ドレスデン市電NGT D12DD形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
フレキシティ > フレキシティ・クラシック > ドレスデン市電NGT D12DD形電車
ドレスデン市電NGT D12DD形電車
DVB 2829 (NGTD12DD) at Altmarkt, Dresden.jpg
NGT D12DD(2006年撮影)
基本情報
運用者 ドレスデン交通企業体ドイツ語版
製造所 ボンバルディア・トランスポーテーション
製造年 2003年 - 2005年2009年 - 2010年
製造数 43両(2801 - 2843)
投入先 ドレスデン市電
主要諸元
編成 5車体連接車、片運転台
軸配置 Bo'Bo'2'2'Bo'Bo'
軌間 1,450 mm
最高速度 70.0 km/h
車両定員 260人(着席107人)
(乗客密度4人/m2
車両重量 56.7 t
全長 45,090 mm
全幅 2,300 mm
主電動機 誘導電動機
主電動機出力 85 kw
出力 680 kw
制御方式 VVVFインバータ制御
備考 主要数値は[1][2][3][4][5]に基づく。
テンプレートを表示

NGT D12DDは、ドイツの都市・ドレスデン路面電車であるドレスデン市電で使用されている電車ボンバルディア・トランスポーテーションが展開する超低床電車(部分超低床電車)ブランドのフレキシティ・クラシックの1車種である[1][2]

概要・運用[編集]

フレキシティ・クラシックは、ボンバルディア・トランスポーテーションが展開する路面電車ブランドで、動力台車に回転軸を有するボギー台車を用いる事で走行特性の向上や騒音・振動の抑制、線路の摩耗の減少を図る部分超低床電車である。その中でNGT D12DDは、全長45 mの長大編成で構成される「フレキシティ・クラシック・XXL」と呼ばれる車種となっている[3][6]

ステンレス鋼製の車体を有する片運転台の5車体連接車で、ボギー台車を有する3つの車体が台車が存在しないフローティング車体を挟み込む編成となっている。両開きの乗降扉は各車体の右側面に1箇所づつ配置され、シングルアーム式パンタグラフが屋根上に設置されている前方車体には乗務員扉も存在する。座席配置は2 + 1列掛けのクロスシートを基本としているが、低床構造となっている中間車体にはロングシートが設置されている他、車椅子が設置可能なフリースペースも存在する。動力台車は前後車体にあり、編成全体の出力は680 kwである[1][2][6]

2000年に32両の発注が行われ、2003年から製造が始まった。更に2008年には11両の追加発注が行われ翌2009年から導入されたため、2020年現在43両(2801 - 2843)が在籍する。これらの車両のうち、最初に導入された32両(2801 - 2832)については2006年ザクセン自由州に属する各都市の名前が付けられている他、ドレスデン市電における100両目の超低床電車となった2817については「ザクセン自由州(Freistaat Sachsen)」と命名されている[1][7][8]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Barrierefreie Straßenbahnen”. Dresdner Verkehrsbetriebe AG. 2020年7月24日閲覧。
  2. ^ a b c d Ryszard Piech (2009年2月17日). “Tramwaje niskopodłogowe w Dreźnie”. Infotram. 2020年7月24日閲覧。
  3. ^ a b c Leipziger Nahverkehr” (ドイツ語) (2003年12月22日). 2020-◎-×閲覧。
  4. ^ Trevor Griffin; Transit Cooperative Research Program (2006). Center Truck Performance on Low-floor Light Rail Vehicles. TCRP Report 114. Transportation Research Board. pp. 8. ISBN 9780309098632 
  5. ^ 国際協力機構; 東京都交通局; アルメック VPI (2017-11). 添付資料 2 都市鉄道のシステム (Report). 鉄道整備と都市・地域開発を連携させる開発のあり方に関する調査最終報告書. pp. 27. http://open_jicareport.jica.go.jp/pdf/12305538_02.pdf 2020年7月24日閲覧。. 
  6. ^ a b Stefan Vockrodt (2010年4月). “Die Revolution Flexity Classic – Niederflur auf Drehgestellen”. STRASSENBAHN MAGAZIN. 2020年7月24日閲覧。
  7. ^ Bombardier obtains German tram order, unveils new car design in London”. Progressive Railroading. TradePress Medie Group (2004年9月22日). 2020年7月24日閲覧。
  8. ^ Dresden: Weitere Straßenbahnen NGT D12DD”. Eurailpress.de (2008年3月17日). 2014年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月24日閲覧。
  9. ^ 鹿島雅美「ドイツの路面電車全都市を巡る 2」『鉄道ファン』第46巻第1号、交友社、2006年1月1日、 161頁。