ドンカラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ドンカラス
全国
ムウマージ - ドンカラス(#430) - ニャルマー
シンオウ
ヤミカラス - ドンカラス(#075) - ニャルマー
基礎データ
英語名 Honchkrow
進化体系 1進化ポケモン
進化前 ヤミカラス
進化後 なし
世代 第4世代
ポケモン学
分類 おおボスポケモン
タイプ あく / ひこう
高さ 0.9m
重さ 27.3kg
特性 ふみん / きょううん
かくれ特性 じしんかじょう
テンプレートを表示

ドンカラスは、ポケットモンスターシリーズに登場する655種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴 [編集]

ヤミカラスの進化形。胸部がせり出し、首筋から胸元にかけて白いあご鬚を思わせる毛に覆われ、貫禄が増した姿となる。尻尾以外の全身が黒い羽毛に覆われており、黒いテンガロンハットを被ったような形状の頭部を持つ。

尻尾と羽の内側はえんじ色をしており、尻尾は模様とあいまって赤い花束のようにも見える。

昼は餌等の調達をヤミカラスに任せて羽づくろいをし、夜になると活動を始め、たくさんのヤミカラスを引き連れて群れをつくるのは、まさしく首領(ドン)である。子分のヤミカラスの失敗は決して許さない冷酷な性格である。

ゲームでのドンカラス [編集]

ダイヤモンド・パール』で初登場。ヤミカラスに「やみのいし」を使用することで進化する。ゲーム中に登場する悪の組織・ギンガ団のボス、アカギもこのポケモンを使用する。

ハートゴールド・ソウルシルバー』では強化後のキキョウジムリーダー・ハヤトと四天王・カリンが手持ちポケモンとして使用する。

進化前に比べ「HP」「こうげき」「とくこう」が大きく伸びるが、「すばやさ」が落ちる。しかしすばやさの低さもヤミカラス時に覚えられる「ふいうち」を使ってある程度はカバーできる。また、「ぼうぎょ」「とくぼう」といった防御面の能力はあまり上昇せず、ヤミカラス同様に低い。進化前とはレベルアップで覚えられる技が一部異なり、「わるだくみ」「つじぎり」「あくのはどう」などを覚えるようになるが「ナイトヘッド」「ダメおし」「くろいまなざし」などを覚えなくなる。

あくタイプ特殊最強クラスポケモンに選ばれた。

アニメでのドンカラス [編集]

ダイヤモンド&パール』(以下DP)ではシンジの手持ちポケモンとして登場。シンジ (アニメポケットモンスター)#シンジのポケモンを参照。

映画でのドンカラス [編集]

ディアルガVSパルキアVSダークライ』にマキのポケモンとして登場。声優逢坂力

ポケモンカードでのドンカラス [編集]

悪タイプの1進化ポケモン。初登場はポケモンカードDP 拡張パック「湖の秘密」。ポケボディー「やみのいでんし」の効果により、自分の場のヤミカラスはこのカードの持つ技「くろいはばたき」を自分の技として、エネルギー無しで使用できる。ただし、技の使用に必要なエネルギーがこのカードについている必要がある。

関連項目 [編集]