ドラックス・ザ・デストロイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Drax the Destroyer
出版の情報
出版者 マーベルコミックス
初登場アイアンマン』第55号(1973年2月)
クリエイター マイク・フリードリヒ英語版
ジム・スターリン英語版
作中の情報
本名 アーサー・サンプソン・ダグラス
所属チーム ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー
インフィニティ・ウォッチ英語版
リージョン・オブ・ザ・アンリビング英語版
シークレット・ディフェンダーズ英語版
ユナイテッド・フロント
能力 怪力、スタミナ、スピード、耐久性
エナジーブラスト
熟練したナイフ使い
サノスの位置を感知する能力

ドラックス・ザ・デストロイヤーDrax the Destroyer)、またはアーサー・ダグラスArthur Douglas)は、マーベルコミックスが出版するコミック作品に登場するキャラクターである。マイク・フリードリヒ英語版ジム・スターリン英語版により創造されたこのキャラクターは『アイアンマン』第55号(1973年)で初登場した。

元々地球人であったアーサー・ダグラスはスーパーヴィランのサノスの手によって家族ごと攻撃され、命を落とすが、サノスへの対抗する者が必要と考えたクロノス英語版によってその魂が回収され、新たな強靭な肉体に宿り、ドラックス・ザ・デストロイヤーとして生まれ変わった。ドラックスは怪力と超人的回復力、飛行、手からのエナジーブラスト放射能力を身につけた。ドラックスはサノス、時にはスーパーヒーローキャプテン・マーベル英語版アダム・ウォーロック英語版とも戦った。またインフィニティ・ウォッチ英語版のメンバーも務めた。2004年には飛行能力とエナジーブラストなどを失った。その後はクロスオーバーイベント『アナアイレーション英語版』及び『アナアイレーション: コンクエスト英語版』で重要な役割を果たした後、新たに結成されたガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーのメンバーとなった。

ドラックスはテレビアニメテレビゲーム、実写映画に登場するほか、玩具トレーディングカードも作られた。

出版上の歴史[編集]

ドラックスは『アイアンマン』第55号(1973年2月)で初登場し、マイク・フリードリヒ英語版ジム・スターリン英語版によって創造された。『キャプテン・マーベル英語版』第1期第27号(1973年7月)より定期的に登場し、また『ウォーロック英語版』第10号(1975年12月)、『アイアンマン』第88号(1976年7月)、『ウォーロック』第15号(1976年11月)、『Logan's Run』第6号(1977年6月)、『ソー』第314号(1981年12月)、『アベンジャーズ』第219号(1982年5月)にゲスト出演した後、『アベンジャーズ』第220号(1982年6月)でムーンドラゴン英語版に殺害された。

スターリンは『シルバーサーファー』第3期第35号(1990年)でドラックスを復活させ、以後同誌第50号まで複数回登場させた。『インフィニティ・ガントレット』第#1-6号(1991年)に登場後、『ウォーロック・アンド・ザ・インフィニティ・ウォッチ英語版』第1-42号(1992年 - 1995年)でインフィニティ・ウォッチのメンバーとして登場した。その後は『ウォーロック』第3期第1-4号(1998年 - 1999年)、『キャプテン・マーベル英語版』第4期第4-6号(2001年)に登場した。

2004年に全4号となる自身のミニシリーズ『ドラックス・ザ・デストロイヤー』が出版された後、『アナアイレーション: ノヴァ』第1-4号(2005年)と『アナアイレーション英語版』第1-6号(2006年)で重要な役割を果たした。その後、『ノヴァ英語版』第4期第4-7号(2007年)と『アナアイレーション: コンクエスト英語版』に登場後、2008年にリランチされた『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』誌で同チームのメンバーとなり、同誌第25号まで登場し続けた。ドラックスは『ザ・サノス・インペラティブ英語版』第1-3号(2010年)に登場し、サノスに殺害された。

ドラックスは『アベンジャーズ・アッセンブル』第4-8号(2012年6月 - 10月)で死に関する詳細が明かされないまま再登場した。またマーベルNOW!英語版の一環で第3期としてリランチされた『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』誌にも登場する[1]

キャラクターのバイオグラフィ[編集]

創造と生い立ち[編集]

