ナイトウォッチ (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナイトウォッチ
ケニー・ロギンススタジオ・アルバム
リリース
録音 ニューヨーク サウンド・ミキサーズ[1]
ジャンル ソフトロック
時間
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース ボブ・ジェームス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 7位(アメリカ[2]
ケニー・ロギンス 年表
未来への誓い
(1977年)
ナイトウォッチ
(1978年)
キープ・ザ・ファイア
(1979年)
テンプレートを表示

ナイトウォッチ』(Nightwatch)は、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、ケニー・ロギンス1978年に発表した、ソロ名義では2作目のスタジオ・アルバム

背景[編集]

「二人の誓い」はメリサ・マンチェスターとの共作で、本来はマンチェスターとのデュエット曲として企画されていたが、契約上の問題によりスティーヴィー・ニックスとのデュエットとなった[3]。なお、この曲はマンチェスターのソロ・アルバム『メリサ・マンチェスター』(1979年)でセルフ・カヴァーされている[4]

ホワット・ア・フール・ビリーヴス」は当時ドゥービー・ブラザーズのメンバーだったマイケル・マクドナルドとの共作で、本作のヴァージョンが初出に当たり、後にドゥービー・ブラザーズのヴァージョンが全米1位の大ヒットとなる[5]

反響・評価[編集]

母国アメリカのBillboard 200では7位に達し、ソロ名義では初の全米トップ10アルバムとなった[2]。本作からのシングルは「二人の誓い」が全米5位、「イージー・ドライヴァー」が全米60位を記録[2]

Stephen Thomas Erlewineはオールミュージックにおいて5点満点中4点を付け「全般的に、彼のファースト・アルバムよりも焦点が絞られた作品」と評している[6]

収録曲[編集]

Side 1
  1. ナイトウォッチ - "Nightwatch" (Kenny Loggins, Dan Loggins, Max Groenenthal) - 7:49
  2. イージー・ドライヴァー - "Easy Driver" (David Plehn, Jerry Riopelle) - 3:34
  3. ダウン・ダーティー - "Down 'N' Dirty" (K. Loggins, Eva Ein, Brian Mann) - 4:42
  4. ダウン・イン・ザ・ブーンドックス - "Down in the Boondocks" (Joe South) - 4:20
Side 2
  1. 二人の誓い - "Whenever I Call You "Friend"" (K. Loggins, Melissa Manchester) - 3:58
  2. ウェイト・ア・リトル・ホワイル - "Wait a Little While" (K. Loggins, E. Ein) - 3:58
  3. ホワット・ア・フール・ビリーヴス - "What a Fool Believes" (K. Loggins, Michael McDonald) - 3:39
  4. サムバディ・ノウズ - "Somebody Knows" (K. Loggins) - 3:36
  5. アンジェリーク - "Angelique" (K. Loggins, E. Ein) - 5:59

参加ミュージシャン[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kenny Loggins - Nightwatch (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  2. ^ a b c Kenny Loggins - Awards”. AllMusic. 2016年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月5日閲覧。
  3. ^ Whenever I Call You "Friend" by Kenny Loggins”. Songfacts. 2016年4月10日閲覧。
  4. ^ Donovan, Charles. “Melissa Manchester - Melissa Manchester”. AllMusic. 2016年4月11日閲覧。
  5. ^ What a Fool Believes by The Doobie Brothers”. Songfacts. 2016年4月10日閲覧。
  6. ^ Erlewine, Stephen Thomas. “Nightwatch - Kenny Loggins”. AllMusic. 2016年4月10日閲覧。