ナイジェリア文学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ナイジェリアは多くの健筆家を生み出している。彼らの多くは著述力を賞賛されており、ダニエル・O・フグンワ、チヌア・アチェベウォーレ・ショインカ、フェミ・オソフィサン、ケン・サロ=ウィワ、シプリアン・エクウェンシ、ブチ・エメチェタ、エレチ・アマディ、ベン・オクリなどが挙げられる。

絶賛されている若い世代の作家にはクリス・アバニ、チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ、セフィ・アッタ、ヘロン・ハビア、ヘレン・オイェイェミ、ンネディ・オコラフォー、サラー・ラディポ・マニーカ、ンウォンボ・キング・ジェレミアーなどが挙げられる。

関連項目[編集]

  • ナイジェリアの作家一覧英語版