ドーラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
青とベージュのドーラン

ドーランとは、化粧品の一種で、主に演劇上演映画撮影などのためのメイクといった用途に使われる、油性の練り白粉のことである。 ただし、白粉とは言え、白色以外の物も見られる。 なお、舞台以外にも、仮装コスプレでのメイクや、兵士自衛官の野外での偽装のためのカモフラージュメイク(フェイスペイント)でも使用される。 漢字の当て字で「胴乱」と書かれる場合がある。

使用方法[編集]

舞台メイク用のスポンジに付け、スポンジで伸ばすように塗る。

固めてスティック状にしたものもあり、フランス語でbâton Dorin(バトン・ドーラン)と呼ばれる。

[編集]

の色に合わせたベージュ褐色などの色がある。さらに、特殊メイク用として、黄色茶色など、様々な色のドーランが存在する。

名称の由来[編集]

フランスの会社名(Dorin社)に由来するという説と[1]ドイツの会社名(Dohran社)に由来するという説がある[2]

軍・自衛隊での使用[編集]

各国の軍隊自衛隊において、野外での活動時の偽装を目的に黒、緑、茶色などの色のドーランを顔に塗って使用する[3]。野外での活動において、地肌が光を反射することを防いで顔を目立たなくし、敵から見つかり難くする目的を持つ。さらに、メイクの仕方により敵味方を識別できるようにする目的で使用される場合もある。

主なメーカー[編集]

舞台用途としては日本国内では三善、舞台屋、ベンナイなどのメーカーの製品が主に使用される。

出典[編集]

  1. ^ 『世界大百科事典 20』改訂新版、平凡社、2007年
  2. ^ 『広辞苑』第六版、岩波書店、2008年
  3. ^ http://jieitaisaiyou.com/%E8%87%AA%E8%A1%9B%E5%AE%98%E3%81%8C%E9%A1%94%E3%81%AB%E5%A1%97%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%82%A2%E3%83%AC/

関連項目[編集]