ナットレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ナットレイ
全国
テッシード - ナットレイ(#598) - ギアル
イッシュ
テッシード - ナットレイ(#104) - ギアル
基礎データ
英語名 Ferrothorn
進化体系 1進化ポケモン
進化前 テッシード
進化後 なし
世代 第5世代
ポケモン学
分類 とげだまポケモン
タイプ くさ / はがね
高さ 1.0m
重さ 110.0kg
特性 てつのトゲ
テンプレートを表示

ナットレイは、ポケットモンスターシリーズに登場する654種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴

テッシードの進化系。鋼の円盤型のボディが特徴で、そこからイバラの枝のような外見をしたびっしりと金属のトゲの生えた3本の触手が伸びている。振りかざした触手は岩をもたやすく粉砕する威力を持つ。普段は洞窟の天井に張り付き待機しており、獲物が通りかかるとトゲを打ち込もうと触手を伸ばして襲いかかる。

ゲームでのナットレイ

テッシードがレベル40になると進化する。野生では出現しない。なお『ブラック・ホワイト』では使用してくるトレーナーも存在しなかった(後述のように『ブラック2・ホワイト2』では使用するトレーナーが存在する)。

くさ・はがねタイプの組み合わせを持つ珍しいポケモンであり、他にこの組み合わせは進化前のテッシードのみである。くさタイプ自体は弱点が多いが、はがねタイプがくさタイプ側の弱点の殆どを補完しており、更にくさタイプとしてはがねタイプでは半減できないみずタイプとでんきタイプの攻撃を半減することができる。逆にほのおタイプの攻撃にはタイプの組み合わせ上非常に脆く、高い威力を持つ技の多いかくとうタイプも弱点としている為、相性はしっかりと見極める必要がある。

ステータスは進化前から高かった「ぼうぎょ」と「とくぼう」がさらに上がっており、上記のタイプ構成もあって非常に優れた耐久力を持つ。「HP」と「こうげき」も飛躍的に上昇しているが「とくこう」はあまり高くない。「すばやさ」は非常に低くて、進化したポケモンとしてはワーストクラスだが、相手よりも遅いほど威力が上昇するタイプ一致の攻撃技「ジャイロボール」を覚えるため逆利用することもできる。

特性は「さめはだ」と同様に直接攻撃をしてきた相手にダメージを与える「てつのトゲ」で、自身も傷付くことで発動する特性だがナットレイは耐久力が高いため有効に働きやすい。

技に関しては進化直後のレベル40で覚える「パワーウィップ」と思い出せる技の「ロッククライム」は進化前では覚えられない技である。その他にも「アイアンヘッド」や「だいばくはつ」などの威力の高い物理技や、「のろい」や「ステルスロック」といった補助技を習得できる。

『ブラック2・ホワイト2』では、元サンヨウジムリーダーのデントが使用している。


アニメでのナットレイ

ベストウイッシュ シーズン2』5話でジュンサーの手持ちとして登場。10話ではコテツのポケモンとして登場。

ポケモンカードでのナットレイ

ポケモンカードゲームBW 拡張パック「ホワイトコレクション」で初登場。ゲーム同様「ジャイロボール」を使う。

関連項目