ドラゴンボールZ 超武闘伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドラゴンボールZ
超武闘伝
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 スーパーファミコン
開発元 トーセ
発売元 バンダイ
プロデューサー 鈴木敏弘
ディレクター 島田晋作
久保田昭史
デザイナー 清水厚二
竹花欣也
プログラマー まるこパパ
まるこ
音楽 山本健司
さばくまゆき
美術 玉井裕和
高橋雅行
荒井翔子
しいのせいいちろう
いいだしんいち
シリーズ ドラゴンボールシリーズ
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア 16メガビットロムカセット[1]
発売日 日本 199303201993年3月20日
売上本数 約141万本(出荷本数)[2]
その他 型式:SHVC-Z2
テンプレートを表示

ドラゴンボールZ 超武闘伝』(ドラゴンボールゼット スーパーぶとうでん)は、スーパーファミコン対戦型格闘ゲーム。『ドラゴンボール』の第23回天下一武道会編からセル編を題材にしている。

概要[編集]

本作はドラゴンボールゲームとしては1対1で戦う対戦格闘要素を基本とした初の作品である。

本作は舞空術で自由に空を飛び、接近しての肉弾戦と遠距離での気功波の応酬がスピーディーに繰り広げられる『ドラゴンボールZ』のバトルを再現するため、キャラクターが地上と空中を自由に行き来し、対戦するキャラクターが一画面に収まらなくなると画面中央に仕切りが入って画面が分割されるデュアルスクリーンシステムなど、一般的な対戦格闘ゲームとは一味違う出来栄えとなっている。また、かめはめ波をはじめとするキャラクターの必殺技は「デモ必殺技」と呼ばれる独自の演出が用意されている。デモ必殺技は防御側が弾き飛ばすなどで無効化が可能なので、相手を動けないフラフラ状態にしたところで距離を離し、デモ必殺技で一気に倒すといった原作さながらの攻防を繰り広げることが可能。

ドラゴンボール』の格闘ゲーム黎明期を支えた人気シリーズであり、本作を期に後に数多くの派生作品が作られ、2015年にも武闘伝の名のついた新作ゲームの発売がされた。

購入特典として裏面に隠し技が記載された「特製キラキラシール」が配布されていた[3]

発売から2ヵ月後にて130万本の売上げを記録し[4]、『ドラゴンボールZ 超武闘伝2』(1993年)が9ヵ月後に発売されている。

2018年9月27日発売のNintendo Switch版『ドラゴンボール ファイターズ』の早期購入特典(パッケージ版は12月31日生産分、ダウンロード版は同日配信分まで)として、本作のダウンロードコードが封入されたが[5]、BGMは差し替えられている(#音楽を参照)。

ゲーム内容[編集]

基本システム[編集]

  • 離れた距離にいるキャラクターを分割線(デュアルライン)により同一画面内に表示させるデュアルスクリーンシステムが最大の特徴であり、地上と空中で縦に2画面分。横はステージにより最大で8画面も存在する。
  • 分割線は距離に応じ、近距離(2画面以内)で赤、中距離(2 - 4画面)で黄色、遠距離(4画面以上)で青となる。1.5 - 4画面以内の距離では「かめはめ波」などのデモ必殺技が発動できるようになる(4画面以上離れていても発動できる技もある)。武舞台など、狭いステージでは2画面しかないので、ラインが赤しか存在しない。
  • Lボタン、Rボタンでダッシュが可能。ダッシュには当たり判定もあるため、攻撃にも使用可能。
  • 画面に分割線が表示されている状態ではXボタン(初期設定。ボタン配置は変更可能)で舞空術を使用可能。空中、地上を自在に移動できる。
  • 体力ゲージの下には気力がありこれを消費して気功系の技を使用する。気力は何もしなくても一定時間ごとにわずかに溜まっていく。本作では攻撃を防御することでより早く気力が溜まる。または上空に飛び、十字キーを下へ入力し続けることで気力を早く溜めることができる。満タンになると体が点滅し、攻撃力が若干上がるが、一定時間が経過するとパワーが減ってしまう。

ゲームモード[編集]

