ナコーンラムパーン駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナコーンラムパーン駅
Lampang-railway station1771.JPG
นครลำปาง
Nakhon Lampang
ノーンウアターオ (4.88km)
(12.56km) ハーンチャット
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
ラムパーン県
ムアンラムパーン郡
駅番号 1193
所属事業者 タイ国有鉄道
等級 一等駅
所属路線 北本線
キロ程 642.29km(クルンテープ駅起点)
電報略号 ลป.
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1916年4月1日
テンプレートを表示

ナコーンラムパーン駅(ナコーンラムパーンえき、タイ語:สถานีรถไฟนครลำปาง)は、タイ王国北部ラムパーン県ムアンラムパーン郡にある、タイ国有鉄道北本線である。

概要[編集]

ナコーンラムパーン駅はタイ王国北部ラムパーン県にあり、県庁所在地人口約23万人が暮らすムアンラムパーン郡にある。駅名こそナコーンラムパーン駅を称しているが、現在の自治体名であるムアンラムパーン郡およびラムパーン県には古典的に「都市」を意味する「ナコーン」の接辞は冠されていない。そのため、ナコーンサワン、ナコーン・ラーチャシーマ、ナコーン・シー・タマラート等の例とは異なり、現地ではもっぱら「ラムパーン駅」とのみ呼ばれることが多い。駅の正面側は向きであり、町の中心部に位置する。当駅は首都バンコクから642.29km地点にあり、特急列車利用で10時間程度である。

一等駅であり特急列車を含むすべての列車が停車し、1日当たり12列車(6往復)が発着する。その内訳は、特急3往復、急行1往復(当駅で増解結あり)、快速1往復、普通1往復である。また当駅を含むロッブリー駅より終点チエンマイ駅までは、単線区間である。

歴史[編集]

1916年4月1日チエンマイを目指し延伸工事を行っていた北本線は、メーチャン駅より当駅までの区間が完成し、当駅は終着駅として開業した。開業して8箇月後の12月20日に、メータンノイ駅まで延伸開業により途中駅となった。

  • 1916年4月1日 【開業】メーチャン駅 - ナコーンラムパーン駅 (41.96km)
  • 1916年12月20日 【開業】ナコーンラムパーン駅 - メータンノイ駅 (29.51km)

駅構造[編集]

単式及び島式1面の複合型ホーム2面2線をもつ地上駅であり、駅舎はホームに面している。駅舎は、中国風の重厚な建築様式である[1]

ラムパーン車輛所[編集]

当駅に隣接して西側に、タイ国有鉄道のラムパーン車輛所がある。ディーゼル機関車気動車客車貨車の修理、整備をおこなっている為車輛所内は常に各種車輛で賑わっている。北本線は当駅とラムプーン駅との間にタイ鉄道最高地点(標高578メートル)を擁する山岳急勾配区間,「クンターン峠」を控えており、当該勾配区間に対応するための補機の運用,検修は当車輌所の重要な役目である。転車台扇形機関庫があり[1]、退役したB.L.C.25操重車静態保存されている[2]

C56形蒸気機関車[編集]

駅前にある蒸気機関車728号機

駅前に退役した蒸気機関車728号機(元C56 36:1936年日本車輌製造、製造番号414[3])が静態保存されている[1]

駅周辺の施設等[編集]

  • バスターミナル(1.4km)
  • ラムパーン空港(4km)
  • ワット・プラケーオドーンタオスチャーダーラーム(6km)
  • ワット・プラタートラムパーンルワン(18km)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 渡邉乙弘 『タイ国鉄4000キロの旅』 (文芸社、2013年)p.313
  2. ^ 渡邉乙弘 『タイ国鉄4000キロの旅』 (文芸社、2013年)p.672
  3. ^ 高田隆雄 『タイ国の蒸気機関車』 (エリエイ出版部、1978年)p.22

参考文献[編集]

  • 高田隆雄 『タイ国の蒸気機関車』 (エリエイ出版部、1978年)
  • 岡本和之 『タイ鉄道旅行』 (めこん、1993年)ISBN 4-8396-0080-5
  • 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)ISBN 978-4-87698-848-8
  • 渡邉乙弘 『タイ国鉄4000キロの旅』 (文芸社、2013年)ISBN 978-4-286-13041-5

関連項目[編集]