ドロンガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ドロンガ満州語: ᡩᠣᠷᠣᠩᡤᠠ 転写:dorongga、多隆阿1817年 - 1864年)、字は礼堂、フルラト氏(hurlat hala、呼爾拉特氏)、満州正白旗人チチハル出身の朝の軍人。その勇猛ぶりは「北多南超」(鮑超)として知られた。

1853年、内閣学士勝保(シェンバオ)に従い太平天国北伐軍に大勝している。1857年には湖広総督官文(グワンウェン)・湖南巡撫胡林翼に従いドシンガとともに武漢黄州黄梅を奪還し、湖北省を平定した。その後陝西将軍に任じられ回民蜂起を鎮圧、1864年3月からは太平天国軍と連合した藍朝柱の蜂起軍と西安西方100kmの盩厔で会戦した。この戦いはドロンガ側の勝利となったが、ドロンガ自身は流れ弾より負傷、その傷が原因となり5月18日に死亡した。