデューサー:間庭英作、尾形和正
  • プロデューサー:磯貝健夫
  • アシスタント・プロデューサー:鈴木敏弘
  • ディレクター:飯田和憲
  • チーフ・プログラマー:きよのみつとし
  • プログラマー:鎌田政宏、ふじわらひろあき
  • CGデザイナー:高屋敷哲、佐原美奈子
  • サウンド:西澤洋
  • スペシャル・サンクス:金澤享、秋山直樹、寺田一洋、高橋誠、たかやしきまなぶ、あきひでなおえ
  • ゲーム・デザイナー:高屋敷哲、インターベック
  • アシストワーク:渡辺浩孝、稲垣浩文、内山大輔、河阪由美子
  • 週刊少年ジャンプ・スタッフ:堀江信彦、武田冬門、大塚久永
  • Vジャンプ・スタッフ:鳥嶋和彦、岡本堅史、松本常男、赤松直人、清野義孝、岩原誠、岩岡としえ

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通18/40点[3]
ファミリーコンピュータMagazine21.4/30点[4]

ゲーム誌『ファミ通』の「クロスレビュー」では、6・3・5・4の合計18点(満40点)[3]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、21.4点(満30点)となっている[4]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.9 3.5 3.4 3.4 3.7 3.5 21.4

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 鳥山明 2016, p. 216- Vジャンプ編集部編「DRAGON BALL スーパーデータ DRAGON BALL VIDEO GAME DATA」より
  2. ^ 前田尋之 2018, p. 110- 「Chapter 2 ゲームボーイソフトソフトオールカタログ 1995年」より
  3. ^ a b ドラゴンボールZ 悟空激闘伝 まとめ [ゲームボーイ]”. ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2021年1月16日閲覧。
  4. ^ a b 超絶 大技林 1998, p. 503.

参考文献[編集]

  • 「超絶 大技林 '98年春版」『PlayStation Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 503頁、 ASIN B00J16900U
  • 鳥山明『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、2016年1月26日、216頁。ISBN 978-4-08-792505-0。
  • 前田尋之『G-MOOK154 ゲームボーイパーフェクトカタログ』ジーウォーク、2018年11月29日、110頁。ISBN 9784862978226。

関連項目[編集]