ナウムブルク大聖堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナウムブルク大聖堂
聖ペテロと聖パウロのナウムブルク大聖堂
ナウムブルク大聖堂の位置(ドイツ内)
ナウムブルク大聖堂
ナウムブルク大聖堂
北緯51度9分17秒 東経11度48分14秒 / 北緯51.15472度 東経11.80389度 / 51.15472; 11.80389
教派 プロテスタント
ウェブサイト naumburger-dom.de
建築物
様式 ロマネスク、ゴシック
着工 1028年
完成 1044年 (献堂)
管轄
主教区 ナウムブルク·ザイツ教区英語版 (1615年まで)
教会管区 中部ドイツ福音主義教会
聖職者
主教
(司教)
イルゼ・ユンカーマン

ナウムブルク大聖堂 (ドイツ語: Naumburger Dom)はドイツナウムブルク・アン・デア・ザーレ北西部にある大聖堂聖ペテロ聖パウロに捧げられた[1]。西の内陣に位置する『ウタとエッケハルト』の像で知られ[2]、ドイツ・ゴシック彫刻の代表作と言われる[1]。2018年、第42回世界遺産委員会において世界遺産に登録された。[3]

建築[編集]

南方から見たナウムブルク大聖堂(2006年)

元々は12世紀から14世紀に掛けて造営された[1]。後期ロマネスク風に拡張された後、ゴシック建築の様式に合わせて内装、外部合わせて増改築された[1]

内装[編集]

東内陣下部のクリプタは1170-80年頃のもので、大聖堂の中でも最古の箇所となっている[2]

西内陣にある12体の寄進者の等身大の像は、ナウムブルク・マイスター英語版と呼ばれる無名の彫刻家によるものである[2]。この内陣障壁彫刻像はかつて制限となった建築の構造から独立した彫刻像の一例として挙げられている[4]

出資者[編集]

エッケハルト2世とウタの夫妻には継承者がいなかったため、全ての遺産が礼拝堂の建築のために残された[5]

世界遺産[編集]


世界遺産 ナウムブルク大聖堂
ドイツ
Naumburg Dom 01.jpg
英名 Naumburg Cathedral
仏名 Cathédrale de Naumburg
面積 1.82 ha (緩衝地帯 56.98 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (2)
登録年 2018年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法・表示

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Britannica Japan Co.,Ltd.; Encyclopædia Britannica, Inc. 『ナウムブルク大聖堂』 (小項目電子辞書版)、2007年。 
  2. ^ a b c ダイヤモンドビッグ社; 「地球の歩き方」編集室 『地球の歩き方』A14 (ドイツ)巻 (28版) ダイヤモンド社、2015年5月29日、355頁。ISBN 978-4-478-04737-8。 
  3. ^ Centre, UNESCO World Heritage. “Naumburg Cathedral” (英語). UNESCO World Heritage Centre. 2019年7月17日閲覧。
  4. ^ 美術出版社; 美術出版社編集部; 藤原えりみ; 高階秀爾 『西洋美術史: カラー版』 (7版) 美術出版社、2008年2月10日、63頁。ISBN 9784568400649。 
  5. ^ Jaeger, Peter (2010年2月11日). “Naumburg: Cathedral immortalizes‘most beautiful woman of the Middle Ages’”. Stars and Stripes. 2016年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月22日閲覧。
  • ウィキメディア・コモンズには、Naumburger Domに関するカテゴリがあります。

座標: 北緯51度09分17秒 東経11度48分14秒 / 北緯51.15472度 東経11.80389度 / 51.15472; 11.80389