ドーミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ドーミラー
全国
スカタンク - ドーミラー(#436) - ドータクン
シンオウ
チャーレム - ドーミラー(#088) - ドータクン
基礎データ
英語名 Bronzor
進化体系 たねポケモン
進化前 なし
進化後 ドータクン
世代 第4世代
ポケモン学
分類 せいどうポケモン
タイプ はがね / エスパー
高さ 0.5m
重さ 60.5kg
特性 ふゆう / たいねつ
かくれ特性 ヘヴィメタル
テンプレートを表示

ドーミラーは、ポケットモンスターシリーズに登場する655種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴 [編集]

銅鏡のような姿をしたポケモン。レントゲン写真で撮影しても何も写らず、体の構造が不明なポケモンである。また、古墳からドーミラーに形状がよく似た道具が出土しているが、関連性は不明だという。背中にはのような模様が描かれている。

ゲームでのドーミラー [編集]

ダイヤモンド・パール』より登場。「ぼうぎょ」「とくぼう」が高いが、「こうげき」「とくこう」「すばやさ」は非常に低い。レベル33でドータクンに進化する。

弱点はほのお・じめんの2タイプだが、ほのおタイプの技のダメージを半減させる「たいねつ」、じめんタイプの技を受けなくなる「ふゆう」のいずれかの特性を持つため、弱点は実質1タイプのみとなる。

シナリオ中では、ミオシティのジムリーダー・トウガンやギンガ団のしたっぱや幹部が使用する。野生のドーミラーはまれに「メタルコート」を持っていることがある。

外伝作品でのドーミラー [編集]

ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊・闇の探検隊』では「時限の塔」や「空の裂け目」などに出現する。同作では前述の2つの特性が同時に適用されるため、事実上弱点はなくなる。

アニメでのドーミラー [編集]

ダイヤモンド&パール』第60話「ズイの遺跡のアンノーン!」でギンガ団幹部のサターンの手持ちとして登場。遺跡の警備員を「さいみんじゅつ」で眠らせた。声優古島清孝

映画でのドーミラー [編集]

ディアルガVSパルキアVSダークライ』ではオープニングに登場し、フカマルとバトルをしていた。声優仁科洋平

幻影の覇者 ゾロアーク』では新聞記者・クルトのポケモンとして登場している。

ポケモンカードでのドーミラー [編集]

鋼タイプのたねポケモン。ポケモンカードDP 拡張パック「湖の秘密」で初登場した。

関連項目 [編集]