ストーリー
『ドラゴンボール』のストーリーを追いつつ、闘って行くモード。ステージごとに仲間が増える。
ストーリーは「第23回天下一武道会編 決勝戦」〜「人造人間編 セルゲーム」までになっている。
全10ステージで10人戦うことになるが、一定の条件を満たすと真のラストステージのステージ11のファイナルバトルに挑戦できる。これもクリアすると、真のエンディングが見られる。
対戦
自由に対戦できるモード。CPU戦と対人戦があり、ステージやBGM、初期値のライフとパワーなどを細かく設定できる。
1P VS CPU
CPUを相手に1人で対戦する。対戦だけでなく、練習することができる。
1P VS 2P
2人で対戦する。
天下一武道会
8人制トーナメントで優勝者を決める。複数人で参加可能。7人以下で選択を終了した場合は不足分にCPU操作キャラクターが充てられる。CPU同士の対戦となった場合はバトルは省略される。
オプション
難易度、コンティニュー回数などの設定ができ、登場キャラクターの技のコマンドを確認できる。ストーリーモードに関するオプション以外は対戦中も変更可能。

隠し要素[編集]

同キャラクター対決
オープニングデモ中であるコマンド入力し、成功した場合、効果音が鳴り、電源を切るまで同キャラクターによる対戦が可能になる。同キャラクター対戦は戦闘中の台詞が増える。次回作以降は最初から同キャラクター対決ができるようになっている。
隠しキャラクター
ストーリーモードで登場した隠しキャラクターは、同キャラクター対決と同じ隠しコマンド入力を2回(同キャラクター対決が可能になっている場合は1回)することで、電源が切れるまで他のモードでも使用可能。入力に成功した場合は「できた!」と悟空の声が聞こえる。なお、隠しキャラクターはストーリーモードでレベルが「ふつう」以上でゲームをクリアして、リセットしてタイトル画面に戻っても使用可能。隠しキャラクターの同キャラクター対決も可能。
隠し必殺技
登場キャラクターは全員、説明書やゲーム中に表示されていない必殺技を持つ。コンピュータ戦でも使ってくるので、それをヒントとしてコマンドを探すことになる。
メテオスマッシュ
悟空、または超サイヤ人悟空だけの隠し必殺技。上空まで相手を蹴り上げ、先回りして今度は指を組んだ両手のハンマーナックルで叩き落し、とどめにエルボーによって撃ち飛ばす派手な技。原作の特徴である三次元的な戦いを表現した技であり、以降のシリーズでは、ほぼ全員に似た演出の大技が存在することになった。続編ではそれらの技を総称して「メテオスマッシュ」や「メテオ技」と呼称された。
気を早く溜める
このゲームでは「気」のゲージがあり、これを消費して光線技を放つ。ゲージは自動的に少しずつ溜まっていくが、空中に上がって、十字キーの下を押し続けていると、貯まるスピードが早くなる。次回作ではこれを改良し、気を溜める専用のコマンドが用意され、溜めているときは全身が光る演出がつけられた。なお、気ゲージは相手の攻撃を防御することでも溜まる。

設定[編集]

ステージ構成[編集]

ステージによってフィールドの広さが違う。

フィールドが狭いステージ
  • 武舞台(天下一武道会)
ストーリーモードではピッコロのステージ。天下一武道会モードではBGMが常にピッコロのテーマで固定されている。
  • 天界(精神と時の部屋)
ストーリーモードではトランクス、悟飯のステージ。
  • セルゲーム
ストーリーモードではPセルのステージ。背景は無人の荒野に似ているが、奥にある岩の位置は若干異なる。
フィールドが広いステージ
  • 岩場
ストーリーモードではベジータのステージ。
  • 無人の荒野
ストーリーモードでは20号、Pセル(2回目)のステージ。
ストーリーモードではフリーザのステージ。
  • 無人島
ストーリーモードでは16号のステージ。
  • ハイウェイ
ストーリーモードでは18号のステージ。
  • ジンジャータウン
ストーリーモードではセル(第一形態)のステージ。

対戦順[編集]

ステージ 対戦相手
1 ピッコロ
2 ベジータ
3 フリーザ
4 人造人間20号
5 人造人間18号
6 セル
7 人造人間16号
8 トランクス
9 孫悟飯
10 パーフェクトセル

登場キャラクター[編集]

