ドンキーのナンセンス劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドンキーのナンセンス劇場
ジャンル バラエティ番組
出演者 ドンキーカルテット
製作
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
ドンキーのナンセンス劇場
放送期間 1969年4月1日 - 1969年5月6日
放送時間 火曜 21:00 - 21:30
放送分 30分
回数 4
ドンキーのお笑い寄席
放送期間 1969年5月13日 - 1969年9月30日
放送時間 火曜 21:00 - 21:30
放送分 30分
回数 9
テンプレートを表示

ドンキーのナンセンス劇場』(ドンキーのナンセンスげきじょう)は、1969年4月1日から同年5月6日までフジテレビ系列局で放送されていたフジテレビ製作のバラエティ番組である。その後も1969年5月13日から同年9月30日まで『ドンキーのお笑い寄席』(ドンキーのおわらいよせ)に改題して放送されていた。いずれも大日本除虫菊の一社提供。通算13回(改題前は4回、改題後は9回)。

概要[編集]

ドンキーカルテット主演の冠番組シリーズ。

放送時間は火曜 21:00 - 21:30 (日本標準時)だったが、毎週放送されていたわけではなく、プロ野球ナイター中継(当時の枠は20:00 - 21:26)の無い週のみに編成されていた[1]。ナイター雨天中止時の雨傘番組には別の90分映画が割り当てられており、本番組はナイターの決行・中止と関係なく休止にされていた。

放送リスト[編集]

放送日
(1969年)
ゲスト 備考
1 4月1日 森進一晴乃チック・タック
2 4月8日 獅子てんや・瀬戸わんや
3 4月22日 四代目桂米丸[要曖昧さ回避]泉アキ
4 5月6日 てんぷくトリオ東京ぼん太
5 5月13日 初代林家三平一家 この回をもって改題
6 5月27日 ギャグ・メッセンジャーズ、ヒデとロザンナ
7 6月10日 若井はんじ・けんじ四代目三遊亭金馬
8 6月24日 四代目三遊亭小圓遊じゅん&ネネ
9 7月8日 トリオ・スカイライン青空はるおあきお
10 7月15日 小川知子横山やすし・西川きよし
11 8月12日 佐良直美Wけんじ早野凡平
12 8月26日 都はるみ、獅子てんや・瀬戸わんや、二代目桂伸治
13 9月23日 かしまし娘梓みちよ

参考:朝日新聞縮刷版』朝日新聞社、1969年4月1日 - 同年9月23日付のラジオ・テレビ欄。

放送局[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 産経新聞産業経済新聞社、1969年4月1日付のラジオ・テレビ欄。"ナイター中継のない時に放送"。 
  2. ^ a b 『北國新聞』1969年4月1日付朝刊、テレビ欄。

参考文献[編集]

フジテレビ系列 火曜21:00枠
【本番組の放送期間中のみ大日本除虫菊一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
市子と令子(第2シリーズ)
(1968年10月1日 - 1969年3月25日)
ドンキーのナンセンス劇場
(1969年4月1日 - 1969年5月6日)

ドンキーのお笑い寄席
(1969年5月13日 - 1969年9月30日)
エスカレーションクイズ「対決!1対10」
(1969年10月7日 - 1969年12月30日)