妻と娘が乗る車を砂漠で運転するアーサー・ダグラスは、人間に見られてしまったと考えたサノスが操縦する宇宙船の攻撃を受ける[2]。彼女の娘のヘザーは生存し、サノスの父のメンター英語版によって保護され、タイタン英語版で育てられ、後にムーンドラゴン英語版となった[3]

サノスの脅威と戦うための闘士を必要としたメンターとタイタンの神クロノス英語版はダグラスの魂を新しい強靭な肉体に移した。彼は「ドラックス・ザ・デストロイヤー」と名を変え、サノス抹殺を唯一の目的として行動を開始した。ドラックスはアイアンマンと共にサノスとブラッド・ブラザーズ英語版と戦うが[4]、サノスは逃亡する。サノスのコズミック・キューブ英語版入手を阻止しようとした際[5]、ドラックスの記憶は復元された[2]キャプテン・マーベル英語版がサノスを破った際[6]、ドラックスは自分の目的を奪ったキャプテン・マーベルに襲いかかった[7]。ドラックスは復活したサノスを探して宇宙中をさまよった。彼がサノスが再び自分を具現化したことを知るまでにはサノスはキャプテン・マーベル、アベンジャーズアダム・ウォーロック英語版との戦いに敗れた[8][9]。キャプテン・マーベルと共にドラックスはISAAC英語版、スレララックス、ロード・ガエア、エリシウス英語版、カオスと戦った[10][11]

しばらくしてドラックスはエイリアンの支配下となり、娘のムーンドラゴンとスーパーヒーローのソーと戦った。ドラックスは回復した後、ムーンドラゴンと共に知識を求めて宇宙を旅した[12]。最終的に彼らはヒューマノイドエイリアンが内戦を起こしている惑星バ・バニスにたどり着く。ムーンドラゴンは争いを鎮めるために精神パワーを利用して自分自身を女神と認識させて管理しようとする。ドラックスはそれを卑劣であると感じ、救難メッセージを乗せた宇宙船を地球に送った。メッセージを受け取ったアベンジャーズはムーンドラゴンに精神を支配された惑星へとたどり着いた[13]。アベンジャーズによって精神コントロールから解放されたドラックスはムーンドラゴンに立ち向かうが、精神と身体を分離させられてしまう[14]

インフィニティ・ウォッチ[編集]

サノスがミストレス・デスにより復活させられると、クロノスはドラックスを生き返らせ、より強力な力を与えた[15]。しかしながらクロノスはドラックスの死の影響を考慮しておらず、彼の心はムーンドラゴンによる損傷を負ったままであった。ドラックスは他のヒーローたちと共にインフィニティ・ガントレットの所有者となったサノスやネビュラと戦った[16]。その後ドラックスはアダム・ウォーロック英語版によってパワー・ジェム英語版の所有者に選ばれ、インフィニティ・ウォッチ英語版の一員となった[17]

エナジーヴァンパイアのルーン英語版がジェムを盗んだ後[18]、ウォッチは別行動を取った[19]。ドラックスはムーンドラゴンと共にタイタンへと戻り、クロノスに頼んで自分のパワーを落とすことと引き換えに傷ついた心を元に戻して貰った[20]。ドラックスはエリシウスなどを殺したことを告発されるが、サイフォンにより精神操作された結果であったことが発覚すると無罪となった[21]。ムーンドラゴンを捜している最中にドラックスはジーニス・ヴェルと喧嘩になる[22]。この際にドラックスとジーニスはミクロバースへ転送される[23]

復活[編集]

その後ドラックスはパイボック英語版ルナティク英語版ブラッド・ブラザーズ英語版と共に刑務所の移送船で目撃される。船はアラスカで墜落し、ドラックスは住民を守るために他の囚人たちを攻撃する[24]。彼はキャミ英語版という少女を娘と見間違え、彼女をパイボックから守ろうとする。ドラックスは殺されたかと思われたが、その死体の大きな殻からより細く、知的なドラックスとなって蘇った[25]。2隻目の宇宙船が到着するとドラックスとキャミは逮捕された[26]

