ナコーンサワン県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナコーンサワン県
จังหวัดนครสวรรค์
Flag of Nakhon Sawan Province.pngSeal Nakhon Sawan.png
ナコーンサワン県の位置
タイの国旗 タイ王国
県庁所在地ムアンナコーンサワン郡
面積9,597.677 km²
人口1,073,347 人 2012年
人口密度111.83 人/km²
ISO 3166-2TH-60
  • この項目は英語版を元に作成されています。

ナコーンサワン県(ナコーンサワンけん、タイ語:จังหวัดนครสวรรค์)はタイ北部の県(チャンワット)の一つ。県名の意味は「天国の都市」、古来の名前はパークナムポーである。カムペーンペット県ピチット県ペッチャブーン県ロッブリー県チャイナート県ウタイターニー県ターク県と接する。

地理[編集]

ピン川ナーン川がナコーンサワン県内で合流し、ここでチャオプラヤー川を形成する。

ボーラペット湖は212 km2の面積を持つタイ最大の沼地である。水鳥が多く住み、一部は禁漁区となっている。

歴史[編集]

ナコーンサワンはドヴァーラヴァティー王国時代からの歴史を有する町である。スコータイ王朝時代は、スコータイの南の前衛都市として機能し、ムアン・プラバーンと呼ばれた。アユタヤ王朝時代もピン川とナーン川が合流する地点にあることから物流の中心地として栄えた。また、ビルマ軍のアユタヤ攻撃ルートの中にある軍事的要所であった。タークシン王はプラバーンを基地として用いた。

ラーマ4世(モンクット)がボーリング条約にサインすると米やチーク材の取引の中心として機能しナコーンサワンの繁栄が始まった。しかし、1922年のタイ国鉄の開通、1932年の立憲革命の前の世界恐慌、1950年のパホンヨーティン通りの開通に伴い、ナコーンサワンの重要性は低下した。

1895年、ラーマ5世(チュラーロンコーン)はモントン・ナコーンサワンを設置し、ナコーンサワンをその中心においた。

県章[編集]

県章

「ナコーンサワン」=「天国の都市」をシンボライズし、雲の上に三つの頂上を持つ離宮がデザインされている。

県木・県花はオオバサルスベリ

行政区[編集]

ナコーンサワン県は15の郡(アムプー)に分けられ、その下位に130のタムボンと1328の村(ムーバーン)がある。

  1. ムアンナコーンサワン郡
  2. クロークプラ郡英語版
  3. チュムセーン郡英語版
  4. ノーンブワ郡英語版
  5. バンポットピサイ郡英語版
  6. カオリアオ郡英語版
  7. タークリー郡英語版
  8. タータコー郡英語版
  1. パイサーリー郡英語版
  2. パユハキーリー郡英語版
  3. ラートヤーオ郡英語版
  4. タークファー郡英語版
  5. メーウォン郡英語版
  6. メープーン郡英語版
  7. チュムターボン郡英語版
ナコーンサワン県の郡