ナイトビュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ナイトビュー(Night View)はトヨタ自動車の開発した乗用車用ナイトビジョン(夜間暗視装置)技術の一つである。

概要[編集]

赤外線自動車のフロント部、通常はバンパーもしくはフロントグリルから照射し、暗視装置による夜間視界を得ると共に、ヘッドライトでは確認しづらい歩行者野生動物の姿を捕捉、メーターパネル内もしくはダッシュボード上のディスプレイに表示させることにより、夜間走行時の安全を向上させる技術である。

装置の照射範囲(視界)は200-250m、対象物の補足範囲は150-100m程度である。

安全面からは非常に効果的な装置ではあるが、コストがかかるため、高級車でも一部の自動車にしか採用されていない。

採用車種[編集]

関連項目[編集]