キルン刑務所でのアニヒラス英語版の攻撃を生き延びたドラックスとキャミはゼンダリアン・ノヴァ・コーズ英語版の最後の生き残りであるリチャード・ライダー英語版と手を組んだ。ドラックスとノヴァは共にアナアイヒレーション・ウェーブと戦うこととなった[27]。ドラックスはサノスがムーンドラゴンを人質に取っており、追跡すれば死ぬことを知る[28]。アナアイレーション・ウェーブとユナイテッド・フロントの戦いの最中、ノヴァと他のグループ(キャミも含む)が避難を終える間、ドラックスは侵入者を退けるために残った[29]。ドラックスはアナアイレーション・ウェーブの母船まで進撃するとサノスを発見し、殺害した。ドラックスは捕らえられていたギャラクタスを解放し、ギャラクタスはドラックスとムーンドラゴンを遠くの惑星にテレポートさせた[30]。その後、ムーンドラゴンはドラックスが「消えた」と言う。またキャミは生存し、サノスの案内人と共に居る姿が目撃されている[31]

ファランクス英語版クリー英語版侵攻の際、ドラックスはハイブマインドの「選択」により同化されてしまう。ファランクスは惑星から逃れたノヴァを追うためにガモラと共にドラックスを派遣した[32]。その後2人はファランクスから解放され、ハラでのウルトロンとの戦いに参加する[33]

ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー[編集]

スター・ロードはドラックスを新しいガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーのメンバーとして雇った[34]。ガーディアンズはサノスと同盟し、「キャンサーバース」と呼ばれる別世界への移動することを余儀なくされた[35]。過酷な冒険の末、ドラックスはサノスを攻撃し、殺害された[36]。その後死に関する詳細が描かれないまま、地球でガーディアンズと共に再登場した[37][38]

パワーと能力[編集]

ドラックスのパワーは当初は怪力、超人的スタミナ、物理耐性のみであったが、後にコズミック・エナジーを両手から放出する能力を身につけた。また空気、水、食料なしで宇宙空間超空間英語版を高速で移動可能である。さらに広範囲にわたってサノスの存在を感知することができる。

2006年の「アナアイレーション」の直前からドラックスの肉体は大幅に小型化しており、物理的な力もそれに相応して下がる、また飛行能力とエナジーブラストも失っている。一方で知能は回復しており、戦闘ではナイフを使うようになった[26][27]。また一時的にサノスのフォースフィールドを通り抜ける能力があった[39]

MCU[編集]

デビッド・バウティスタがガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの一員であるドラックスを演じる[40][41]。日本語吹替は楠見尚己が担当。

キャラクター像[編集]

妻の“オヴェット”と娘の“カマリア”を手にかけたロナン・ジ・アキューザーと、その黒幕であるサノスへの復讐を誓うパワーファイター。筋肉質で濁った灰色の肉体とスキンヘッド、赤い部族紋様[注釈 1]が刻まれた顔面と後頭部や上半身という厳つい外見が特徴。

そのような第一印象と後述の肩書きとは裏腹に根はとても素朴であり、言われた言葉をそのまま受け取ってしまうため、比喩や冗談を理解できず、加えて短絡的且つアバウトな行動や、ズレた言動と豪快な笑いで周囲を引かせることが多い。それ故に些細な事で興奮することもあるが、例え憎んでいた相手でも一度仲間と認めれば、それまでの確執を捨てて親密に接するなど、頭の切り替えの早さと人一倍厚い情を持ち合わせている。また、音楽やダンスには全く興味関心がない。

ピーター・クイル/スター・ロードたちガーディアンズの仲間たちのことは、感じたことをよく口にして困惑させてはいるものの、新しい「家族」と公言するほど大切に思っている。

能力[編集]

超常的な特殊能力は持っていないものの、歴戦の戦士に相応しいその肉体には強靭な肌、膂力、素早さ、敏捷性、加速的な治癒能力などが兼ね備わっており[42]、勇敢さと無鉄砲さも相まって暴れ始めると大勢の常人すらも圧倒できるほどの実力を見せる。愛用の短剣は勿論、エネルギーブラスターなどあらゆる種類の武器の扱いにも長ける[42]

武器[編集]

ドラックスの短剣[43]
愛用の2本の“テンパー鉄合金”製のナイフ。ブーツの側面のホルダーに挿して携行する。ドラックスの故郷で鍛造された[43]このナイフは、模様付きでざらついた持ち手がドラックスのグリップに合っており[43]、刃にはドラックスの身体と同じ部族紋様が刻まれている[43][44]。ドラックスはこのナイフを常に磨き、戦闘で斬撃や投擲に用いる。

