ドリン・ゴヤン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドリン・ゴヤン Football pictogram.svg
12-06-05-aut-rom-freundschaftsspiel-256.jpg
親善試合・オーストリア戦(2012年)
名前
本名 ドリン・ニコラエ・ゴヤン
Dorin Nicolae Goian
ラテン文字 Dorin GOIAN
基本情報
国籍  ルーマニア
生年月日 (1980-12-12) 1980年12月12日(37歳)
出身地 スチャヴァ
身長 194cm
体重 83kg
選手情報
ポジション DF (CB)
利き足 右足
ユース
ルーマニアの旗 フォレスタ・スチャヴァ英語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-1999 ルーマニアの旗 フォレスタ・スチャヴァII 14 (0)
1999-2002 ルーマニアの旗 フォレスタ・スチャヴァ 28 (2)
1999-2000 ルーマニアの旗 グロリア・ブザウ英語版(loan) 19 (0)
2002-2003 ルーマニアの旗 チャフラウル 45 (2)
2003-2005 ルーマニアの旗 バカウ 26 (2)
2005-2009 ルーマニアの旗 ステアウア・ブカレスト 107 (6)
2009-2011 イタリアの旗 パレルモ 30 (1)
2011-2013 スコットランドの旗 レンジャーズ 35 (0)
2012-2013 イタリアの旗 スペツィア (loan) 26 (2)
2013-2016 ギリシャの旗 アステラス・トリポリス 69 (2)
1997-2016 通算 399 (17)
代表歴2
2005-2014 ルーマニアの旗 ルーマニア 60 (5)
監督歴
2017- ルーマニアの旗 ブコヴィナ・ラダウツィ英語版
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月17日現在。
2. 2018年5月17日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ドリン・ニコラエ・ゴヤンDorin Nicolae Goian, 1980年12月12日 - )は、ルーマニアスチャヴァ出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはDF(センターバック)。

経歴[編集]

初期[編集]

フォレスタ・スチャヴァ

1997年に地元スチャヴァ県のフォレスタ・スチャヴァと契約し、同クラブのセカンドチームでキャリアを開始する。2年後にトップチームへ昇格し、2000年のFCグロリア・プログレスル・ビストリツァ英語版戦 (2-0) において、20歳でディヴィジアAでの初出場を飾ると無失点に抑えた。同年には数ヶ月間を期限付き移籍の形でFCグロリア・ブザウにて過ごした。2000-01シーズン終了後にフォレスタ・スチャヴァはディヴィジアBに降格し、以後在籍中に昇格することはなかった。リーガ2での2001-02シーズンは、最終的にリーグ10位で終えて昇格を果たせなかったが、個人としてはシーズン半ばにリーガ1FCチャフラウル・ピャトラ・ニャムツへ引き抜かれている。

チャフラウル

2003-04シーズン終了後、フォレスタ時代と同様にクラブはディヴィジアBへ降格した。しかし、同シーズン途中でリーガ1のFCMバカウと契約した。チャフラウルでの約2シーズンで45試合2得点を記録した。

バカウ

2003年にFCMバカウに入団し、26試合2得点を記録した。ここでのプレーがルーマニア代表招集へ繋がり、また翌2004-05シーズン途中までのプレーからFCステアウア・ブカレストの関心を集めた。

ステアウア・ブカレスト[編集]

FCステアウア・ブカレストで練習するゴヤン

2005年3月4日にFCステアウア・ブカレストと5年契約で合意[1]。後日に行われたバカウの会長ゲオルゲ・キヴォルキアン英語版とステアウア側との5時間に及ぶ交渉の末に移籍金は10万ユーロで決定し[2]、2007年に100万ユーロが追加された[3]。2004-05シーズンは終盤戦での加入もあり4試合の出場だったが次第にチームに不可欠な選手となり、UEFAカップ2005-061回戦のヴォレレンガ・フォトバル戦でヘディングシュートで初得点を挙げると、その後の同大会グループリーグでRCランス戦、ハルムスタッズBK戦、決勝トーナメント1回戦のSCヘーレンフェーン戦において得点してチーム内得点王になった。また準決勝のミドルスブラFC戦では本拠地で1-0と勝利し、敵地において自身の得点もあって開始25分まで2-0としていたが、試合終了間際の89分に失点し2-4で敗退した[4]

UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08では、予選のザグウェンビェ・ルビン戦とBATEボリソフ戦で得点して本戦出場に貢献し、SKスラヴィア・プラハ戦でも得点したが、1-2で敗戦した。2007年10月24日のセビージャFC戦において、ニコラエ・ディカの欠場によりキャプテンを務めた。同2007-08シーズンには様々なクラブから注目をされることになる。2007年6月にエヴァートンFCボルシア・ドルトムントから関心を寄せられ[5]、移籍金の高さからドルトムントはユヴェントスFCよりロベルト・コヴァチを獲得したことで撤退したが[6]、その後もVfBシュトゥットガルト[7]マンチェスター・ユナイテッドFC[8]マンチェスター・シティFC[9]が関心を寄せていると報じられた。

2008年7月1日、ジジ・ベカリ会長に移籍を直訴する[10]サンダーランドAFCFCディナモ・キエフからオファーが届き[11]、前者への移籍間近まで迫ったものの[12]、交渉はまとまらず破談となった[13]。結局ステアウアに残留し2008-09シーズンに臨むと、2009年5月2日のFCオツェルル・ガラツィ戦 (5-0) において、ペナルティーキックでシーズン初得点を挙げた。2009年4月4日のFCグロリア・プログレスル・ビストリツァ英語版戦では試合前にソリン・ギオネアが負傷すると、マリウス・ラカトゥシュ監督から主将に任命される。古参選手であるペトレ・マリンの存在や、シーズン前の直訴を受けベカリ会長からいかなる状況でもレギュラーになることはないと伝達されていたにもかかわらず[10]、チームの信頼は厚くUEFAヨーロッパリーグ 2009-10マザーウェルFC戦 (3-0) でも主将を務めた。同試合でスティーヴン・クレイガン英語版オウンゴールを誘発するヘディングシュートを放つが[14]、一方でペナルティーキックを失敗しベカリ会長から批判された[15]

パレルモ[編集]

UEFAヨーロッパリーグ 2010-11CSKAモスクワ戦を前にして練習するゴヤン (左) とマッシモ・マッカローネ (右)

2009年8月6日に移籍金200万ユーロ・年俸55万ユーロでセリエAUSチッタ・ディ・パレルモへ移籍し、かつてステアウアで師事したワルテル・ゼンガ監督と再会する[16]2009-10シーズン前に行われたのRCDマヨルカとの親善試合 (2-0) で初出場を飾り、9月23日のASローマ戦 (3-3) でリーグ戦デビューをフル出場で飾った。

シモン・ケアーチェーザレ・ボヴォの存在や[17]、2010年4月3日のカルチョ・カターニアとのデルビー・ディ・シチリア (0-2) においてマキシ・ロペスに悠々と突破されて全失点に絡んだことで[18]、主に控えとしてプレーした。2010-11シーズン開幕前にケアーがVfLヴォルフスブルクへ移籍したが、自身は相次ぐ負傷に見舞われ定位置を確保出来なかった[17]。完治後はボヴォとエセキエル・ムニョスの控えにまわりながらも、2011年3月20日のACミラン戦 (1-0) において首位を走る相手に加入後初得点にして決勝点を挙げた[19]

レンジャーズ[編集]

レンジャーズFCでウォーミングアップをするゴヤン

2011年7月25日に推定移籍金85万ユーロでスコティッシュ・プレミアリーグレンジャーズFCと3年契約を締結[20]。29日に労働許可証が付与されて正式な一員となったが、この遅れにより当初はUEFAチャンピオンズリーグ 2011-12予選でプレー出来ないと判断された。その後UEFAへの訴えからマルメFF戦でのプレーが認可されているが[21]、ハムストリングの負傷で欠場している。30日のセント・ジョンストンFC戦で初出場を飾り[22]、以来定位置を確保する。自身初のオールドファームとなった9月18日のセルティックFC戦 (4-2) で見せたプレー等でファンの人気を集め、カルロス・ボカネグラとの強固な守備を形成した[23]。9月21日にスコティッシュリーグカップフォルカークFC戦で初得点を挙げた[24]

