ドン・ロジャース (ディフェンスバック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ドン・ロジャース

Don Rogers  No. 20

ディフェンスバック
生年月日:1962年9月17日
没年月日:1986年6月27日(満23歳没)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アーカンソー州テクサーカナ
身長:6' 1" =約185.4cm 体重:206 lb =約93.4kg
NFLデビュー
1984年クリーブランド・ブラウンズ
経歴
大学カリフォルニア大学ロサンゼルス校
NFLドラフト1984年 / 1巡目(全体の18番目)
 所属チーム:
通算成績
(1985までの成績)
インターセプト     2回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ドン・ロジャース(Don Rogers 1962年9月17日-1986年6月27日)はアーカンソー州テクサーカナ出身のアメリカンフットボール選手。NFLクリーブランド・ブラウンズで2シーズンプレーした。

UCLA在学中は1983年のローズボウルでトム・ラムジーと共にMVPに選ばれた。また1984年のローズボウルではイリノイ大学のQBジャック・トルドーからローズボウル記録タイとなる2インターセプトをマークしている。1984年のNFLドラフトクリーブランド・ブラウンズに1巡目全体18位で指名されて入団した。1984年,1985年と2年間プレーした。

1986年母親の自宅で彼は焼け付くような痛みを感じてベッドから飛び起きたが数時間後に亡くなった。NBAドラフトで指名されたレン・バイアスコカインの濫用で亡くなったわずか8日後のことであった[1]。彼らの死を受けて薬物とスポーツ選手の関係が議論されるようになった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • Harvey, Sean D.. One Moment Changes Everything: The All-America Tragedy of Don Rogers He left behind a son Don jr. Sports Publishing, Inc.. ISBN 1596702311. 

関連項目[編集]

先代:
チップ・バンクス
クリーブランド・ブラウンズ
ドラフト1巡指名
1984年
次代:
マイク・ジャンキン