このほかにもドラックスは、“ハドロン・エンフォーサー”やミラノ号にストックされているブラスターも行使する。

各作品での活躍[編集]

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
故郷の惑星で愛する家族と幸せな日々を送っていたが、ロナンの侵略により妻子を殺されてしまい、彼への復讐を誓う。そのために、銀河の至る所でロナンの部下を数十人以上殺し続けて“破壊王”の異名を得たのも束の間、ノバ軍に逮捕されて“キルン刑務所”へと収監され、当刑務所で最も恐ろしい囚人として周囲から畏怖されていた。
収監されてきたクイルたちとは、「裏切り者のガモーラを生かしておけばロナンが追ってくる」という打算で付き合って共に脱獄するも、それからもガモーラとは睨み合いを続け、採掘コロニーの“ノーウェア”ではグルート&ロケットとも大喧嘩まで起こして自棄になった挙句に、ロナンを誘き寄せてしまう。
だが自らの過ちで皆の状況が悪化したことを伝えられると、行いを悔やんで深く反省。ロナンを倒すため“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”の一員となり、惑星“ザンダー”での戦いでコラス・ザ・パーサーらを倒し、ロナン打倒にも貢献してクイルたちへの友情を深めていった。事後は、ノヴァ軍警察によって前科を抹消され、クイルたちと共に銀河の旅に出る。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
本作では冒頭のアビリスクとの戦いで相手の体内へ飛び込んだり、ソヴリン艦隊への捨て身の迎撃など、皆の制止を振り切って猪突猛進する姿を見せると共に亡くなった妻との馴れ初めなども明かし、娘の面影を見たマンティスの容姿を醜いと感じているが、エゴがそんな彼女を拾ったことから「醜くても愛されるのは本当に愛されている証拠」と声をかけるなど、物事の核心を突くこともいくつかある。
ソヴリン艦隊から自分たちを救ってくれたエゴと出会ったことで知り合ったマンティスには、妻子を失ったことへの怒り・悲しみを読み取られるも、新しい友として認めるようになる。そしてクイルを取り込んで“拡張”しようとするエゴの猛威に巻き込まれかけながらも、ガーディアンズの仲間/家族やマンティスを守るために奮闘した。
“エゴの星”の壊滅後には、クイルを救って息を引き取ったヨンドゥ・ウドンタの葬儀に立ち会い、ラヴェジャーズ式の葬儀に「美しい」と呟く。
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
ガーディアンズ結成から数年が経っても基本的な性格からの振る舞いで場の空気を凍らせてしまう点はこれまでと同様であるため、クイル&ガモーラの触れ合いを数分間真顔で傍観したり、後に出会ったトニー・スターク/アイアンマンたちとのミーティングでもトニーを困惑させたりと相変わらずのマイペースぶりを見せると共に、妻と娘の真の仇であるサノスに抑えられない怒りを露わにして対峙する。
救出したソーからサノスが“インフィニティ・ストーン”入手に動きはじめたと聞いて、“リアリティ・ストーン”回収のため、クイル・ガモーラ・マンティスとノーウェアに向かうも、この時はサノスに全く挑むことができなかった。
その後、惑星“タイタン”でトニーたちと共闘しサノスへ攻め立てるが、ストーンを複数保有するサノスを倒すことはできず、彼が引き起こした“デシメーション”により塵と化して消滅してしまう。

他のメディア[編集]

テレビ[編集]

  • テレビアニメ『Silver Surfer』の第5-6話「Learning Curve」ではノーマン・スペンサー英語版が声を務めた。ドラックスはアンドロイドでメンターの仲間である。
  • Avengers Assemble』の第1シーズン第22話「Guardians and Spaceknights」ではデヴィッド・ソボロブがドラックスの声を務めた。

テレビゲーム[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この紋様は、通過儀礼の試練や戦場での勝利といったドラックスの人生における重要な出来事と、彼の民の文化を示す装飾印である[42]

出典[編集]

