ドワイト・スミス (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドワイト・スミス
Dwight Smith
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州レオン郡タラハシー
生年月日 (1963-11-08) 1963年11月8日(54歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1984年 6月MLB二次ドラフト3巡目(全体62位)でシカゴ・カブスから指名
初出場 1989年5月1日
最終出場 1996年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョン・ドワイト・スミスJohn Dwight Smith, 1963年11月8日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州レオン郡タラハシー出身の元プロ野球選手外野手)。右投左打。

息子のドワイト・スミス・ジュニアもメジャーリーガーである[1]

経歴[編集]

1984年1月のMLBドラフト3巡目(全体71位)でトロント・ブルージェイズから指名されたが、この時は入団しなかった。同年6月の二次ドラフト3巡目(全体62位)でシカゴ・カブスから指名され、プロ入り。

1989年は開幕をマイナーで迎えたが、5月1日にメジャーデビューすると、そこから左翼手のレギュラーに定着し、チームの地区優勝に貢献。この年は109試合に出場して打率.324・9本塁打・52打点・9盗塁の成績を残し、同僚でナショナルリーグ新人王となったジェローム・ウォルトンと同賞を争った[2]

1990年以降はルーキーイヤーのような成績を残せず、次第に控え外野手としてプレーするようになる。それでも1993年には打率.300・11本塁打の好成績を残した。

アトランタ・ブレーブスへ移籍した1995年にはワールドシリーズ優勝メンバーとなった。

1997年には独立リーグノーザンリーグ(当時)のセントポール・セインツでプレーした。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 18(1989年 - 1993年)
  • 35(1994年 - 同年途中)
  • 30(1994年途中 - 同年終了)
  • 7(1995年 - 1996年)

脚注[編集]

  1. ^ Dwight Smith Jr. stats MiLB.com (英語)
  2. ^ 「26球団’89シーズン回顧 シカゴ・カブス」『1989大リーグ総集編』 週刊ベースボール1990年1月13日増刊号 ベースボール・マガジン社 84頁

関連項目[編集]