ド・ヘイヴン (DD-469)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
USSDehavenDD469.jpg
艦歴
発注
起工 1941年9月27日
進水 1942年6月28日
就役 1942年9月21日
退役
除籍
その後 1943年2月1日に戦没
性能諸元
排水量 2,050トン
全長 376 ft 5 in (114.7 m)
全幅 39 ft 7 in (12.1 m)
吃水 17 ft 9 in (5.4 m)
機関 2軸推進、60,000 shp (45 MW)
最大速 35ノット (65 km/h)
航続距離 6,500海里 (12,000 km)
15ノット(28km/h)時
乗員 329名
兵装 38口径5インチ砲5門
40mm対空砲10門
20mm対空砲7門
21インチ魚雷発射管10門
爆雷軌条2軌、爆雷投射機6器

ド・ヘイヴン (USS De Haven, DD-469) は、アメリカ海軍駆逐艦フレッチャー級駆逐艦の一隻。艦名は19世紀のアメリカ海軍士官で探検家でもあったエドウィン・ド・ヘイヴン英語版中尉に因む。ド・ヘイヴンは第二次世界大戦におけるフレッチャー級駆逐艦初の喪失艦で、竣工後わずか133日でその艦歴を閉じた。

艦歴[編集]

ド・ヘイヴンはメイン州バスバス鉄工所社で1941年9月27日に起工し、1942年6月28日にド・ヘイヴン中尉の孫娘にあたるド・ヘイヴン夫人によって進水。艦長チャールズ・E・トールマン英語版中佐の指揮下1942年9月21日に就役し、太平洋艦隊へ配属される。

就役後、ド・ヘイヴンは戦艦インディアナ (USS Indiana, BB-58) 、軽巡洋艦コロンビア (USS Columbia, CL-56) などとともに11月14日にハンプトン・ローズを出港し、11月28日にトンガタプ島に到着[1]。以降、1942年8月以来続くガダルカナル島の戦いに後詰として送られる海兵隊員を乗せた輸送船団を護衛に従事することとなる。12月7日から14日にかけて、ド・ヘイヴンはヌメアおよびエスピリトゥサント島を拠点にガダルカナル島への輸送船団の護衛にあたり、1943年1月には、いわゆる「東京急行」をけん制するためコロンバンガラ島へ二度ほど艦砲射撃を行った。

1943年に撮られた本艦

1943年2月1日、ド・ヘイヴンは駆逐艦ニコラス (USS Nicholas, DD-449) とともに高速輸送艦ストリングハム英語版 (USS Stringham, APD-6) および6隻の戦車揚陸艇英語版を伴い、島内に残存する日本軍への圧力のため、ガダルカナル島西岸部のベラヒュー地区に歩兵部隊を揚陸させた[2][3]。午後には2隻の戦車揚陸艇を伴ってガダルカナル島に向かうが、この時、ケ号作戦の支援となる日本軍航空機の接近が予告されていた。護衛の零戦40機とともにツラギ方面に来襲した九九式艦上爆撃機[4]13機は、ツラギからルンガ岬方向へ移動していたところ、「巡洋艦2隻と駆逐艦3隻」、実際にはド・ヘイヴンおよびニコラスと戦車揚陸艇を発見して攻撃に移る[5]。ド・ヘイブンもこの攻撃隊を発見し、そのうちの6機がド・ヘイヴン目がけて突入してくるのが見えたため、対空砲火で応戦した。6機のうち3機は撃墜できたが、突入してきた6機はその前に爆弾を投じていた。ド・ヘイヴンに3発の爆弾が命中し、さらにニアミスによって損傷する。3発のうち1発は艦橋上部に命中し、トールマン艦長以下ド・ヘイヴンの幹部をなぎ倒した。この被弾で艦を動かす手段は失われ、ド・ヘイヴンはサボ島の東2マイルの地点で沈没。ニコラスも至近弾で損傷した[2][3]。ド・ヘイヴンが護衛していた戦車揚陸艇が救助作業を行った。ド・ヘイヴンはコールマン艦長以下167名が戦死し、38名が負傷した。日本側はこの攻撃で「巡洋艦1隻撃沈、1隻小破」と報告した[5]

ド・ヘイヴンは第二次世界大戦の戦功で1個の従軍星章を受章した。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ SHIP'S LOG 30 April 1942 thru 31 December 1942” (英語). USS INDIANA BB-58 HOME PORT. Benjamin M. Givens. 2012年6月12日閲覧。
  2. ^ a b #戦史83p.561
  3. ^ a b Chapter V: 1943” (英語). The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II. HyperWar. 2012年6月12日閲覧。
  4. ^ #木俣水雷p.263
  5. ^ a b #戦史83p.558

参考文献[編集]

  • 防衛研究所戦史室編 『戦史叢書83 南東方面海軍作戦(2) ガ島撤収まで朝雲新聞社1975年
  • 海軍水雷史刊行会(編纂) 『海軍水雷史』 海軍水雷史刊行会、1979年
  • 駆逐艦秋雲会(編纂) 『栄光の駆逐艦 秋雲』 駆逐艦秋雲会、1986年
  • 木俣滋郎 『日本水雷戦史』 図書出版社、1986年
  • M・J・ホイットレー 『第二次大戦駆逐艦総覧』 岩重多四郎(訳)、大日本絵画、2000年。ISBN 4-499-22710-0。

関連項目[編集]

座標: 南緯09度09分 東経159度52分 / 南緯9.150度 東経159.867度 / -9.150; 159.867