  1. ^ Richards, Dave (2012年10月14日). “NYCC: Bendis, McNiven & Wacker Relaunch the "Guardians of the Galaxy"”. Comic Book Resources. 2012年10月15日閲覧。
  2. ^ a b ジム・スターリン英語版, マイク・フリードリヒ英語版 (w), ジム・スターリン (p), ダン・グリーン英語版 (i). "Thanos The Insane God!" Captain Marvel #32 (1974年5月), Marvel Comics
  3. ^ スティーヴ・ガーバー英語版 (w), ボブ・ブラウン英語版 (p), サル・ビュッセマ英語版 (i). "Blind Man's Bluff!" Daredevil #107 (1974年1月), Marvel Comics
  4. ^ ジム・スターリン英語版, マイク・フリードリヒ英語版 (w), ジム・スターリン (p), マイク・エスポジト英語版 (i). "Beware the... Blood Brothers!" Iron Man #55 (1973年2月), Marvel Comics
  5. ^ マイク・フリードリヒ英語版, ジム・スターリン英語版 (w), ジム・スターリン (p), パブロ・マルコス英語版 (i). "Trapped On Titan!" Captain Marvel #27 (1973年7月), Marvel Comics
    マイク・フリードリヒ, ジム・スターリン (w), ジム・スターリン (p), ダン・グリーン英語版 (i). "When Titans Collide!" Captain Marvel #28 (1973年9月), Marvel Comics
    ジム・スターリン (w), ジム・スターリン (p), アル・ミルグロム英語版 (i). "Metamorphosis!" Captain Marvel #29 (1973年11月), Marvel Comics
    ジム・スターリン (w), ジム・スターリン (p), アル・ミルグロム (i). "...To Be Free From Control!" Captain Marvel #30 (1974年1月), Marvel Comics
    ジム・スターリン (w), ジム・スターリン (p), ダン・グリーン、アル・ミルグロム (i). "The Beginning of the End!" Captain Marvel #31 (1974年3月), Marvel Comics
  6. ^ ジム・スターリン英語版, スティーヴ・エングルハート英語版 (w), ジム・スターリン (p), クラウス・ヤンソン英語版 (i). "The God Himself" Captain Marvel #33 (1974年7月), Marvel Comics
  7. ^ スティーヴ・エングルハート英語版 (w), アル・ミルグロム英語版 (p), マイク・エスポジト英語版フランク・ギアコイア英語版 (i). "Shoot-Out At The O.K. Space Station!" Captain Marvel #42 (1976年1月), Marvel Comics
    スティーヴ・エングルハート (w), アル・ミルグロム (p). "Destroy! Destroy!" Captain Marvel #43 (1976年3月), Marvel Comics
    スティーヴ・エングルハート (w), アル・ミルグロム (p). "Death Throws!" Captain Marvel #44 (1976年5月), Marvel Comics
  8. ^ ダグ・メンヒ英語版 (w), パット・ブロデリック英語版 (p), ボブ・マクロード英語版 (i). "A Destroyer--Denied!" Captain Marvel #58 (1978年9月), Marvel Comics
  9. ^ ジム・スターリン英語版 (w), ジム・スターリン (p), ジョセフ・ルービンスタイン英語版 (i). "Death Watch!" Marvel Two-in-One Annual #2 (1977年12月), Marvel Comics
  10. ^ ダグ・メンヒ英語版 (w), パット・ブロデリック英語版 (p), ブルース・D・ペーターソン (i). "The Trouble with Titan..." Captain Marvel #59 (1978年11月), Marvel Comics
    ダグ・メンヒ (w), パット・ブロデリック (p), ブルース・D・ペーターソン (i). "Moon-Traps And Paradise" Captain Marvel #60 (1979年1月), Marvel Comics
    ダグ・メンヒ (w), パット・ブロデリック (p), ブルース・D・ペーターソン (i). "Chaos And The Pit!" Captain Marvel #61 (1979年3月), Marvel Comics
    ダグ・メンヒ (w), パット・ブロデリック (p), ブルース・D・ペーターソン (i). "Earth Skirmish" Captain Marvel #62 (1979年5月), Marvel Comics
  11. ^ ダグ・メンヒ英語版 (w), パット・ブロデリック英語版 (p), ブルース・D・ペーターソン (i). "The Saturn Storm!" Marvel Spotlight vol. 2, #1 (1979年7月), Marvel Comics
