ドリームタイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ドリームタイドDreamtide, 2001年-)は、ドイツハードロックバンド。

前身であるフェア・ウォーニングギタリスト、ヘルゲ・エンゲルケ(Helge Engelke)が中心となって結成した。その他のメンバーはオラフ・ゼンクバイル(Olaf Senkbeil, ボーカル)、元THUNDERHEADのオーレ・ヘンペルマン(Ole Hempelmann, ベース)、フェア・ウォーニングのメンバーであるC・C・ベーレンス(C・C・Behrens, ドラム)、フェア・ウォーニングのツアーメンバーであるトーステン・リューダーヴァルト(Torsten Luederwaldt, キーボード)。

来歴[編集]

2000年にフェア・ウォーニングが日本公演の後に解散。ライブの後、いつもの通り曲を作り始めていたヘルゲは、自分の曲を発表する為のバンドが必要と考え、カバーバンドのボーカルをやっていたオラフ・ゼンクバイル、10年来の親友であり、フェア・ウォーニングのツアーメンバーであったキーボードのトーステン・リューダーヴァルト、暇を持て余していたフェア・ウォーニングの元ドラマー、C・C・ベーレンス、元サンダーヘッドのオーレ・ヘンペルマンを誘い、ドリームタイドを結成。

2001年、シングル「What you believe in」を出した後、デビューアルバム『HERE COMES THE FLOOD』を発表。*2003年、2ndアルバム『DREAMS FOR THE DARING』をリリース。

2008年、3rdアルバム『DREAM AND DELIVER』をリリース。なお、このアルバムではベースのオーレ・ヘンペルマンが個人的な理由で参加不能となったため、元スコーピオンズのフランシス・ブッフホルツが代役として参加。

メンバー[編集]

  • ヘルゲ・エンゲルケ(Helge Engelke)guitar
  • オラフ・ゼンクバイル(Olaf Senkbeil)vocals
  • オーレ・ヘンペルマン(Ole Hempelmann)Bass
  • C・C・ベーレンス(C・C・Behrens)drums
  • トーステン・リューダーヴァルト(Torsten Luederwaldt)keyboards

アルバム[編集]

  1. HERE COMES THE FLOOD (2001)
  2. DREAMS FOR THE DARING (2003)
  3. DREAM AND DELIVER (2008)

関連事項[編集]