ナイアガラ・レーベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ナイアガラ・レーベルは、かつて大滝詠一が主宰していたレコードレーベル。2015年現在は坂口修(女婿・音楽評論家)ら大瀧家の親族が継承し、生前の作品の原盤管理を行っている。

名前の由来[編集]

ナイアガラという名前は、大瀧が尊敬してやまないフィル・スペクターのレコードレーベルが、自分の名前をもじった「フィレス」という名前であったため、それに倣ったものである。大滝=「大きい滝」の代表格であるナイアガラの滝にちなんで付けられた。レコード盤(CD)のレーベル面には"Fussa Tokyo Niagara Records"と表記されている。

サブレーベル[編集]

サブレーベルとして、Yoo-Loo養老の滝から? 読みは「ユールー」である)、Keg-on華厳滝から? 読みは「ケグ・オン」)の2つがある。大滝自身、レーベル創設当時に度々ナイアガラの由来を聞かれ、上述の理由を述べた後、「華厳でも養老でも良かったんですけどね」とオチを付けていたとインタビューで語っている。

設立の経緯[編集]

大滝が自身の1stソロ・アルバム『大瀧詠一』の原盤管理に関して、ベルウッドキングレコード)に疑問を抱いたことが発端。同社ではマスターテープ以外のレコード製作過程のマルチテープの音源が廃棄され、未発表の原盤のほとんどが失われてしまっていた。大滝は自身の作成する原盤すべてを管理・保存することを目的に、1974年にザ・ナイアガラ・エンタープライズという会社を設立。パシフィック音楽出版(PMP、現フジパシフィック音楽出版)も出資し、PMPが制作費を出す代わりに出版権を持つことになった[1]

なお『大瀧詠一』の原盤は、マスターテープ以外はキングレコードには残されておらず、ボーナストラックに収録された楽曲は、大滝が個人的に所有していたものである(『大瀧詠一』ソニー再発盤の解説より)。

1975年4月にその会社から発売された初の作品が、シュガー・ベイブのシングル「DOWN TOWN」、およびアルバム『SONGS』である。大滝自身がナイアガラ・レーベルからアルバムを発売するのは、翌月の『NIAGARA MOON』が最初となる。

略歴[編集]

1970年代[編集]

70年代は、大滝にとっては不遇の時代であり、彼の世間での知名度は皆無であった[2]

1975年
1973年より担当していた「三ツ矢サイダー」のCMソングをレコードにしてくれる会社はないかと1974年頃に、各レコード会社を回るが「CMをレコードにするなんて、バカなことを言うな」と断られる[2]。しかしエレックレコードにいた後藤由多加が、唯一「面白いじゃない」と言ってくれ[2]、「どうせやるならCMレコードだけじゃなくレーベルを作ってやってみようか」と言われエレックレコードと契約し、プライベート・レーベル「ナイアガラ・レコード」を設立した[2]。また、レコード会社の原盤管理に疑問を抱き、自分の作品の原盤権を「ナイアガラ・エンタープライズ」を設立し、会社で管理するようになる。所属第1号アーティストはシュガー・ベイブであった。
ところが、始まった途端、エレックレコードは倒産する[2]
シュガー・ベイブのシングル「DOWN TOWN」、アルバム『SONGS』を発売。
大滝詠一のソロアルバム『NIAGARA MOON』を発売。
1976年
前年のエレックレコード倒産に伴い日本コロムビアに移籍[2]。16チャンネルテープレコーダを貰うことを条件に、3年で12枚のアルバム制作契約を結ぶ。アルバムは制作されたが当時の世間の大滝の作品への評価は皆無に等しく、大滝周辺やナイアガラ・レーベル作品の愛好者にしか受けなかった。因みに大滝作品およびナイアガラレーベル作品の愛好家は「ナイアガラー」と呼ばれている。大滝作品は制作作品数が多い割りに売れなかったため、会社に経営の危機をもたらすことになり(『NIAGARA CALENDAR』収録の「名月赤坂マンション」はこの会社存続の危機を歌にしたノンフィクションソングである。)、その後会社はCBSソニー移籍まで休眠状態となり、運営をPMPに委託する状態となる(1978年頃のコンサートのパンフレットでは、会社の所在地が当時PMPの本社があったニッポン放送内となっている)。
大滝詠一のソロアルバム『GO! GO! NIAGARA』を発売。
山下達郎伊藤銀次とのアルバム『NIAGARA TRIANGLE Vol.1』を発売。
1977年
レーベル設立の当初の目的であったCMソング集アルバム『NIAGARA CM SPECIAL』を発売。
インストルメンタルアルバム『多羅尾伴内楽団 Vol.1』を発売。
大滝詠一のソロアルバム『NIAGARA CALENDAR』を発売。
1978年
インストルメンタルアルバム『多羅尾伴内楽団 Vol.2』を発売。
雑誌の読者投票により選曲した大滝詠一のベストアルバム『DEBUT』を発売。
アルバム『LET'S ONDO AGAIN』を発売。
1979年
前年に発売されたアルバム『LET'S ONDO AGAIN』の制作を最後にコロムビアを去る。
1980年
前述の契約にアルバムが1枚足りていなかったこともあり、コロムビア主導(大滝と山下達郎は制作にノータッチ)のコンピレーション・アルバム『TATSURO YAMASHITA FROM NIAGARA』が発売される。

1980年代[編集]

アルバム『A LONG VACATION』の大ヒットや、松田聖子の「風立ちぬ」などを手掛けたことにより徐々に名が知られ始める。セールス面などで見ると大滝の絶頂期といえる。

