ナタリア・ゴンチャロワ (バレーボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナタリア・ゴンチャロワ
Ната́лья Оле́говна Гончаро́ва
 No.8
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Natalja Goncarova 1.jpg
基本情報
国籍 🇺🇦ウクライナ→🇷🇺ロシア
生年月日 (1989-06-01) 1989年6月1日(30歳)
出身地 ソビエト連邦の旗スコーレ
ラテン文字 Natalia Olegovna Goncharova
ロシア語表記表記 Ната́лья Оле́говна Гончаро́ва
身長 194cm
体重 75kg
選手情報
所属 ディナモ・モスクワ
ポジション OP (オポジット)
利き手
スパイク 321cm
ブロック 306cm
 
獲得メダル
Flag of Russia.svg ロシア
世界選手権
2010 東京
ヨーロッパ選手権
2013 ベルリン
ワールドグランプリ
2014 東京
2015 オマハ
テンプレートを表示

ナタリア・オレゴヴナ・ゴンチャロワロシア語: Ната́лья Оле́говна Гончаро́ва, 英表記:Natalia Olegovna Goncharova[1]、女性、1989年6月1日 - )は、ソビエト連邦の(現在のウクライナ、当時のウクライナ・ソビエト社会主義共和国)スコーレ出身のロシア国籍のバレーボール選手である。ロシアリーグには姉のバレリア・ゴンチャロワもプレーしている。2012年に元バレー選手アレクセイ・オブモチャエフと結婚するが2016年に離婚。

来歴[編集]

2006年の欧州ジュニア選手権でMVPを受賞し、2007年にはディナモ・モスクワに入団した。2010年に日本で行われた世界選手権では、ピンチブロッカーとして何度か出場した。時々スターティングメンバーとしても出場した。[要出典]

2012年ロンドンオリンピックでは、スタンディングメンバーとして出場。

2013年はオポジットプレーヤーとしてウィングスパイカーのタチアナ・コシェレワとともにエースとして活躍。

スパイクを打つときは逆足の右足で踏み切り、高い決定力を誇る。

ウクライナの代表選手として活躍していたが、ロシアからのオファーを迷わず受けたという。出身のウクライナでジュニア代表経験があるため、[要出典]2008年にロシア国籍を取得後、FIVBの規定で2年間はナショナルチームでプレーできなかったが、2010年21歳の時に1名しか認められない帰化選手枠で代表に選出された。

2012年、結婚して登録名をゴンチャロワからオブモチャエワに変更した。同年7-8月のロンドンオリンピックに出場した。

2013年9月、欧州選手権では12年ぶりの優勝に大きく貢献した。2014年ワールドグランプリで銅メダルを獲得した。同年9-10月の世界選手権に出場した。

2015年ワールドグランプリで銀メダルを獲得し、自身もベストオポジット賞に選ばれた[1]

2016年、元バレー選手アレクセイ・オブモチャエフと離婚。

球歴[編集]

受賞歴[編集]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]