孫悟空(ゲーム中では「ゴクウ」と表記)
ストーリーモードで最初から使えるキャラクター。メテオスマッシュが使用可能。フリーザ戦以降、超サイヤ人に覚醒してパワーアップする。
天下一武道会モードで全ての出場キャラクターをCPUにした場合、必ずエントリーされる。
ピッコロ
ステージ1の対戦相手。ベジータ戦より仲間になり、セル戦から神と融合する。
ベジータ
ステージ2の対戦相手。外見は最初から人造人間編の姿で登場。フリーザ戦より仲間になるが、フリーザ戦クリア後で超サイヤ人に覚醒するため、このキャラクターが使えるのはフリーザ戦のみ。
20号戦以降、超サイヤ人に覚醒してパワーアップする。
フリーザ
ステージ3の対戦相手。最初から最終形態で、試合前デモでフルパワーになる。ゲージが多い場合、デモ必殺技を多用してくる。
人造人間20号(ドクター・ゲロ)(ゲーム中では「20ごう」と表記)
ステージ4の対戦相手。エネルギー吸収やデモ必殺技を吸収する行動を行うことで、ライフを回復できる。
セルを除くストーリーモードでの人造人間は現在地のレーダーに表示されない。
人造人間18号(ゲーム中では「18ごう」と表記)
ステージ5の対戦相手。永久にエネルギーが減らないタイプの人造人間なため、エネルギー弾を多用しても行動不能にならない。デモ必殺技にはバリアで無効化できる。
セル
ステージ6の対戦相手。本作では第一形態と完全体のみ登場。20号と同様、エネルギー吸収でライフを回復できる。
人造人間16号(ゲーム中では「16ごう」と表記)
ステージ7の対戦相手。難易度が「やさしい」の場合は、このキャラクターがラストボスとなる。
Pセル戦のみ、仲間になる。仲間になっている時は現在地のレーダーに表示される。

以下の5人はストーリーモード専用キャラクター(条件を満たせば他のモードでも使用できる)

超サイヤ人孫悟空(ゲーム中では「超ゴクウ」と表記)
悟空とは別キャラクター扱いだが、メテオスマッシュが使用可能。
覚醒前より能力が高くなっているが、界王拳や元気玉、超元気玉が出せなくなる。
代わって新たに四連脚、追跡エネルギー弾、連続エネルギー弾が使用可能になり、かめはめ波が超かめはめ波に変更される。
フリーザ戦以降、悟空に代わり使用可能。
超サイヤ人ベジータ(ゲーム中では「超ベジータ」と表記)
ベジータとは別キャラクター扱い。
技は変わらないが、覚醒前より全体的に能力が高い。
20号戦以降、ベジータに代わり使用可能。
トランクス
ステージ8の対戦相手。本作では原作のセル戦以降の長髪に戦闘服姿で登場。試合前デモで超サイヤ人になる。ストーリーモードではPセル戦のみ、使用可能。
孫悟飯(ゲーム中では「ゴハン」と表記)
ステージ9の対戦相手。本作では試合前デモの時点で既に超サイヤ人状態となっている。
通常はPセル戦のみ使用可能だが、条件を満たすと進めるファイナルバトルでも戦える。
パーフェクトセル(ゲーム中では「Pセル」と表記)
完全体となったセル。セル(第一形態)とは別キャラクター扱い。
ファイナルバトルの対戦相手(ラストボス)。エネルギー吸収がなくなったが、その他のあらゆる必殺技が強力無比な性能を誇る。

開発[編集]

  • プロデューサーの鈴木敏弘によると当時、『ストリートファイターII』(1991年)などの格闘ゲームが流行っていたことと、新しいゲームを任されるにあたって、どうせなら自分の好きなジャンルでということで、格闘を選んだとのこと[6]
  • 『ドラゴンボール』のゲームとして初めてキャラクターボイスが採用された作品であり、アニメと同じ声優がキャラクターを演じている。当時としては画期的であり、原作者の鳥山明らが本作をプレイした際にも悟空が喋ることに驚いていた。また本作独自のシステムについては「舞空術や空中でのキック攻撃ができるとは思いませんでした」、全体については「マンガ以上の迫力と演出があったんで、ヒジョーに気持ち良かった」と評価している。『ドラゴンボールZ』企画の森下孝三と脚本家の小山高生は業界人としてゲーム発売前に手に入れられたため、「お父さんがドラゴンボールのアニメを作ってて良かった(森下)」「子供に渡したら僕よりどんどん上手くなった(小山)」と息子たちに喜ばれたことを話していた[7]
  • プロデューサーの鈴木敏弘は『超武闘伝』の発売記念イベント「天下一試験会」の司会を皮切りに、攻略本や『Vジャンプ』、攻略ビデオ(非売品)などでは超サイヤ人の悟空のコスプレをし、ドラゴン鈴木として宣伝を行っていた。また最初の頃はアメリカ製の金粉入りのスーパーハードポマードで、超サイヤ人の金髪を再現したが、シャンプーでは落ちず、毎回食器用の洗剤で洗っていたため髪が痛み、上司に相談して「業務上しかたなく金髪にするのを認めてください」との申請を出したとのこと[6]
  • 鳥山明から「かめはめ波が難しくて出せない」と聞いて、鈴木は自分が操作している手元を映したビデオを送った。また鈴木も確かに難しいと思ったため、『2』からはコマンドが簡単に出るように改善された[6]

音楽[編集]