1981年
CBSソニーレコード(後のソニーレコード、現在のソニー・ミュージックレコーズ)に移籍。当時PMPの常務だった朝妻一郎は、本来ならPMPの元上司であった羽佐間重彰が社長を務めるキャニオンレコード(現ポニーキャニオン。PMP、キャニオンともニッポン放送の子会社だった)に移籍させるのが筋だが、大滝の音楽はキャニオンには合わないと考え、CBSソニーに移籍させた[3]。3月21日に発売されたアルバム『A LONG VACATION』のヒットがきっかけで大滝の名が世に広く知られるようになる。このヒットは「5年間も売れなかったアーティストが突如売れ出すことは奇跡」ということを言った業界人もいたほどの出来事だった。
大滝詠一のソロアルバム『A LONG VACATION』を発売。
コロムビアで制作したアルバムのうち6作品をCBSソニーから再発売。
コロムビアで制作した音源のうち、上記6作品に収録されていない楽曲の一部を集めて再構成したオムニバスアルバム『NIAGARA FALL STARS』を発売。
インストルメンタルアルバム『Sing ALONG VACATION』を発売。
1982年
佐野元春杉真理とのアルバム『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』を発売。
井上鑑アレンジのインストルメンタルアルバム『NIAGARA SONG BOOK』を発売。
CMソング集続編および、大滝歌唱楽曲コマーシャルスポットなどを収録した『NIAGARA CM SPECIAL Vol.2』を発売。
1983年
NIAGARA SONG BOOK』の映像版をサブレーベルのKeg-onより発売(後年DVDで再発売)。
1984年
アルバム『EACH TIME』を発売。大滝詠一名義では最後のオリジナルアルバムとなっている。
1981年の再発売から漏れたコロムビアでの制作アルバム5作品をセットにした『NIAGARA BLACK VOX』を発売。
井上鑑アレンジのインストルメンタルアルバム『NIAGARA SONG BOOK 2』を発売。
1985年
コンピレーション・アルバムとして『B-EACH TIME L-ONG』を発売。
プロモーションオンリーアルバム『SNOW TIME』(非売品)を制作する。
1986年
大滝自身の全てのアナログシングルを廃盤にする。これは本人曰く「邦楽第一号のCDがアルバム『A LONG VACATION』であったため、人一倍レコードに思い入れのある自分がCDの普及を早めた」とのことである。これにより大滝の歌手活動は、長期休業にはいる。
1987年
『NIAGARA BLACK VOX』をリマスタリングの上、ボーナストラックを追加したCD-BOXセット『NIAGARA BLACK BOOK』を発売。

1990年代[編集]

過去の作品のリマスターを活発に行う。1990年代半ばにプロデューサー業を一時再開し、大滝自身も12年ぶりのシングル「幸せな結末」を発売。

1991年
1980年代のカタログを「CD選書」シリーズにてリイシュー。
1994年
山下達郎『パレード』がeast west japanよりシングルカットされる際にナイアガラレーベル(青レーベル)を使用。シュガー・ベイブSONGS』もリイシューされ、再発盤としては異例の大ヒットを記録。
大滝がダブル・オーレコード取締役に就任。ダブル・オーではサブレーベルのYoo-Looを使用。
1995年
1970年代のカタログを「CD選書」シリーズでリイシュー開始。1997年まで続けられる。
1996年
渡辺満里奈のアルバム『Ring-a-Bell』のプロデュースを担当。
SNOW TIME』がリマスタリングおよび、ボーナス・トラック追加にてCD化。一般発売される。
1997年
ダブル・オーレコード解散。大滝が12年ぶりのシングル「幸せな結末」をリリース。ミリオン・ヒットを記録。

2000年代以降[編集]

2005年からは「ナイアガラ30周年事業」と題して、1970年代から80年代にかけての作品をリマスター盤で再発している。また、2003年には最後の新曲である「恋するふたり」を発売している。しかし2013年12月30日の大滝の死去により、2014年以降は親族が過去作品の原盤管理を行い、リマスタリング・再編集・未発表作品の発掘などを監修する形でレーベルの活動を継続している。

2001年
1980年代のカタログを「20th Anniversary Edition」としてリマスター開始。
2002年
初のトリビュート・アルバムナイアガラで恋をして』が発売される。
2003年
大滝が6年ぶりのシングル「恋するふたり」をリリース。事実上最後のシングルとなった。
2005年
1970年代のカタログを「30th Anniversary Edition」としてリマスター開始。
2009年
『TATSURO YAMASHITA FROM NIAGARA』が公認盤としてリイシューされる。
2011年
1980年代のカタログを「30th Edition」としてリマスター開始。
2013年
12月30日午後5時30分ごろ主宰の大滝詠一が東京都西多摩郡瑞穂町の自宅で倒れ、病院に搬送されたが、午後7時ごろ、解離性動脈瘤でこの世を去る。享年65。
2014年
12月3日、葬儀で流され、マスターテープの存在が家族にのみ知らせていたという「夢で逢えたら」のセルフカバーを収録した初のオールタイム・ベスト『Best Always』を発売。このアルバムでは、娘婿で音楽プロデューサー・音楽評論家の坂口修がナイアガラ・エンタープライズを継承していることが、スタッフ・クレジットで明らかになっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝妻一郎『ヒットこそすべて オール・アバウト・ミュージック・ビジネス』(白夜書房)p.257
  2. ^ a b c d e f 北中正和「大滝詠一・再掲載インタビュー~『ロング・バケイション』でリターンマッチ」、『レコード・コレクターズ』、ミュージックマガジン、2011年4月、 pp. 60-66。
  3. ^ 『ヒットこそすべて オール・アバウト・ミュージック・ビジネス』p.326