2012年6月にクラブが破産したことで選手の契約ごとチャールズ・グリーン英語版のコンソーシアムに買収され消滅は免れる。当初は残留を表明していたものの[25]4部英語版への降格処分となったことで、クラブで最初に退団を申し出た[26]。しかし、スコティッシュ・チャレンジカップ英語版ブレチン・シティFC英語版戦 (2-1) に出場したように最終的に残留してボカネグラと共に最終ラインを守っており[27]、試合後に他クラブからのオファーがあったにもかかわらず自身の将来をレンジャーズに委ねたと語った[28]

2012-13シーズン終了後、近い将来にイングランドでプレーすることを希望していることを表明した[29]。最終的にボカネグラと共に放出され、2シーズンの間で30試合1得点を記録したレンジャーズを退団した[30]。放出が決定した際にゴヤンの代理人は、ヘラルド紙にゴヤンが年俸43万ポンド (50万ユーロ) を受け取っていたことを明かした[31]

スペツィア[編集]

2012年8月21日にセリエBスペツィア・カルチョへシーズンローンに出される[32]。契約が決定した際にはレンジャーズへの復帰を誓った[33]

スペツィアとのサインから4日後のヴィチェンツァ・カルチョ戦 (2-1) で初出場を飾ると[34]、以降はレギュラーとしてプレー。しかし、11月17日のSSユーヴェ・スタビア戦 (2-3) で審判に圧力を掛けたとしてリーグの規律委員会から4試合の出場停止処分が下される[35][36]。これに対しクラブのスポーツディレクターから失望したことを伝えられると、自身は早期に契約を打ち切り2013年1月にレンジャーズに復帰する可能性があることをメディアに示唆した[37]。出場停止解除後の12月23日のカルチョ・パドヴァ戦 (2-3) でヘディングで初得点を挙げる[38]ミケーレ・セレーナ英語版監督はスコットランドへの早期復帰を否定したが[39]、シーズン後半戦に突入すると他の選手にポジションを明け渡していった[40]。2013年4月6日のUSグロッセート戦 (2-1) でリーグ2得点目を挙げた。

アステラス・トリポリス[編集]

レンジャーズを退団後、ギリシャ・スーパーリーグアステラス・トリポリスFCと2年契約で合意したと報じられ[41]、2013年7月21日に正式に入団が決定しファンに花束で出迎えられた[42]。それから1ヶ月後の8月18日にPASヤニナFC戦 (3-3)で初出場を飾った。

代表歴[編集]

オーストリア戦でのゴヤン (2012年6月5日)

2005年11月16日にヴィクトル・ピツルカ監督の下でナイジェリアとの親善試合で代表デビュー[43]。翌年から定期的に招集され、EURO2008予選ではガブリエル・タマシュとコンビを組む。首位通過での本大会進出に貢献[43]し、同予選のベラルーシ戦での初ゴール[44]と2007年10月14日のオランダ戦 (1-0) での決勝点[45]の2得点を挙げた。本大会出場の結果を受けて、2008年3月25日にトラヤン・バセスク大統領からMedalia Meritul Sportiv(スポーツ功労メダル)を授与された[46]

EURO2008本戦のメンバーにも選出され、2008年6月9日にチューリッヒでのフランス戦に出場する。同試合でゴヤンはニコラ・アネルカカリム・ベンゼマを抑え、スコアレスドローで勝ち点を得ることに貢献した。なお、この試合が代表出場20試合目であった。2戦目のイタリア戦 (1-1) でも引き分けたが、2試合連続でイエローカードを貰ったため、累積出場停止で3戦目のオランダ戦 (0-2) には出場できず、チームは敗戦と共に敗退した。

指導歴[編集]

2017年11月13日、リーガ3のCSMブコヴィナ・ラダウツィに指揮官として招聘された[47]

