ナマ・イキVOICE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナマ・イキVOICE
ジャンル 情報番組
アナウンサー 美川愛実
高橋幸
オープニング 「レモン」伊藤ゴロー feat.原田知世(2010年 - )
エンディング 月替わり
国・地域 日本の旗 日本鹿児島県
言語 日本語
製作
製作 鹿児島テレビ放送
放送
放送局 鹿児島テレビ
映像形式 4:3→16:9
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1990年5月5日 - 放送中
放送時間 土曜日 18:30 - 19:00
放送分 30分
回数 1280[1]
ナマ・イキVOICE
テンプレートを表示

ナマ・イキVOICE』(ナマイキボイス)は、鹿児島テレビ放送(KTS)制作の女性向け情報番組である。制作局の鹿児島テレビ放送では、1990年5月5日に放送が開始された。鹿児島県のローカル番組としては南日本放送の『どーんと鹿児島』に次ぐ長寿番組である。

番組概要[編集]

鹿児島テレビ(KTS)の女性社員が結集して「女性による女性のための番組」を模索。鹿児島在住の女性達を「ナマ・イキ倶楽部員」として呼び集め、視聴者参加型番組としてスタートした。2002年からはCSチャンネルでも放送されている。

また開始当初の番組タイトルは『ナマ・イキVOICE』に続けて「100%女性倶楽部」との副題が付されていた。

初期は湾岸戦争を取り上げるなど硬派な企画も放送されたが[2]、次第に女性向けの生活情報へとシフトした。絵画・彫刻等のアーティストの発表の場を提供する「アートマーケット」や毎年7月に放送される鹿児島県内のいい男を探す「ひこぼしに会いたい」は番組恒例となっている。その中でナマイキ倶楽部員と多くのイベントを展開し、特に米作りを行った「女子コメ部」の活動は2010年にギャラクシー賞(報道部門)を受賞した。番組スタッフは2000年度の放送ウーマン賞も受賞している[3]

2010年3月27日の放送で、KTSでの放送回数1000回を達成した[4]

放送時間[編集]

土曜日 18:30 - 19:00(JST、生放送)

特別番組[編集]

  • 年末年始の通常放送は基本的に休止され、年始1月2日の昼間のローカル枠(キー局のフジテレビではドラマの一挙再放送を行っている枠)を使い新春スペシャルが2016年まで放送されていた。
  • 「KTSの日」実施日は同特番内でコーナーとして本番組が放送される場合がある、その場合18:30の放送枠は遅れネット番組で穴埋めされる。
  • 2015年11月13日19:00 - 19:54に25周年記念の特別番組『ナマ・イキVOICE 25年で女も結構変わったよ!スペシャル』が放送され、初代MCと12代目MCの対談VTRが放送された。[6]
  • 2020年5月5日20:00 - 21:00に30周年記念の特別番組『ナマ・イキVOICE わたしたち、こうして30才になりました』が生放送された。

司会者[編集]

  • 代数のカウントは片方が交代したものもカウントする。

2020年5月9日以降

名前
(よみ)
役職 プロフィール 備考
美川愛実
(みかわ あいみ)
KTSアナウンサー (1992-04-21) 1992年4月21日(28歳)、O型、福岡県出身 13代目・14代目MC
高橋幸
(たかはし さち)
KTSアナウンサー (1994-10-08) 1994年10月8日(25歳)、O型、東京都出身 13代目途中からリポーターとして出演、14代目MC

過去の司会者[編集]

  • 青木隆子(初代司会・現同局報道記者、政治活動のため2020年3月で退社。)
  • 加茂川里美(〃・一旦退社後、2015年に再入社・現まるごとかごしま ゆうテレ!MC)
  • 中津留文代(3代目MC)
  • 佐藤陽子(3代目MC)
  • 寺田聡美(リポーター・4代目MC)
  • 直木比呂代(6代目MC)
  • 坂口果津奈( - 2006年3月・7代目MC)
  • 福留かおり(1996年 - 2004年3月・8代目MC)
  • 中西真貴(2004年4月 - 2011年3月・9代目MC[7]
  • 戸越亜希子(2006年4月 - 2008年6月・10代目)
  • 武田みどり(2008年7月 - 2011年3月・11代目MC)
  • 井上彩香(KTSアナウンサー、12代目MC時代に番組リポート担当)
  • みえかおり(2011年3月までは番組リポーター・12代目MC・2011年4月2日 - 2016年3月26日)
  • 高塚まい(KTSリポーター、12代目MC後期から番組リポート担当)
  • 庄村奈津美(KTSアナウンサー・12代目・13代目MC、2011年4月2日 - 2020年5月5日歴代最長)