本作でも作曲を担当している山本健司のBGM盗作問題の関係か、Nintendo Switch版『ドラゴンボール ファイターズ』早期購入特典の『ドラゴンボールZ 超武闘伝』はBGMが全て差し替えられている。

スタッフ[編集]

  • エグゼクティブ・プロデューサー:平野雄二
  • プロデューサー:鈴木敏弘
  • チーフ・ディレクター:島田晋作
  • コ・ディレクター:久保田昭史
  • ゲーム・デザイナー:清水厚二、竹花欣也
  • グラフィック・デザイナー:玉井裕和、高橋雅行、荒井翔子、しいのせいいちろう、いいだしんいち
  • デザイン・ワークス:デザイン・オフィス D&D
  • プログラマー:まるこパパ、まるこ
  • サウンド・ワークス:山本健司、くまごろう(さばくまゆき)
  • アシスト・ワークス:磯貝健夫、渡辺浩孝、さのともひこ、河上和弘
  • スペシャル・サンクス:鳥嶋和彦、近藤裕、武田冬門、週刊少年ジャンプスタッフ、Vジャンプスタッフ、森下孝三、内田孝、下村聡

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通27/40点[8]
ファミリーコンピュータMagazine23.08/30点[1]
(総合46位)
受賞
媒体受賞
SUPER FAMICOM Magazineゲーム通信簿部門別ベスト30
キャラクタ28位[9]
オリジナリティ21位[9]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、7・7・7・6の合計27点(満40点)[8]、レビュアーは光弾系の攻撃の存在、キャラクターボイス実装、2画面で分割する発想、必殺技をコマンド入力で回避可能、初心者向けのオートモードを賞賛、「攻撃を受けると気力が溜まるシステムはプレイヤーがワンサイドゲームで有利だったところを一発逆転されてしまう」「必殺技が見世物のようで実践的ではない」とした他、フィールドが拡大したことについて肯定的に捉えた者と実際にプレイするとうっとうしく感じるとした者で分かれた[8]。『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、23.08点(満30点)となっている[1]。この得点はスーパーファミコン全ソフトの中で46位(323本中、1993年時点)となっている[1]。その他、『SUPER FAMICOM Magazine』1993年8月情報号特別付録の「スーパーファミコンオールカタログ'93」巻末に収録されている「部門別ベスト30」では、キャラクタ28位、オリジナリティ28位を獲得している[9]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 4.27 3.87 3.39 4.09 3.54 3.91 23.08

関連商品[編集]

サウンドトラック
攻略本
  • ジャンプ コミックス セレクション スーパーファミコン奥義大全書 ドラゴンボールZ 超武闘伝 - 集英社1994年3月24日、ISBN 4-8342-1146-0
封入特典データック専用バーコード。

続編[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「8月情報号特別付録 スーパーファミコンオールカタログ'93」、『SUPER FAMICOM Magazine』、徳間書店1993年8月1日、 22頁。
  2. ^ Vジャンプ編集部編「DRAGON BALL スーパーデータ DRAGON BALL VIDEO GAME DATA」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、平成28年(2016年)1月26日、ISBN 978-4-08-792505-0、216頁。
  3. ^ 鳥嶋和彦編『Vジャンプ 1993年8月号』集英社、平成5年(1993年)8月1日、雑誌11323-8、212-213頁。
  4. ^ 鳥嶋和彦編「ドラゴンボールZ外伝 -サイヤ人絶滅計画-」『Vジャンプ 1993年9月号』集英社、平成5年(1993年)9月1日、雑誌11323-9、49頁。
  5. ^ Nintendo Switch用「ドラゴンボール ファイターズ」本日発売!”. GAME Watch (2018年9月27日). 2018年9月28日閲覧。
  6. ^ a b c Vジャンプ編集部編「VIDEOGAME SELECTION 【02】『ドラゴンボールZ 超武闘伝』シリーズ シリーズプロデューサー 鈴木敏弘」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』184-185頁。
  7. ^ 鳥嶋和彦編「ドラゴンボールZ 超武闘伝烈戦記」『Vジャンプ 4月4日号』集英社、平成5年(1993年)4月4日、雑誌29938-4/4、50-53頁。企画内で森下と小山が息子と一緒に対戦していた。また桂正和もプレイしていた。
  8. ^ a b c 「新作ゲームクロスレビュー」、『ファミコン通信』第8巻第16号、アスキー1993年4月16日、 37頁。
  9. ^ a b c 「8月情報号特別付録 スーパーファミコンオールカタログ'93」、『SUPER FAMICOM Magazine』、徳間書店1993年8月1日、 104 - 107頁。