ナストーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナストーア株式会社
NAS TOA CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
105-0012
東京都中央区京橋1-5-8
設立 1948年(昭和23年)8月
業種 鉄鋼
法人番号 5010001142752
事業内容 ステンレス鋼および高機能材、溶接鋼管の製造・販売
代表者 大塚 行宏(代表取締役社長)
資本金 1億円
純利益 14億3700万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 57億4100万円(2019年03月31日時点)[1]
主要株主 日本冶金工業
外部リンク http://www.nastoa.co.jp/
テンプレートを表示

ナストーア (NAS TOA) は、東京都中央区京橋1丁目に本社をおく、NASグループ(日本冶金工業グループ)のステンレス溶接鋼管メーカーである。

概要[編集]

日本におけるステンレス溶接鋼管のトップメーカーであり、ステンレス専業メーカーとして国内最大手である「日本冶金工業(株)」の連結子会社である。

社名に冠されている「NAS(ナス)」とは、「Nippon-Yakin Austenite Stainless Steel」の略で、日本冶金工業が製造するステンレス鋼の商標のこと。

事業所[編集]

工場[編集]

経営[編集]

株主[編集]

沿革[編集]

  • 1948年 – マッチ製造機械の製造・販売を行なう「東亜精機(株)」として設立。
  • 1952年 – 電気溶接機の製造・販売を開始。
  • 1954年 – ステンレスパイプの製造、ステンレス鋼の製缶板金加工を開始。
  • 1988年 – 「日本冶金工業(株)」よりステンレス鋼管の販売を譲り受け、「ナストーア(株)」に社名変更。

脚注[編集]