ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 オリジナル脚本賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 オリジナル脚本賞」はナショナル・ボード・オブ・レビューが与える賞の一つで、2003年から設けられた部門である[1]

受賞者[編集]

2000年代[編集]

作品 受賞者
2003 イン・アメリカ/三つの小さな願いごと ジム・シェリダン、ナオミ・シェリダン、カースティン・シェリダン
2004 エターナル・サンシャイン チャーリー・カウフマン
2005 イカとクジラ ノア・バームバック
2006 主人公は僕だった ザック・ヘルム
2007 JUNO/ジュノ ディアブロ・コーディ
ラースと、その彼女 ナンシー・オリバー
2008 グラン・トリノ ニック・シェンク
2009 シリアスマン コーエン兄弟

2010年代[編集]

作品 監督
2010 [リミット] クリス・スパーリング
2011 50/50 フィフティ・フィフティ ウィル・ライザー
2012 LOOPER/ルーパー ライアン・ジョンソン
2013 インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 コーエン兄弟
2014 LEGO ムービー フィル・ロード&クリス・ミラー
2015 ヘイトフル・エイト クエンティン・タランティーノ
2016 マンチェスター・バイ・ザ・シー ケネス・ロナーガン
2017 ファントム・スレッド ポール・トーマス・アンダーソン
2018 魂のゆくえ ポール・シュレイダー

参考[編集]

  1. ^ Best Original Screenplay”. 2013年10月11日閲覧。