    ダグ・メンヒ (w), パット・ブロデリック (p), ブルース・D・ペーターソン (i). "The Dark Corners!" Marvel Spotlight vol. 2, #2 (1979年9月), Marvel Comics
  12. ^ ダグ・メンヒ英語版 (w), キース・ポラード英語版 (p), ダン・グリーン英語版パブロ・マルコス英語版 (i). "Acts of Destruction" Thor #314 (1981年12月), Marvel Comics
  13. ^ ジム・シューター英語版 (w), ボブ・ホール英語版 (p), ヴィンス・コレッタ英語版, ダン・グリーン英語版アル・ミルグロム英語版 (i). "... By Divine Right!" The Avengers #219 (1982年5月), Marvel Comics
  14. ^ ジム・シューター英語版 (w), ボブ・ホール英語版 (p), ダン・グリーン英語版 (i). "War Against the Gods!" The Avengers #220 (1982年6月), Marvel Comics
  15. ^ ジム・スターリン英語版 (w), ロン・リム英語版 (p), トム・クリストファー (i). "The Name Is Thanos!!" Silver Surfer vol. 3, #35 (1990年3月), Marvel Comics
  16. ^ ジム・スターリン英語版 (w), ロン・リム英語版 (p), ジョセフ・ルービンスタイン英語版 (i). "The Final Confrontation" The Infinity Gauntlet #6 (1991年12月), Marvel Comics
  17. ^ ジム・スターリン英語版 (w), エンジェル・メディナ英語版 (p), テリー・オースティン英語版 (i). "Gathering the Watch!" Warlock and the Infinity Watch #2 (1992年3月), Marvel Comics
  18. ^ ダン・ダンコ, クリス・ウルム (w), ヘンリー・フリント英語版 (p), マーク・マッケンナ (i). "Into Infinity" Rune/Silver Surfer #1 (1995年4月), マリブ・コミックス英語版
  19. ^ ジョン・アーチュデイ英語版 (w), マイク・ガストビッチ (p), キース・ウィリアムズ英語版 (i). "Win, Lose, Draw!" Warlock and the Infinity Watch #42 (1995年7月), Marvel Comics
  20. ^ バリー・ドッター (w), デイブ・フーバー英語版 (p). "Mind Body Soul" Cosmic Powers Unlimited #4 (1996年2月), Marvel Comics
  21. ^ トム・ライル英語版 (w), トム・ライル (p), ロバート・ジョーンズ (i). "Resurrection" Warlock vol. 3, #1 (1998年11月), Marvel Comics
    トム・ライル (w), トム・ライル (p), ロバート・ジョーンズ (i). "Afterlife" Warlock vol. 3, #2 (1998年12月), Marvel Comics
    トム・ライル (w), トム・ライル (p), ロバート・ジョーンズ (i). "Countdown to Destruction" Warlock vol. 3, #3 (1999年1月), Marvel Comics
    トム・ライル (w), トム・ライル (p), ロバート・ジョーンズ (i). "Endgame" Warlock vol. 3, #4 (1999年2月), Marvel Comics
  22. ^ ピーター・デヴィッド英語版 (w), ロン・リム英語版 (p), マーク・マッケンナ、マーク・ネルソン英語版 (i). "Other Side of the Drax" Captain Marvel vol. 4, #4 (2000年4月), Marvel Comics
  23. ^ ピーター・デヴィッド英語版 (w), クリスクロス英語版 (p), アニバル・ロドリゲス (i). "It's A Small Universe After All!" Captain Marvel vol. 4, #6 (2000年6月), Marvel Comics
    ピーター・デヴィッド (w), クリスクロス (p), アニバル・ロドリゲス (i). "Night of the Comet, Man" Captain Marvel vol. 4, #7 (2000年7月), Marvel Comics
    ピーター・デヴィッド (w), クリスクロス (p), アニバル・ロドリゲス (i). "Skrull & Crossbones" Captain Marvel vol. 4, #8 (2000年8月), Marvel Comics
  24. ^ キース・ギッフェン英語版 (w), ミッチ・ブレイトウェザー (p). "Earthfall" Drax the Destroyer #1 (2005年11月), Marvel Comics
  25. ^ キース・ギッフェン英語版 (w), ミッチ・ブレイトウェザー (p). "From the Ashes" Drax the Destroyer #3 (2006年1月), Marvel Comics
  26. ^ a b キース・ギッフェン英語版 (w), ミッチ・ブレイトウェザー (p). "Hard Penance" Drax the Destroyer #4 (2006年2月), Marvel Comics
