ナッシン・バット・ザ・ブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナッシン・バット・ザ・ブルース
ジョニー・ウィンタースタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ブルース
時間
レーベル ブルー・スカイ・レコード英語版
プロデュース ジョニー・ウィンター
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 146位(アメリカ[1]
ジョニー・ウィンター 年表
トゥゲザー(with エドガー・ウィンター
(1976年)
ナッシン・バット・ザ・ブルース
(1977年)
ホワイト、ホット&ブルー
(1978年)
テンプレートを表示

ナッシン・バット・ザ・ブルース』(Nothin' But the Blues)は、アメリカ合衆国ブルース・ミュージシャン、ジョニー・ウィンター1977年に発表したスタジオ・アルバム

解説[編集]

ウィンターがプロデュースやギター演奏で参加したマディ・ウォーターズのアルバム『ハード・アゲイン』(1977年)に参加したプレイヤーが起用されて、ウォーターズの曲のカヴァー「ウォーキン・スルー・ザ・パーク」にはウォーターズ本人がゲスト・ボーカリストとして参加した[2]。2007年9月には、本作と次作『ホワイト、ホット&ブルー』を1枚のCDにまとめた再発盤がBGOレコードからリリースされた[3]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はジョニー・ウィンター作。

  1. タイアード・オブ・トライイング - "Tired of Tryin'" - 3:39
  2. TVママ - "TV Mama" - 3:10
  3. スウィート・ラヴ・アンド・イーヴィル・ウーマン - "Sweet Love and Evil Women" - 2:57
  4. エヴリバディズ・ブルース - "Everybody's Blues" - 4:21
  5. ドリンキン・ブルース - "Drinkin' Blues" - 3:41
  6. マッド・ブルース - "Mad Blues" - 4:06
  7. イット・ワズ・レイニン - "It Was Rainin'" - 5:03
  8. ブレイディ・メイ - "Bladie Mae" - 3:35
  9. ウォーキング・スルー・ザ・パーク - "Walking Thru the Park" (McKinley Morganfield) - 4:07

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Johnny Winter - Awards”. AllMusic. 2016年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月5日閲覧。
  2. ^ Nothin' But the Blues : AllMusic - Review by William Ruhlmann
  3. ^ Nothin But the Blues/White, Hot & Blue - Johnny Winter : AllMusic