ナタリア・ザビアコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ナタリア・ザビアコ
Natalja Zabijako
Figure skating pictogram.svg
Natalya Zabiyako 2018.jpg
2018年
選手情報生年月日 (1994-08-15) 1994年8月15日(26歳)代表国 ロシアの旗 ロシア
 エストニア出生地 エストニア タリン居住ソチ身長 164 cm趣味 読書料理素描映画パートナー アレクサンドル・エンベルト元パートナー ユーリ・ラリオノフ
アレクサンドル・ザボエフ
セルゲイ・クルバフ
セルゲイ・ムーヒンコーチ ニーナ・モーゼル
ウラジスラフ・ゾフニルスキー元コーチ ロビン・ゾルコーヴィ
パヴェル・ディミトロフ
Stanimir Todorov
Jekaterina Nekrassova振付師 タチアナ・ドルチニーナ
ピーター・チェルニシェフ
パスカーレ・カメレンゴ元振付師 アッラ・カプラノワ
アレクサンダー・ガージ
Igor Tchiniaev
ジュゼッペ・アリーナ
Pavel Dimitrov
Stanimir Todorov
Jekaterina Nekrassova所属クラブ Figure Skating Sports Center Sochi練習拠点 モスクワ開始 1998世界ランキング 2 (2018–19)シーズンランク 3 (2018–19)ISUサイト バイオグラフィプログラム使用曲ショート アレクサンドル・ネフスキー 作曲:セルゲイ・プロコフィエフフリー Toi et Moi 作曲:イーゴリ・クルトイISU パーソナルベストスコア合計スコア 217.98 2019 世界選手権ショート 75.18 2018 GPファイナルフリー 144.02 2019 世界選手権
 
大会成績
国際スケート連盟主催大会 1 2 3
オリンピック 0 1 0
世界選手権 0 0 1
欧州選手権 0 0 1
合計数 0 1 2
国内大会 1 2 3
ロシア選手権 0 1 1
エストニア選手権 2 0 0
フィギュアスケート
オリンピック
Olympic rings with transparent rims.svg
2018 平昌 団体戦
世界選手権
2019 さいたま ペア
欧州選手権
2018 モスクワ ペア
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

ナタリア・アレクサンドロヴナ・ザビアコエストニア語: Natalja Alexandrovna Zabijako, ロシア語: Наталья Александровна Забияко, 1994年8月15日 - )は、エストニアタリン出身、ロシア所属の女性フィギュアスケート選手(ペア)。パートナーはアレクサンドル・エンベルトユーリ・ラリオノフアレクサンドル・ザボエフなど。 2018年平昌オリンピック団体戦2位。2019年世界選手権2018年欧州選手権3位。

経歴[編集]

2018GPヘルシンキ表彰式にて(左)エンベルト

1998年にスケートを始め、2009年にはシングルでエストニア選手権のジュニアクラスで優勝。その後ペアに転向し、セルゲイ・ムーヒンとペアを結成した[1]。2010年にはセルゲイ・クルバフと結成するも、2012年2月にはペアを解散した[2]

2012年10月、ロシア人アレクサンドル・ザボエフとペアを結成。ソチオリンピックの最終予選である2013年ネーベルホルン杯でエストニアの出場枠を獲得したが、ザボエフがエストニア国籍の取得が出来ずに出場はできなかった[3]2014年世界選手権の後にザボエフとのペアを解散した[4][5]

2014年4月にニーナ・モーゼルにコーチを変更して、モスクワに練習拠点を移した。数人のスケーターとトライアウトをした後、ユーリ・ラリオノフとペアを結成し、ロシア所属で競技を行うことを決めた。12月19日、ロシアの市民権を取得した[6]。初出場のロシア選手権では7位。シーズン終了後、ラリオノフとのペアを解散し新たにアレクサンドル・エンベルトとのペアを結成した[7]

2016-2017シーズン、ロステレコム杯で2位となり、グランプリシリーズで初めて表彰台に立った。シリーズでの成績は7位だったが、アリオナ・サフチェンコ/ブリュノ・マッソ組の出場辞退により、グランプリファイナルに繰り上がり出場した。ロシア選手権では初表彰台となる3位。欧州選手権世界選手権代表にも選出された。