  27. ^ a b ダン・アブネット, アンディ・ランニング (w), ケヴ・ウォーカー英語版 (p), リック・マグヤー (i). "Ten Minutes and Counting" Annihilation - Nova #4 (2006年9月), Marvel Comics
  28. ^ キース・ギッフェン英語版 (w), アンドレア・ディ・ヴィート英語版 (p). "Blood and Thunder" Annihilation #1 (2006年10月), Marvel Comics
  29. ^ キース・ギッフェン英語版 (w), アンドレア・ディ・ヴィート英語版 (p). "Desperate Measures" Annihilation #3 (2006年12月), Marvel Comics
  30. ^ キース・ギッフェン英語版 (w), アンドレア・ディ・ヴィート英語版 (p). "Ascension" Annihilation #5 (2007年1月), Marvel Comics
  31. ^ キース・ギッフェン英語版 (w), アンドレア・ディ・ヴィート英語版 (p). "Finale" Annihilation #6 (2007年3月), Marvel Comics
  32. ^ ダン・アブネット, アンディ・ランニング (w), ショーン・チャン、ブライアン・デンハム (p), スコット・ハンナ (i). "Out" Nova vol. 4, #7 (2007年12月), Marvel Comics
  33. ^ ダン・アブネット, アンディ・ランニング (w), トム・ラニー英語版、ウェリントン・アルヴェス (p), スコット・ハンナ (i). "Last Stand" Annihilation: Conquest #6 (2008年6月), Marvel Comics
  34. ^ ダン・アブネット, アンディ・ランニング (w), ポール・ペルティエ英語版 (p), リック・マグヤー (i). "Somebody's Got To Do It" Guardians of the Galaxy vol. 2, #1 (2008年7月), Marvel Comics
  35. ^ ダン・アブネット, アンディ・ランニング (w), ミゲル・セプルベダ (p). "The Thanos Imperative (Part 1 of 6)" The Thanos Imperative #1 (2010年8月), Marvel Comics
  36. ^ ダン・アブネット, アンディ・ランニング (w), ミゲル・セプルベダ (p). "The Thanos Imperative (Part 3 of 6)" The Thanos Imperative #3 (2010年10月), Marvel Comics
  37. ^ ブライアン・マイケル・ベンディス (w), マーク・バグリー英語版 (p), ダニー・ミキ (i). "Zodiac, Part Four" Avengers Assemble vol. 2, #4 (2012年8月), Marvel Comics
  38. ^ ブライアン・マイケル・ベンディス (w), マーク・バグリー英語版 (p), ダニー・ミキ (i). Avengers Assemble vol. 2, #5 (2012年9月), Marvel Comics
  39. ^ キース・ギッフェン英語版 (w), アンドレア・ディ・ヴィート英語版 (p). "Revelation" Annihilation #4 (2007年1月), Marvel Comics
  40. ^ Kit, Borys (2013年3月14日). “Marvel Signs WWE's Dave Bautista for 'Guardians of the Galaxy' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2013年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月14日閲覧。
  41. ^ Kit, Borys (2012年7月14日). “'Comic-Con 2012: Marvel Names 'Avengers' Follow-Ups; Robert Downey Jr. Makes Surprise Appearance'”. The Hollywood Reporter. オリジナルの2012年8月5日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/69gDu8lmx?url=http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/comic-con-2012-marvel-movies-robert-downey-jr-349346 2012年7月16日閲覧。 
  42. ^ a b c ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 183
  43. ^ a b c d ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 182
  44. ^ 超全集 2019, p. 69
  45. ^ "It's a Wonderful Smash". Hulk and the Agents of S.M.A.S.H.. Disney XD. 2014年7月6日放送. 25回,シーズン1.

参考文献[編集]

  • 『マーベル・スタジオ・ビジュアル・ディクショナリー』デアゴスティーニ・ジャパン、2019年。ISBN 978-4-8135-2270-6。
  • 『アベンジャーズ マーベルヒーロー超全集 (てれびくんデラックス愛蔵版)』小学館、2019年。ISBN 978-4-09-227211-8。