ドリームランド (ロバート・プラントのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドリームランド
ロバート・プラントスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル フォークロックサイケデリック・ロックハードロックブルースロック
時間
レーベル マーキュリー・レコード
プロデュース ロバート・プラント、フィル・ブラウン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 19位(ドイツ[2]
  • 20位(イギリス[3]
  • 26位(ノルウェー[4]
  • 35位(フィンランド[5]
  • 40位(アメリカ[6]
  • 43位(ベルギー・ワロン地域[7]
  • 52位(スウェーデン[8]
  • 66位(フランス[9]
  • 69位(オーストリア[10]
  • 74位(スイス[11]
ロバート・プラント 年表
フェイト・オブ・ネイションズ
(1993年)
ドリームランド
(2002年)
Sixty Six to Timbuktu
(2003年)
テンプレートを表示

ドリームランド』(Dreamland)は、ロバート・プラント2002年に発表したスタジオ・アルバムジミー・ペイジと連名のライヴ・アルバム『ノー・クォーター』(1994年)及びスタジオ・アルバム『ウォーキング・イントゥ・クラークスデイル』(1998年)を挟んで発表された作品で、9年振りのソロ・アルバム。

背景[編集]

プラントが2001年に結成したバンド「ストレンジ・センセーション」のメンバーと共に制作された。収録曲の半数以上がカヴァー曲で、「ファニー・イン・マイ・マインド(アイ・ビリーヴ・アイム・フィクシン・トゥ・ダイ)」はブッカ・ホワイトの楽曲「Fixin' to Die Blues」をアレンジしたもの。「ウィン・マイ・トレイン・フェア・ホーム(イフ・アイ・エヴァー・ゲット・ラッキー)」は、ストレンジ・センセーションのメンバー6人の共作としてクレジットされているが、アーサー・クルーダップの「If I Ever Get Lucky」、ロバート・ジョンソンの「Milk Cow's Calf Blues」、ジョン・リー・フッカーの「Crawlin' King Snake」、そしてクルーダップの「That's Alright Mama」の4曲が引用されており、アルバムのクレジットには、それらの曲のパブリッシャーが明記されている[12]

当初は『ヘッド・ファースト』というタイトルになる予定だったが[13]、最終的には『ドリームランド』に変更された。「モーニング・デュー」と「ダークネス・ダークネス」はミュージック・ビデオも作られた[14]

評価[編集]

第45回グラミー賞では本作が最優秀ロック・アルバム賞にノミネートされ、収録曲「ダークネス・ダークネス」が最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞にノミネートされた[15]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はロバート・プラント、ジャスティン・アダムス、クライヴ・ディーマー、ジョン・バゴット、チャーリー・ジョーンズ、ポール・トンプソンの共作。

  1. ファニー・イン・マイ・マインド(アイ・ビリーヴ・アイム・フィクシン・トゥ・ダイ) - "Funny in My Mind (I Believe I'm Fixin' to Die)" (Bukka White, Robert Plant, Justin Adams, Clive Deamer, John Baggot, Charlie Jones, Porl Thompson) - 4:44
  2. モーニング・デュー - "Morning Dew" (Bonnie Dobson, Tim Rose) - 4:24
  3. ワン・モア・カップ・オブ・コーヒー - "One More Cup of Coffee" (Bob Dylan) - 4:01
  4. ラスト・タイム・アイ・ソー・ハー - "Last Time I Saw Her" - 4:39
  5. ソング・トゥ・ザ・サイレン - "Song to the Siren" (Tim Buckley, Larry Beckett) - 5:52
  6. ウィン・マイ・トレイン・フェア・ホーム(イフ・アイ・エヴァー・ゲット・ラッキー) - "Win My Train Fare Home (If I Ever Get Lucky)" - 6:01
  7. ダークネス・ダークネス - "Darkness Darkness" (Jesse Colin Young) - 7:08
  8. レッド・ドレス - "Red Dress" - 5:21
  9. ヘイ・ジョー - "Hey Joe" (Billy Roberts) - 7:02
  10. スキップズ・ソング - "Skip's Song" (Skip Spence) - 4:45

ボーナス・トラック[編集]

イギリス盤及び日本盤CDに収録。

  1. ダート・イン・ア・ホール - "Dirt in a Hole" - 4:46

参加ミュージシャン[編集]

アディショナル・ミュージシャン

  • B.J.コール - ペダル・スティール(#5)
  • Raj Das - バッキング・ボーカル
  • May Clee Cadman - バッキング・ボーカル
  • Ginny Clee - バッキング・ボーカル

脚注[編集]