主な戦績[編集]

大会/年 2009
-10
2010
-11
2011
-12
2013
-14
2014
-15
2015
-16
2016
-17
2017
-18
2018
-19
2019
-20
冬季オリンピック 7
世界選手権 16 19 12 4 3
欧州選手権 13 10 5 3 WD
ロシア選手権 7 5 3 2
エストニア選手権 1 1
GPファイナル 4 4
GPNHK杯 1
GPロステレコム杯 5 2
GPフランス杯 4 WD[8]
GPスケートカナダ 4
GPスケートアメリカ 4 WD[8]
GPヘルシンキ 1
CSロンバルディア杯 1 1
CSネペラ記念 3 1
CSゴールデンスピン 2 4 1
CS M.オーナメント 2
ネーベルホルン杯 9
NRW杯 5 3
世界Jr.選手権 16
JGPタリン杯 4
JGPミンスク・アイス 13

詳細[編集]

2018-2019 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年3月20日-24日 2019年世界フィギュアスケート選手権さいたま 4
73.96
4
144.02
3
217.98
2018年12月19日-23日 ロシアフィギュアスケート選手権サランスク 2
78.53
2
151.96
2
230.49
2018年12月5日-9日 2018/2019 ISUグランプリファイナルバンクーバー 2
75.18
4
125.89
4
201.07
2018年11月9日-11日 ISUグランプリシリーズ 2018年NHK杯広島 1
73.48
1
140.66
1
214.14
2018年11月2日-4日 ISUグランプリシリーズ 2018年ヘルシンキ大会ヘルシンキ 2
67.59
1
130.92
1
198.51
2018年9月13日-16日 CS CSロンバルディア杯ベルガモ 1
72.50
2
123.65
1
196.15
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年3月21日-25日 2018年世界フィギュアスケート選手権ミラノ 4
74.38
6
133.50
4
207.88
2018年2月14日-15日 2018年平昌オリンピック平昌 8
74.35
7
138.53
7
212.88
2018年2月9日-12日 2018年平昌オリンピック 団体戦(平昌 - 3
133.28
2
団体
2018年1月17日-20日 2018年ヨーロッパフィギュアスケート選手権モスクワ 2
72.95
3
137.23
3
210.18
2017年11月24日-26日 ISUグランプリシリーズスケートアメリカレークプラシッド 4
70.15
5
127.74
4
197.89
2017年12月6日-9日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 1
68.76
1
134.20
1
202.96
2017年10月27日-29日 ISUグランプリシリーズスケートカナダレジャイナ 4
69.00
4
123.70
4
192.70
2017年9月21日-23日 ISUチャレンジャーシリーズオンドレイネペラトロフィーブラチスラヴァ 2
64.52
1
128.06
1
192.58
2017年9月14日-17日 ISUチャレンジャーシリーズロンバルディアトロフィーベルガモ 1
69.22
1
126.84
1
196.06
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年3月27日-4月2日 2017年世界フィギュアスケート選手権ヘルシンキ 5
74.26
13
118.28
12
192.54
2017年1月25日-29日 2017年ヨーロッパフィギュアスケート選手権オストラヴァ 5
72.38
5
128.37
5
200.75
2016年12月20日-25日 ロシアフィギュアスケート選手権チェリャビンスク 3
129.06
3
129.06
3
201.91
2016年12月8日-11日 2016/2017 ISUグランプリファイナルマルセイユ 5
65.79
5
122.53
4
188.32
2016年11月11日-13日 ISUグランプリシリーズ フランス杯パリ 3
71.36
4
121.20
4
192.56
2016年11月4日-6日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 1
69.76
2
128.01
2
197.77
2016年9月29日-10月2日 ISUチャレンジャーシリーズ オンドレイネペラメモリアルブラチスラヴァ 3
67.04
3
114.34
3
181.38
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年12月23日-27日 ロシアフィギュアスケート選手権エカテリンブルク 5
70.60
5
134.43
5
205.03
2015年12月2日-5日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 4
60.96
4
112.66
4
173.62
2015年11月20日-22日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 5
60.77
5
119.79
5
180.56
2015年10月15日-18日 ISUチャレンジャーシリーズ モルドヴィアンオーナメントサランスク 2
67.64
2
128.58
2
196.22
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年12月24日-28日 ロシアフィギュアスケート選手権ソチ 5
59.96
7
106.07
7
166.03
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月24日-30日 2014年世界フィギュアスケート選手権さいたま 19
46.11
- 19
2014年1月13日-19日 2014年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト 12
50.12
10
99.70
10
149.82
2013年12月5日-8日 2013年ゴールデンスピンザグレブ 1
52.77
2
94.99
2
147.76
2013年9月25日-28日 2013年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 11
45.08
9
93.79
9
138.87
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年11月29日-12月4日 2011年NRW杯ドルトムント 5
40.54
2
88.77
3
129.31
2011年10月12日-15日 ISUジュニアグランプリ タリン杯タリン 7
40.93
4
88.95
4
129.88
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年4月25日-5月1日 2011年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 16
44.35
16
82.21
16
126.56
2011年1月24日-30日 2011年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ベルン 14
35.01
13
71.46
13
106.47
2010年12月2日-5日 2010年NRW杯ドルトムント 6
38.72
6
66.49
5
105.21
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月8日-14日 2010年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 16
35.90
- 16
2009年12月19日-20日 エストニアフィギュアスケート選手権タリン 1
40.28
1
63.59
1
103.87
2009年9月23日-27日 ISUジュニアグランプリ ミンスク・アイスミンスク 11
35.95
13
54.50
13
90.45

