ナナカマド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ナナカマド
Nanakamado tree.jpg
ナナカマド
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
: ナナカマド属 Sorbus
: ナナカマド Sorbus commixta
学名
Sorbus commixta Hedl.[1]
和名
ナナカマド
英名
Japanese Rowan
変種
  • var. commixta ナナカマド
  • var. rufoferruginea サビバナナカマド
  • var. wilfordii ツシマナナカマド

ナナカマド Sorbus commixta(七竈[2][3][4]、花楸樹[5])は、バラ科落葉高木[2][1]。赤く染まる紅葉果実が美しいので、北海道東北地方では街路樹や公園樹としてよく植えられている[2]

分布・下位分類[編集]

南千島を含む[6]北海道本州四国九州の冷温帯の山地帯の上部および亜高山帯の林地に自生する[2][1]樺太[6]朝鮮半島[6]などアジア東北部に分布[3]。山地のミズナラブナ林から森林限界まで普通に分布する[2]

本種は以下の3変種に分けられる。それぞれの特徴は#形態・生態の項参照。

Sorbus commixta var. commixta ナナカマド
全国に普通に自生[2]
Sorbus commixta var. rufoferruginea サビバナナカマド
東北地方から近畿にかけて時に分布[2]
Sorbus commixta var. wilfordii ツシマナナカマド
対馬および北陸から山陰にかけて低地から分布[2]

形態・生態[編集]

紅葉したナナカマドの複葉。
ナナカマドの樹皮。
ナナカマドの花。
ナナカマドの実。

高さ3-12 mの小高木から高木で[2]、山地では普通高さ6-10 m程度だが、15 mになるものもある[3][1]。高地では小低木となることが多い[7]

は長さ3-9 cmの側小葉が4-7対(または9-17枚[1])向かい合ってつく、長さ15-25 cmの奇数羽状複葉[2][3]。小葉は披針形または長楕円状披針形で、先は尖り[3]、幅は1-2.5 cm[1]。小葉には細かく鋭い鋸歯または重鋸歯があり、両面ともほぼ無毛[2][3][1]。小葉の表面は緑色で、裏面は淡緑色[1]。変種サビバナナカマド S. commixta var. rufoferrugineaでは葉裏の主脈に沿い、に錆色(褐色)の毛が密生する[2][3]。花序や萼にも褐色の長軟毛が生える[3]。また小葉基部の葉軸上には褐色の毛が生え、これはナナカマド属共通の形質である[2]。変種ツシマナナカマドS. commixta var. wilfordii では小葉が4-6対と少なくて、形は幅広く短い[2]。葉序は互生[2]

樹皮は平滑で、横長の細長い皮目があり、サクラにやや似る[2][3]。若い樹皮は褐色~淡褐色で、皮目以外は滑らかだが、成長とともに灰褐色となり、老木では縦に浅く裂けるようになる[8]。樹形は株立ちで、逆形となる[8]。胸高直径は15-30 cmになる[1]。材は褐色で堅く細工物に適している[7]

6-7月の初夏には白いを多数咲かせる[3]。花は5枚の花弁からなる6-10 mmの大きさの小花で複散房花序の形をなす[7][3]。雄蕊は20個で、花柱は3-4本[3]。秋にはあざやかに紅葉[2]、球形で直径5-6 mmの赤い実を実らせる[3]。実は晩夏から冬まで見られ[2]、葉が落ちても残る[6]。実はレンジャクアトリツグミなどの鳥類の食用となる[7]。果実酒にも利用できる。

冬芽は芽鱗に覆われ、撮むと樹脂によりしばしば粘る[2]

伝承[編集]

北欧などで魔よけとされているのは、ナナカマドと同じナナカマド属だが別種のセイヨウナナカマド (European rowan, Sorbus aucuparia L.) である。燃えにくいことから「火除けの木」や「落雷除けの木」として縁起木とされる[8]

語源[編集]

「ナナカマド」という和名は、"大変燃えにくく、7度竃(かまど)にくべても燃え残る"ということから付けられたという説が広く流布している[7][9][8][4][10]。"7度または7日間竃で焼くと良質のになる"という説もある[8]

牧野富太郎は『牧野日本植物図鑑』で本種の項に

材ハ燃エ難ク、竈ニ七度入ルルモ尚燃残ルト言フヨリ此和名ヲ得タリト伝フ。

と記している[11]

