ドローレス・ビダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドローレス・ビダル
基本情報
通称 Gallito
階級 スーパーフライ級
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 (1977-03-11) 1977年3月11日(40歳)[1]
出身地 タバスコ州の旗 タバスコ州
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 9
勝ち 0
敗け 9
テンプレートを表示

ドローレス・ビダル(Dolores Vidal、男性、1977年3月11日 - )は、メキシコプロボクサータバスコ州出身。ドローレス・オソリオ (Dolores Osorio) とも。日本ボクシングコミッションの発表によると亀田興毅戦を控えた時点での戦績は29戦21勝 (19KO) 8敗[1]

2005年10月29日、アレハンドロ・エルナンデスに2RTKO負け。2008年8月29日、イサック・ブストス(メキシコ)に0-3の8R判定負け。2009年には初めて日本に遠征し、3月4日に行われたさいたまスーパーアリーナでの10回戦でWBCフライ級20位として亀田興毅と戦ったが、2RKO負けをした[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b プロボクシング試合組合せ表 - 2009年3月4日”. 日本ボクシングコミッション (2009年3月3日). 2010年3月16日閲覧。
  2. ^ 亀田興毅VSドローレス・ビダル/2階級制覇へ猛デモ!興毅 連打で2回KO”. スポーツニッポン (2009年3月5日). 2010年7月20日閲覧。

関連項目[編集]