人物[編集]

兄弟のリヴュ (Liviu)、ゲオルゲ (Gheorghe)、ルチアン英語版のそれぞれがプロサッカー選手であり[48]、ルチアンは過去にリーガ1の名門FCディナモ・ブカレストでプレーした。

ゴヤンを見出したマリン・バルブ英語版は、出会った当初その巨漢からガリバーと見紛ったという。また、純真かつ勤勉で他の子供たちのお手本だったと評している[49]

既婚者であり、2006年10月に娘が誕生し、2017年1月には息子が誕生している。

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

出典:[50][51]

クラブ シーズン 国内リーグ 国内カップ 欧州カップ 合計
所属リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
フォレスタ・スチャヴァII 1997-98 ディヴィジアB 14 0 0 0 - 14 0
合計 14 0 0 0 - 74 23
フォレスタ・スチャヴァ 1998-99 ディヴィジアB 2 0 0 0 - 16 3
1999-2000 ディヴィジアA 15 0 0 0 - 15 0
2000-01 ディヴィジアB 11 2 0 0 - 11 2
合計 28 2 0 0 - 28 2
グロリア・ブザウ (loan) 1998-99 ディヴィジアB 19 0 0 0 - 19 0
合計 19 0 0 0 - 19 0
チャフラウル 2001-02 ディヴィジアA 9 0 0 0 - 9 0
2002-03 23 2 0 0 - 23 2
2003-04 13 0 0 0 2 1 15 1
合計 45 2 0 0 2 1 47 3
バカウ 2003-04 ディヴィジアA 12 0 0 0 - 12 0
2004-05 14 2 0 0 - 14 2
合計 26 2 0 0 - 26 2
ステアウア・ブカレスト 2004-05 ディヴィジアA 4 0 0 0 0 0 4 0
2005-06 24 2 1 0 14 5 39 7
2006-07 リーガ1 28 1 3 0 11 0 42 1
2007-08 23 2 0 0 8 3 33 5
2008-09 27 1 0 0 7 1 34 1
2009-10 1 0 0 0 3 0 4 0
合計 107 6 4 0 43 9 154 15
パレルモ 2009-10 セリエA 14 0 0 0 - 14 0
2010-11 16 1 3 0 3 0 22 1
合計 30 1 3 0 3 0 36 1
レンジャーズ 2011-12 スコティッシュ・プレミアリーグ 33 0 3 1 2 0 38 1
2012-13 フットボールリーグ・ディヴィジョン3 2 0 1 0 - 3 0
合計 35 0 4 1 2 0 41 0
スペツィア (loan) 2012-13 セリエB 26 2 0 0 - 26 2
合計 26 2 0 0 - 26 2
アステラス・トリポリス 2013-14 ギリシャ・スーパーリーグ 29 1 2 0 1 0 32 1
2014-15 27 1 3 1 9 1 39 1
2015-16 13 0 2 0 3 0 18 0
合計 69 2 7 1 13 1 89 4
総通算 399 17 22 2 63 12 484 31

代表での成績[編集]

出典:[52]

ルーマニア代表
出場 得点
2005 1 0
2006 5 1
2007 11 2
2008 9 2
2009 6 0
2010 4 0
2011 7 0
2012 7 0
2013 10 0
2014 1 0
Total 61 5

代表での得点[編集]

出典:[52]

タイトル[編集]

ステアウア・ブカレスト

脚注[編集]

