ナガブナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナガブナ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
上目 : 骨鰾上目 Ostariophysi
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
亜科 : コイ亜科 Cyprininae
: フナ属 Carassius
: C. buergeri
亜種 : ナガブナ C. a. subsp. 1
学名
Carassius buergeri subsp. 1
和名
ナガブナ

ナガブナCarassius buergeri subsp. 1[1])はコイ目コイ科フナ属に属する魚である。地方名はアカブナなど。

分布[編集]

北陸山陰、長野県諏訪湖[2]、福井県三方五湖、北海道[3][2]に生息しているとされるが詳しいことはわかっていない。

特徴[編集]

全長25cmほど。ニゴロブナに非常によく似た特徴をしている。口は大きく、斜め上を向く。

食性[編集]

詳しいことはわかっていない。

生活環境[編集]

湖の底層を主な生息地として生活している。

保全状況評価[編集]

情報不足(DD)環境省レッドリスト

Status jenv DD.svg

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 環境省レッドリスト2018
  2. ^ a b 小林弘、越智尚子、竹内直政、「フナ属魚類の染色体の比較研究 (続報): 特にニゴロブナ, ナガブナ, ギンブナについて」 魚類学雑誌 1973年 20巻 1号 p.7-12, doi:10.11369/jji1950.20.7
  3. ^ 大橋慎平、永野優季、加藤克 ほか、「北海道大学農学部に保管されていた魚類標本コレクション」 北海道大学水産科学研究彙報 2014年 64巻 2号 p.55-69, hdl:2115/56738