ナディーン・ラバキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
نادين لبكي
Nadine Labaki

ナディーン・ラバキー
ナディーン・ラバキー
2019年 カンヌ国際映画祭にて
生年月日 (1974-02-18) 1974年2月18日(46歳)
出生地 レバノンの旗 レバノン バーブダット英語版
国籍 レバノンの旗 レバノン
職業 映画監督俳優
公式サイト http://www.nadinelabaki.com/
主な作品
キャラメル
テンプレートを表示

ナディーン・ラバキーアラビア語: نادين لبكيラテン文字化: Nadine Labaki 1974年2月18日 -)は、レバノン映画監督俳優。監督兼主演の映画『キャラメル』の成功により、アラビアン・ビジネス誌の「世界で最もパワフルなアラブ人100人」で、女性のトップ5に選出されている[1]

来歴[編集]

1974年2月18日、レバノンバーブダットで生まれる。

1993年に大学入学の資格を取得し、1997年、ベイルートサン・ジョセフ大学(メディア学)を卒業。

大学在学中に製作した短編映画『パステール通り11番地』[2]が、1998年パリアラブ世界研究所アラブ映画ビエンナーレで1位。

2002年から2003年、ミュージックビデオやコマーシャルフィルムで数々の受賞をする。

2004年カンヌ国際映画祭のレジデンス制度により、初の長編映画『キャラメル』の脚本をジハード・ホジェイリーとロドニー・アル=ハッダードと共に執筆した。

2005年、レバノン映画『ボスタ! 踊る幸福の赤いバス英語版』にて俳優としてデビューし、主演を務める。

2007年、映画『キャラメル』にて、監督・主演を務め、世界的に高い評価を得た。

主なフィルモグラフィ[編集]

日本語題
原題
クレジット 備考
2007 キャラメル
سكر بنات
監督・脚本・出演
2011 私たちはどこに行くの?
وهلأ لوين؟
監督・脚本・製作・出演
2014 リオ、アイラブユー
Rio, Eu Te Amo
監督・脚本・出演 オムニバス映画
セグメント「O Milagre」のみ
2018 存在のない子供たち
کفرناحوم
監督・脚本・出演

出演のみ[編集]

  • ボスタ! 踊る幸福の赤いバス Bosta (2005)
  • 友よ、さらばと言おう Mea culpa (2014)
  • チャップリンからの贈りもの La Rançon de la gloire (2014) ヌール役
  • 歌声にのった少年 Ya tayr el tayer (2015)

受賞とノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 作品名 結果 参照
アカデミー賞 2018 外国映画賞 存在のない子供たち ノミネート [3]
カンヌ国際映画祭 2011 ある視点賞 私たちはどこに行くの? ノミネート
エキュメニカル審査員特別賞 受賞 [4][5]
フランソワ・シャレ賞英語版 受賞
2018 パルム・ドール 存在のない子供たち ノミネート [6]
審査員賞 受賞 [6]
エキュメニカル審査員賞 受賞 [7]
トロント国際映画祭 2011 観客賞 私たちはどこに行くの? 受賞 [8]

参考文献[編集]

  1. ^ Banking trumps Power 100 as most powerful industry アラビアン・ビジネス 2008年4月1日
  2. ^ 11, Rue Pasteur Liban (1996) アラブ世界研究所(フランス語)
  3. ^ The 91st Academy Awards (2019) Nominees and Winners”. oscars.org. 2019年8月28日閲覧。
  4. ^ Hopewell, John (21 May 2011), 'Le Havre' win top Fipresci crits' award, https://variety.com/2011/film/news/le-havre-win-top-fipresci-crits-award-1118037421/ 2013年10月15日閲覧。 
  5. ^ "Ecuminal Jury", Ecumenical Jury – Press Release 2011, http://cannes.juryoecumenique.org/IMG/pdf/2011/cp_prix_oecumenique_2011_en.pdf 
  6. ^ a b Debruge, Peter (2018年5月19日). “2018 Cannes Film Festival Award Winners Announced”. Variety. 2018年5月20日閲覧。
  7. ^ The 2018 Official Selection”. Cannes. 2018年4月12日閲覧。
  8. ^ TIFF: Awards 2011”. tiff.net. 2011年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月28日閲覧。

関連項目[編集]