ドヴ・ハニーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドヴ・ハニーン

ドヴ・ハニーンヘブライ語:דב חנין, 1958年1月10日 - )は、イスラエル政治家法律家政治学者。ユダヤ系イスラエル人。所属政党はハダシュ。ハダシュを構成する一部門であるイスラエル共産党(マキ)中央委員会のメンバー。父ダヴィド・ハニーンはマキのリーダーであった。

来歴[編集]

ペタク・チクヴァにて生まれる。兵役終了後、ヘブライ大学で法学を学び、法学士の学位を得る。大学卒業後、弁護士として働く。2000年テルアビブ大学政治学博士号を取得。以降オックスフォード大学ポスドクとして働いた。

2003年クネセト選挙に立候補するも落選。2006年の総選挙で初当選を果たす。2009年の総選挙でも当選、2015年現在もクネセト議員の地位にある。

政治姿勢[編集]

社会経済の平等と、環境保護を実現するために積極的に活動している。

宗教[編集]

無神論者である。

関連項目[編集]