ナサニエル・ナイルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナサニエル・ナイルズ
Nathaniel Nilesl
Tennis pictogram.svg
Nathaniel W. Niles.jpg
ナサニエル・ナイルズ
基本情報
フルネーム Nathaniel William Niles
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・マサチューセッツ州ボストン
生年月日 (1886-07-05) 1886年7月5日
没年月日 (1932-07-11) 1932年7月11日(46歳没)
死没地 同・マサチューセッツ州ブルックライン
利き手
4大大会最高成績・シングルス
全米 準優勝(1917)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全米 優勝(1908)
優勝回数 1(米1)
テンプレート  プロジェクト テニス

ナサニエル・ナイルズNathaniel Niles, 1886年7月5日 - 1932年7月11日)は、アメリカマサチューセッツ州ボストン出身の男子テニスおよびフィギュアスケート選手。フルネームは Nathaniel William Niles (ナサニエル・ウィリアム・ナイルズ)という。テニス選手として1900年代から1910年代全米テニス選手権で活躍し、1908年混合ダブルス優勝・1917年男子シングルス準優勝などの成績を挙げた後、フィギュアスケート選手として1920年アントワープオリンピック1924年シャモニー・モンブランオリンピック1928年サンモリッツオリンピックの3度オリンピックに出場した。フィギュアスケートの競技大会ではテレサ・ウェルド1893年 - 1978年)とペアのパートナーを組んだ。

経歴[編集]

ナイルズのテニス分野での成績は、1904年全米選手権の男子シングルス・ベスト8までさかのぼることができる。それから1926年までの間、彼はテニスの全米選手権に23年連続出場を続けた。初出場から4年後の1908年、ナイルズは混合ダブルスでエディット・ロッチと組んで優勝した。シングルスでは1911年のベスト8・1913年のベスト4を経て、1917年に決勝へ進出した。アメリカが第1次世界大戦に参戦したことから、この大会は赤十字社の資金集めのためのイベントとして開かれ、出場選手数も例年より少なかった。ナイルズは決勝で左利き選手のリンドレイ・マリーに 7-5, 6-8, 3-6, 3-6 (セットカウント1対3)で敗れ、男子シングルス優勝のチャンスを逃した。マレーに敗れた準優勝の2年後、1919年の男子シングルス2回戦で日本柏尾誠一郎を 6-1, 6-2, 6-4 で破った記録が残っている。[1] ナイルズは1926年の1回戦敗退を最後に、23年連続出場を続けた全米テニス選手権から撤退し、以後はフィギュアスケート選手としての活動に専念した。ほぼ10年以上にわたり、彼はテニスとフィギュアスケートを掛け持ちでプレーしたことになる。

1914年から始まった全米フィギュアスケート選手権で、ナイルズはテレサ・ウェルドとのペアで9度優勝(1918年・1920年-1927年まで8連覇)、男子シングル3度優勝(1918年・1925年・1927年)を記録した。オリンピックにおけるフィギュアスケート競技は、1920年アントワープ五輪まで夏季オリンピックで実施され、ナイルズは男子シングル6位・ペア4位に入った。1924年に第1回冬季オリンピックとしてシャモニー五輪が開かれ、冬季五輪種目としてフィギュアスケート競技も実施された。シャモニー五輪でのナイルズの成績は、男子シングル6位・ペア6位であった。それからサンモリッツ五輪で3度目のオリンピックに出場した時は、ナイルズ42歳・ウェルド35歳を迎えたこともあり、男子シングル15位・ペア9位の最下位に終わった。

1932年世界フィギュアスケート選手権カナダモントリオール開催)でペア8位に入ってから4か月後、ナイルズは1932年7月11日マサチューセッツ州ブルックラインにて46歳で急死した。死後の1978年、「世界フィギュアスケート博物館と栄誉の殿堂」の選考により「アメリカフィギュアスケート殿堂」に選ばれた。

主な戦績[編集]

テニス[編集]

  • 全米選手権 1917年男子シングルス準優勝・1908年混合ダブルス優勝 [1904年-1926年まで23年連続出場]

フィギュアスケート[編集]

男子シングル[編集]

競技大会 1914 1918 1920 1921 1922 1923 1924 1925 1926 1927 1928
オリンピック 6位 6位 15位
世界選手権 10位
北米選手権 2位
全米選手権 3位 優勝 2位 2位 2位 2位 優勝 2位 優勝

ペア[編集]

(パートナーはすべてテレサ・ウェルド

競技大会 1914 1918 1920 1921 1922 1923 1924 1925 1926 1927 1928 1929 1930 1932
オリンピック 4位 6位 9位
世界選手権 7位 6位 8位
北米選手権 2位 優勝 2位
全米選手権 2位 優勝 優勝 優勝 優勝 優勝 優勝 優勝 優勝 優勝 2位 2位