ドリームインキュベータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社ドリームインキュベータ
Dream Incubator Inc.
DI mark.jpg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4310
2002年5月10日上場
略称 DI
本社所在地 日本の旗 日本
100-0013
東京都千代田区霞が関三丁目2番6号
設立 2000年平成12年)4月20日
業種 サービス業
法人番号 6010001141902
事業内容 戦略コンサルティング事業
インキュベーション事業
代表者 堀 紘一(代表取締役会長)
山川 隆義(代表取締役社長)
資本金 4,915百万円
2016年3月末日現在)
発行済株式総数 10,244千株
売上高 連結:14,526百万円
(2017年3月期)
営業利益 連結:517百万円
(2017年3月期)
純利益 連結:101百万円
(2017年3月期)
純資産 連結:10,967百万円
(2017年3月期)
総資産 連結:17,3478百万円
(2017年3月期)
従業員数 連結:493名 単独:101名
(2017年3月末日現在)
決算期 3月31日
主要株主 堀 紘一 14.0%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社7.1%
古谷 昇 6.1%
オリックス株式会社 4.7%
(2017年3月末日現在)
主要子会社 アイペット損害保険(株)
Dream Incubator Vietnam Joint Stock Company
得爱(上海)企业管理咨询有限公司
DI Asian Industrial Fund, L.P.
関係する人物 宮内義彦(元社外取締役)
外部リンク http://www.dreamincubator.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ドリームインキュベータ: Dream Incubator Inc.)は、東京都千代田区に本社を置き、コンサルティング並びに投資事業を行う。堀紘一2000年平成12年)に創立。

沿革[編集]

  • 2000年(平成12年)4月 - ボストンコンサルティンググループの日本代表であった堀紘一が創立。
  • 2002年(平成14年)5月 - 東京証券取引所マザーズに上場。
  • 2005年(平成17年)9月 - 東京証券取引所1部へ指定替え。
  • 2007年(平成19年)11月 - Dream Incubator (Vietnam) Joint Stock Companyを設立(連結子会社)。
  • 2009年(平成21年)2月 - DI Investment Partners Limitedを設立(持分法適用関連会社)。
  • 2010年(平成22年)6月 - DI Asian Industrial Fund, L.P.(DIアジア産業ファンド)を組成(持分法適用関連会社)
  • 2010年(平成22年)7月 - 株式会社リバリュー(連結子会社)が株式会社リンクスタッフの返品物流事業を譲り受け、リバースサプライチェーン事業の営業を開始。
  • 2010年(平成22年)12月 - 中国上海市に現地法人得爱(上海)企业管理咨询有限公司を設立(連結子会社)。
  • 2011年(平成23年)2月 - 株式会社アイペットの発行済株式数の82.11%(議決権ベース)を取得し、連結子会社化。
  • 2011年(平成23年)6月 - 東京都千代田区霞が関に本社を移転。
  • 2011年(平成23年)8月 - シンガポールにDREAM INCUBATOR SINGAPORE PTE. LTD.を設立(連結子会社)。
  • 2012年(平成24年)2月 - 日本知財ファンド1号投資事業有限責任組合(連結子会社)を設立し、東京ガールズコレクション(TGC)の商標権を60%取得。
  • 2012年(平成24年)3月 - 株式会社アイペットが損害保険業免許を取得しアイペット損害保険株式会社に商号変更。
  • 2015年(平成27年)7月 - NEDOの研究開発型ベンチャー支援VCに認定
  • 2015年(平成27年)7月 - 東京ガールズコレクションの商標権をディー・エル・イーに譲渡
  • 2016年(平成28年)1月 - 連結子会社株式会社リバリューを株式会社オークファンに譲渡
  • 2016年(平成28年)2月 - インドVCのBlume Ventures(ブルーム)と戦略的業務提携・同社運営のファインドにも出資
  • 2016年(平成28年)3月 - Wrap Media, LLCへの追加投資及び戦略的パートナーシップの締結
  • 2016年(平成28年)9月 - インドムンバイ市に駐在員事務所を設立

事業概要[編集]

IPOを前提とするベンチャー・キャピタル投資事業のほか、企業向けプロフェッショナルサービスとして、事業創造に向けたコンサルティング(プロデュース)、戦略コンサルティング、アジア展開支援、M&A支援、人材育成支援、事業投資・育成を行う。また、アセットリクイデーション事業、ペット向け医療保険事業、知的財産権への投資、コンテンツマネジメント等の事業をグループ会社で行っている。

インターネット掲示板の投稿監視などを主業務とするイー・ガーディアンへの投資では、同社の東証マザーズ上場にともなって、莫大なキャピタル・ゲインを得た[1][2]

主な出版物[編集]

  • 『社長、ウチにもCTOが必要です』(DI監修、日経BP総研クリーンテック研究所)
  • 『3000億円の事業を生み出すビジネスプロデュース成功への道』(三宅孝之・島崎崇著、PHP研究所)
  • 『自分を変える読書術』(堀紘一著、SBクリエイティブ株式会社)
  • 『3000億円の事業を生み出すビジネスプロデュース戦略』(三宅孝之・島崎崇著、PHP研究所)
  • 『オープン&クローズ戦略』増補改訂版 (特別顧問 小川紘一著、翔泳社)
  • 『コンサルティングとは何か』(堀紘一著、PHP研究所)
  • 『日本の成長戦略』(堀紘一著、PHP研究所)
  • 『リーダーシップの本質 改訂3版』(堀紘一著、ダイヤモンド社)
  • 『世界連鎖恐慌の犯人』(堀紘一著、PHP研究所)
  • 『一流の人は空気を読まない』(堀紘一著、角川書店)
  • 『青春支援企業』(山田清機著、プレジデント社)
  • 『M&Aで生き残る企業、消え去る企業』(堀紘一・藤田勉共著、PHP研究所)
  • 『もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法』(古谷昇著、PHP研究所)
  • 『知恵は金なり-これから5年を勝ち抜く為の経営学教科書』(ドリームインキュベータ著、PHP研究所)

脚注[編集]

  1. ^ NSJコラム 2010年12月2日 日本証券新聞(アーカイブ)。
  2. ^ イー・ガーディアン - M&A Online。

関連項目[編集]