現在でも辞典類ではこの説が取り上げられる。下はその1例である。

  • 七度かまどに入れても燃えないという俗説がある。(広辞苑 第六版、岩波書店、2008年)

ただしこれは現実的には正しくないようで、実際にはナナカマドの薪は良く燃えるとの記述もある。例えば『植物名の由来』で中村浩は

わたしは越後の山荘で何度か冬を過ごしたことがあるが、よくナナカマドの薪をたいて暖を取ったものである。この木の材はよく燃えて決して燃え残る事は無い。[12]

と自らの経験を述べている。中村の説によるとナナカマドの木炭は火力が強く、これを作るには7日間炭焼きのかまどに入れておく必要があったため「七日かまど」と呼ばれており、それが詰まってナナカマドになったという[7]。鶴田知也は『草木図誌』で同様に事実を経験として述べ、『名前の由来には別の意味がある』可能性を示唆している。

[編集]

中村浩は『植物名の由来』で

この備長のことを記した古書[注釈 1]には、“備長は木炭の中の上物なり。紫珠及び花鍬樹を極上品とす”という記述がある。

と述べている[13]。花鍬樹とはナナカマドを指す漢名である[5]

利用[編集]

北海道では果実を用いてジャムやマーマレードなどの製造がおこなわれている。[14]

生の果実中に存在するソルビン酸はナナカマドの学名より取られた。現在は合成したものが保存料として使用される。[15]

セイヨウナナカマドの生果実にはパラソルビン酸が 0.4%-0.7% 含まれるが、加熱処理や乾燥でソルビン酸に変わる[注釈 2]。「健康食品の安全性・有効性情報」のサイトではヨーロッパナナカマドの新鮮な果実を過剰に摂取することに注意を喚起している[16][注釈 3]

庭木街路樹、花材として用いられる[3][6]。植え付けや勢姿剪定は1-3月に行われる[9]カミキリムシの食害を受ける[9]。完熟前に採り播きし、実生にて増やされる[9]

市町村の木に指定する自治体[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考資料[編集]

  • 梅本浩史『樹皮ハンディ図鑑』永岡書店、2010年3月10日、132頁。ISBN 978-4-522-42665-4。
  • 加納喜光『動植物の漢字がわかる本』山海堂、2007年1月10日、138頁。ISBN 9784381022004。
  • 川原田邦彦『花色・仲間・落葉・常緑で引ける 庭木・植木図鑑』日本文芸社、2006年4月28日、148頁。ISBN 4537204389。
  • 日本漢字能力検定協会『漢検漢字辞典』日本漢字能力検定協会、2014年11月1日、第二版、142, 645。ISBN 978-4-89096-305-8。
  • 鈴木庸夫『葉 実 樹皮で確実にわかる 樹木図鑑』日本文芸社、2005年。ISBN 4537203544。
  • 俵浩三『牧野植物図鑑の謎』平凡社、東京、1999年9月21日。ISBN 978-4582850178。
  • 鶴田知也『草木図誌』東京書籍、東京、1979年10月1日。ISBN 978-4487721450。
  • 中村浩『植物名の由来』東京書籍、東京、1998年9月16日、第2版。ISBN 978-4487795574。
  • 馬場多久男『葉でわかる樹木』信濃毎日新聞社、1999年12月10日、84, 238。ISBN 478409850X。
  • 林将之『山溪ハンディ図鑑14 増補改訂 樹木の葉 実物スキャンで見分ける1300種類』山と溪谷社、2020年1月5日。ISBN 978-4-635-07044-7。
  • 林弥栄『山溪カラー名鑑 日本の樹木』山と溪谷社、1985年9月1日、338頁。ISBN 4-635-09017-5。
  • 牧野富太郎『牧野日本植物図鑑 増補版』北隆館、東京、1956年3月20日。(初版は1940年9月29日)

出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 出典には古書としか書かれていないため書名は不明。
  2. ^ en:Rowan#Usesに "The raw fruit also contain parasorbic acid (about 0.4%-0.7% in the European rowan)" とあり、出典として Sorbus aucuparia L. が挙げられている。なお、Japanese rowan に関する言及は無かった。
  3. ^ こちらも、日本のナナカマドに関しては言及していない。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]