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2018-2019[9] カンタータ 『アレクサンドル・ネフスキー』より
作曲:セルゲイ・プロコフィエフ
振付:ピーター・チェルニシェフ
Toi et Moi
作曲:イーゴリ・クルトイ
Tango In Ebony
演奏:マクシム・ムルヴィツァ
2017-2018
[10][11]
映画『おもいでの夏』より
作曲:ミシェル・ルグラン
振付:Igor Tchiniaev
バレエ音楽『眠れる森の美女』より
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:ジュゼッペ・アリーナ
好きにならずにいられない
ボーカル:クリス・アイザック
2016-2017 吹雪
作曲:ゲオルギー・スヴィリードフ
クライ・ミー・ア・リヴァー
ボーカル:マイケル・ブーブレ
I'll Never Forget You ロックオペラ『ユノナとアヴォス』より
作曲:アレクセイ・リブニコフ
2015-2016 I'll Never Forget You ロックオペラ『ユノナとアヴォス』より
作曲:アレクセイ・リブニコフ
映画『God's Thunder』サウンドトラックより
作曲:ジョルジュ・ガルヴァランツ
ある愛の詩
ボーカル:シャルル・アズナヴールミレイユ・マチュー
2014-2015 All I Ask of You ミュージカル『オペラ座の怪人』より
作曲:アンドルー・ロイド・ウェバー
Requiem pour un fou
ボーカル:ララ・ファビアン

脚注[編集]

  1. ^ Наталья Забияко: иногда, чтобы чего-то достичь, нужно рискнуть
  2. ^ Eesti paarissõitjate teed läksid lahku
  3. ^ Estonia stops Russian figure skater's Sochi hopes
  4. ^ Буду выступать за ту страну, которой действительно нужен». История скитаний русского фигуриста
  5. ^ Фигуристка Наталья Забияко рассказала всю правду о своем бывшем партнере
  6. ^ ФОТО: Чемпионка Эстонии получила российское гражданство
  7. ^ Горшков подтвердил образование новой спортивной пары фигуристов Забияко/Энберт
  8. ^ a b Наталья Забияко -- Александр Энберт не примут участие в этапах Гран-при” [ナタリア・ザビアコとアレクサンドル・エンベルトはグランプリシリーズに参加しない] (ロシア語). ロシアフィギュアスケート連盟. 2019年10月2日閲覧。
  9. ^ Мозер рассказала о короткой программе Забияко и Энберта в новом сезоне
  10. ^ https://web.archive.org/web/20171017203926/http://www.isuresults.com/bios/isufs00035212.htm
  11. ^ Meet Natalia Zabiiako and Alexander Enbert

参考文献[編集]