  1. ^ "Dorin Goian, ultima achizitie a Stelei"
  2. ^ "100.000 de dolari pentru transferul lui Dorin Goian la Steaua"
  3. ^ "Dorin Goian e 100% al Stelei"
  4. ^ "Fairytale finish for Middlesbrough"
  5. ^ "Dorin Goian:"
  6. ^ "Dortmund a renuntat la Goian"
  7. ^ "Dorin Goian, în vizorul lui VFB Stuttgart" Archived 2009年8月11日, at the Wayback Machine.
  8. ^ "Manchester United, interesata de Dorin Goian"
  9. ^ "Goian pleaca la Manchester City!"
  10. ^ a b "Becali: "Goian va fi rezervă de acum încolo, îl las să plece pe cât vrea el""
  11. ^ "More cash and Champions League football - two reasons Goian could choose Kiev ahead of Sunderland"
  12. ^ "Sunderland track Steaua defender Goian"
  13. ^ "Goian: "Roy Keane a făcut o criză de nervi când a picat transferul meu la Sunderland""
  14. ^ "Steaua - Motherwell 3-0/ Recital ros-albastru"
  15. ^ "Becali s-a supărat pe Goian pentru ratarea penaltyului: "Nu el trebuia să bată!""
  16. ^ "Official: Dorin Goian Joins Palermo From Steaua Bucharest"
  17. ^ a b "Rangers await work permit for defender Dorin Goian"
  18. ^ "Goian aşteaptă revanşa cu Catania"
  19. ^ "Goian goal sees Palermo punish Milan"
  20. ^ "Rangers go for Palermo defender Goian"
  21. ^ "Rangers' Dorin Goian cleared to play in Champions League qualifier"
  22. ^ "St Johnstone 0–2 Rangers" BBC Sport
  23. ^ "Unlikely Rangers heroes Carlos Bocanegra and Dorin Goian look to develop partnership"
  24. ^ "Falkirk 3–2 Rangers" BBC Sport
  25. ^ "Goian admits Gers uncertainty"
  26. ^ "Make up your mind! Goian in U-turn as defender demands to leave relegated Rangers"
  27. ^ "Ramsdens Challenge Cup: Brechin City 1 Rangers 2 (after extra time)"
  28. ^ "I’m Goian nowhere"
  29. ^ "Rangers defender Dorin Goian set for switch to England"
  30. ^ "Transfer News: Dorin Goian and Carlos Bocanegra to leave Rangers"
  31. ^ "Early release proves rich reward for Goian"
  32. ^ "Rangers: Dorin Goian leaves as Maurice Edu is linked with Stoke"
  33. ^ "Dorin Goian: I will come back to Rangers once my loan to Spezia is up"
  34. ^ "Dorin Goian a debutat la Spezia cu o victorie dramatică :O"
  35. ^ "Dorin Goian, suspendat patru etape în Italia, pentru că a îmbrâncit un arbitru"
  36. ^ "Goian, 4 etape afară! » Suspendare dură după ce l-a împins pe arbitru în Spezia - Juve Stabia 2-3"
  37. ^ "Dorin Goian could return to Rangers after four-match ban leaves Spezia chiefs fuming"
  38. ^ "Goian, la prima reuşită a sezonului! "Goe" a marcat, dar Spezia a pierdut acasă cu Padova"
  39. ^ "Golul cu Padova i-a salvat viitorul la Spezia: "Goian va fi un jucător important al nostru în a doua parte a sezonului""
  40. ^ "I may quit football because I feel too old, says on-loan Rangers star Dorin Goian"
  41. ^ "Goian, going, gone en route to Greece"
  42. ^ "Fanii l-au primit cu flori » Dorin Goian a semnat cu Asteras Tripolis"
  43. ^ a b "Cristi Chivu şi Dorin Goian, copiii lui Piţi"
  44. ^ "Romania 3-1 Belarus" uefa.com
  45. ^ "Goian glee as Romania beat Dutch"
  46. ^ "Preşedintele Băsescu a decorat marţi o sută de glorii ale fotbalului românesc din ultimii 50 de ani"
  47. ^ Dorin Goian va colabora cu Daniel Bălan pe banca tehnică a Bucovinei Rădăuţi”. Monitorul de Suceava (2017年11月13日). 2018年5月17日閲覧。
  48. ^ "Dorin Goian, cel mai bun fundaş central"
  49. ^ "GOE E NASCUT INVINGATOR!"
  50. ^ Dorin Nicolae GOIAN”. statisticsfootball. 2015年5月20日閲覧。
  51. ^ Nicolae Dorin Goian”. footballdatabase. 2015年5月20日閲覧。
  52. ^ a b Dorin Goian”. eu-football. 2015年5月18日閲覧。