ナイアーラトテップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
H・Pラヴクラフトの作品『魔女の家の夢』で「黒い男」として現れたナイアーラトテップ。

ナイアーラトテップ (Nyarlathotep) は、クトゥルフ神話などに登場する架空日本語では他にナイアーラソテップナイアルラトホテップニャルラトホテプニャルラトテップなどとも表記される。

概要[編集]

初出はハワード・フィリップス・ラヴクラフトの1920年発表の小説『ナイアルラトホテップ』。この散文詩風短編小説で、ナイアーラトテップは古代エジプトのファラオのような「背の高い浅黒い男」と表現されている[1]。「クトゥルフ神話」体系におけるナイアーラトテップは旧支配者の一柱にして、アザトースを筆頭とする外なる神に使役されるメッセンジャーでありながら、自身の主で旧支配者中、最強のアザトースと同等の力を有する土の精であり、人間はもとより他の旧支配者達をもさげすんでいる。

顔がない故に千もの異なる顕現を持ち、特定の眷属を持たず、狂気と混乱をもたらすために自ら暗躍する。彼が与える様々な魔術や秘法、機械などを受け取った人間は大概自滅している。天敵であり唯一恐れるものは火の精と位置づけられる旧支配者クトゥグアのみ。また旧神ノーデンスとも対立している。

旧支配者の中で唯一幽閉を免れ、他の旧支配者と違い自ら人間と接触するなど、クトゥルフ神話において特異な地位を占める神性(神格)であり、クトゥルフ神話におけるトリックスターとも言える。アザトースの息子と言われ、妻は、大鹿の女神イホウンデー、従姉妹に[2]影の女悪魔と呼ばれる女神マイノグーラがいる。また配下にシャンタク鳥忌まわしき狩人が存在する[3]

ドリームランドにおいては、人の姿で登場する。魔王アザトースと周囲で踊る盲啞白痴の蕃神たちの魂魄にして使者であり、カダスの城に住まう大地の神々を守り、複数の人外種族から崇拝される。

解説[編集]

神性[編集]

設定の流用が比較的自由となっているクトゥルフ神話でもナイアーラトテップの誕生は、ダーレスとラヴクラフトでかなりの違いがある。

ラヴクラフトがその作品や作家仲間への手紙の中で書いた内容は、以下の通りである。

この宇宙の中心、正常な物理法則が通用しない混沌とした世界には、絶対的な力をもった存在アザトース(Azatoth)が存在し、その従者の吹き鳴らすフルートに合わせて絶えず不定形な巨体を蠢かしているとされる。アザトースはとてつもなく巨大で絶対の力をもった存在だが、盲目で白痴なので、自らの分身として三つのものを生んだ。闇からシュブ=ニグラス、無名の霧からヨグ=ソトースそして使者たる這いよる混沌ナイアーラトテップである。ナイアーラトテップは、自らの主人であり創造主であるアザトースら異形の神々に仕え、知性をもたない主人の代行者としてその意思を具現化するべくあらゆる時空に出没する。

ラヴクラフトの短編『未知なるカダスを夢に求めて』では、簡単にひねり潰せるはずのランドルフ・カーターを騙して自滅に追いやろうとするなどラヴクラフト神話では、トリックスター的な役割を当初から担わされており、このあたりはその後のクトゥルフ神話と変わらない。また『未知なるカダスを夢に求めて』においてカーターに逃げられ、カダスに戻って神々を罵っていた。

ナイアーラトテップはラヴクラフトが創造し、ロバート・ブロックが独自のエジプトもの作品群で愛用した。ダーレスは、クトゥルフ神話の大系化および作品『闇に棲みつくもの』でキャラ付けに貢献する。レイニーやカーターの辞典による「旧支配者の中で唯一、旧神による封印を免れた」とする設定明記による影響も大きい。

発想[編集]

ナイアーラトテップは、ラヴクラフトの見た夢から誕生した。ナイアーラトテップの名前の由来は諸説あってわかっていないが、エジプト語風の名前であり、古代エジプトのファラオにもみられる[4]

1921年、ラヴクラフトはラインハルト・クライナーに送った手紙の中で、自分が見た夢を、「私が10歳の時に体験した最も現実的で恐ろしい[悪夢]」と関連付けた。夢の中で、ラヴクラフトは友人サミュエル・ラヴマン英語版から次のような手紙を受け取った。

プロヴィデンスに来るならば、ナイアーラトテップを見逃してはならない。それは―想像を超えて―恐ろしいが、素晴らしい。それを見てからというもの、数時間後たっても忘れられない。未だに身震いする。

ラヴクラフトのコメントは次のようなものだった。

私はナイアーラトテップという名前を聞いたこともないはずだが、それについて理解できたように思えた。ナイアーラトテップは、世界中を飛び回る興行師または講師で、公会堂で開かれた展覧会で、恐怖と議論を喚起させていた。この展覧会は2つの出展物から成っていた。最初は恐ろしい、―ひょっとすると予言的な―映画のリールだった。もう一つは、科学的で電気的な装置を使った、いくつかの驚くべき実験を行っていた。私は手紙を受け取った時、ナイアーラトテップがちょうどプロヴィデンスにいたことを思い出した。私は人からあまりにも恐ろしいのでその展覧会を見に行ってはならないと警告されたことも覚えていた。しかし、ラヴマンの手紙が私を決断させた。私は家を出て、夜中に全員が恐怖に呻き、一方向に向かって歩いていく群衆を見た。私は彼らに加わって、偉大で、曖昧模糊とした、形容できないナイアーラトテップを一目見ることを恐れながら熱望していた
[5]

ラヴクラフトはこの夢の経験をもとに、散文詩『ナイアーラトテップ』を執筆する。

ウィル・マリー英語版は、この夢のナイアーラトテップの像は、発明家のニコラ・テスラから発想を得ている可能性があると推測している。その講演には、電気装置を用いた印象的な実験が含まれており、一部の者にとって不吉なもののように見えていた[6]

ロバート・M・プライスは、ナイアーラトテップ(Nyarlathotep)という名前は、ラヴクラフトが愛好した作家であるロード・ダンセイニの作品の二つの名前から影響を受けている可能性があると指摘している。ダンセイニの『ペガーナの神々』には、偽預言者であるアルヒレス=ホテップ(Alhireth-Hotep)が登場し、『探索の悲哀』には、「怒れる」神マイナルティテップ(Mynarthitep)が登場する[7]

化身と異名[編集]

闇をさまようもの(燃える三眼)
夜に吠えるもの(盲目にして無貌のもの)

ナイアーラトテップは変幻自在に姿を変え、千の化身と表現される。化身ごとに異名が(ときには複数)あり、ナイアーラトテップ自体を指す異名もあるので、非常に複雑なことになっている。世界中の神話の神々の何柱もが、ナイアーラトテップの別名にすぎないという側面すらある。また正体不明の神性が二次資料でナイアーラトテップの化身体とされることもある。

化身[編集]

人の姿「暗黒のファラオ
二重冠を戴く、長身痩躯の人物。ドリームランドで、アザトース蕃神たちの使者として活動する。登場作品:未知なるカダスを夢に求めて(ラヴクラフト)
その他の人間体
終末の煽動者ナイアーラトテップ(ナイアーラトテップ)、「暗黒の男」(魔女の家の夢:ラヴクラフト)、物理学者デクスター(尖塔の影:ブロック)、ナイ神父(アーカム計画:ブロック)、ランドール・フラッグ(ザ・スタンドスティーヴン・キング)など。黒い肌の人物である場合が多い。
闇をさまようもの
燃える三眼と黒翼を備えた、異形の姿。アーティファクト「輝くトラペゾヘドロン」から召喚され、19世紀プロヴィデンスの新宗教〈星の智慧派〉で崇拝された。光を嫌う。
登場作品:闇をさまようもの(ラヴクラフト)
無貌の神
顔のない、黒いスフィンクス。三重冠をかぶり、ハゲタカの翼、ハイエナの胴体、鉤爪を備える。古代のエジプトで崇拝された。生贄と引換に、黒魔術の力を与える。
登場作品:無貌の神(ブロック)
後に別の神性〈無貌のもの〉バイアグーナと結び付けられ、作品『アボルミスのスフィンクス』に登場する。
夜に吠えるもの / 闇に棲みつくもの
異名「盲目にして無貌のもの」。北米ンガイの森における化身体。円錐形の顔のない頭部に、触手と手を備える流動性の肉体を持つ。2体のフルート吹きを従える。
登場作品:闇に棲みつくもの(ダーレス)、壁のなかの鼠(ラヴクラフト)
血塗られた舌
TRPGによるアレンジ。顔がなく、代わりに舌を連想させる赤い触手が伸びている。異名「月に吠えるもの」。ケニアに教団がある。

異名[編集]

這い寄る混沌
ナイアーラトテップの代名詞。ラヴクラフトによる短編のタイトルを流用した異名。
強壮なる使者
神々の使者であることに着目した呼称。使者を強調した異名は他にも幾つもある。登場作品:闇に囁くもの(ラヴクラフト)、暗黒のファラオの神殿(ブロック)
クトゥルフ神話の発展と共に、ナイアーラトテップの使者としての位置づけは、蕃神たちの使者(ラヴクラフト時代)→旧支配者たちの使者(ダーレスによる大系化後)→外なる神々たちの使者(TRPG登場後)と変遷している。

ナイアーラトテップが主題の作品[編集]

クトゥルフ神話作品[編集]

その他の作品[編集]

  • 這いよれ! ニャル子さん(ニャルラトホテプ) - 異星人の種族。主人公の「ニャル子さん」は、種族の一人が、地球人の姿に変身したもの。ニャルラトホテプ種族をモデルにしたのが、地球の小説に登場するニャルラトホテプとされている。

関連事項[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ HP Lovecraft, "Nyarlathotep", The Doom that Came to Sarnath, New York: Ballantine Books, 1971, 57–60. Archived July 16, 2015, at the Wayback Machine.
  2. ^ E・P・バーグランド『Wings in The Night』(「SHARDS OF DARKNESS」(ISBN 0965943364)所収。
  3. ^ ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの『未知なるカダスを夢に求めて』
  4. ^ アメンホテプなど。-ホテップ(-hotep)」は「平和」或いは「満足」を意味する。先述のアメンホテプならば「アメン神は満足する」という意味。
  5. ^ H. P. Lovecraft, letter to Reinhardt Kleiner, December 21, 1921; cited in Lin Carter, Lovecraft: A Look Behind the Cthulhu Mythos, pp. 18–19.
  6. ^ Will Murray, "Behind the Mask of Nyarlathotep", Lovecraft Studies No. 25 (Fall 1991); cited in Robert M. Price, The Nyarlathotep Cycle, p. 9.
  7. ^ Price, pp. vii, 1–5.