寺田、福留、武田はKTS専属タレント。他はKTSアナウンサー(いずれも当時)。他にも多くの女性アナウンサー・専属タレントがレポーターとして出演した。

ナレーション[編集]

基本的にナレーションも司会者が兼務するが、一部VTRを山本慎一上片平健、小鍛冶宏将など男性アナウンサーも担当することがある。

テーマ曲[編集]

  • 「レモン」伊藤ゴロー feat.原田知世(2010年 - 現在、通常版のみで使用され特別番組では用いられないことが多い)2016年4月2日放送分から、曲調をアレンジした上で引き続き使用されていた。2017年4月以降に1年弱程度オープニングアニメーションが廃止されていた時期の「レモン」はスタジオパート冒頭のみで使用されていた。原田のアルバム『noon moon』収録。
  • のん、元GO!GO!7188ノマアキコチリヌルヲワカユウによる新テーマ曲が使用開始予定[8]

スタジオ[編集]

  • 2003年1月18日まで…鹿児島商工会議所ビル1階JALスタジオから公開生放送[9]
    放送開始から2003年1月18日まで使用していたJALスタジオ跡(2016年1月31日撮影)
  • 2006年3月まで…鹿児島テレビ本社内スタジオから録画放送
  • 2006年4月8日から現在…鹿児島テレビ放送局内1階ロビーから公開生放送、これに合わせてロビーが大幅にリニューアルされた。全編VTR構成や出先からの出張放送の場合通常の公開生放送が行われない場合がある、この他新型コロナウイルス感染予防対策のため、2020年2月29日以降公開生放送は行われていない(2月22日放送分は元々中継先からの生放送のため、公開生放送は行われる予定は無かった)。

放送形態[編集]

  • ホームドラマチャンネルの無料放送番組『インターローカルアワー』枠(毎週日曜日6:30 - 6:55)でも放送されているため、鹿児島県外でも視聴可能である。
  • 番組はハイビジョン制作。ホームドラマチャンネルHDでは2011年11月までは標準画質に変換され、スーパー額縁放送で放送された。
  • 鹿児島テレビでは生放送であるが、ホームドラマチャンネルの放送では放送内容が編集されることがある[10]。また、新春スペシャルなど時間が拡大された場合、その回はホームドラマチャンネルでの放送は行われていない。

エピソード[編集]

  • 鹿児島市中央公園の愛称の募集が本番組で行われ、1994年7月16日放送分にて同公園の愛称について「テンパーク」と名付けられた。[1]
  • エンディングは天文館を歩く女性の姿のVTRを毎週撮影し放送している、アミュプラザ鹿児島開業後一時期に限り鹿児島中央駅周辺での撮影を行った。
    • 新型コロナウイルス感染予防対策のため、2020年3月28日以降は当日の番組内容のハイライトや視聴者の募集映像をエンディングに使用している。
  • アミュプラザ鹿児島開業後から、番組本編終了後に45秒間コーナー「AMU's STYLE」を開始(2015年現在は「My Amu」として放送、いずれもKTSでの本放送のみであり月曜日の再放送とインターローカルTVでは放送されない)。
  • 2011年3月12日は東日本大震災関連、2016年4月16日は熊本地震[11]関連の報道特別番組が入ったため、本番組が臨時休止となった。

タイトルの由来[編集]

  • 「ナマ・イキ」とは「生意気」ではなく「ナマ(放送)でイキ(粋)な情報を発信します」の意。
  • 開始前、番組タイトルが「世の中をバカにしている」と上層部から突き返されたが、「認められないなら、いい番組づくりができるとは考えられない。」と説得、上層部もOKを出した。[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b 2015年11月13日19:00から放送『ナマ・イキVOICE 25年で女も結構変わったよ!スペシャル』より。
  2. ^ [1]20周年OAより
  3. ^ 放送ウーマン賞歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会(SJWRT). 2016年6月18日閲覧。
  4. ^ ホームドラマチャンネルでの放送における放送回数は、『インターローカルアワー』やインターローカルTV、さらにその前身であるAQステーションで放送を開始してからの通算の回数としているため、KTSでの放送回数とは異なる。
  5. ^ さんまのまんま』は2016年にレギュラー放送を終了している。
  6. ^ 当初は鹿児島市中央公園で公開生放送を行う予定だったが、悪天候のため通常通り鹿児島テレビ内1階ロビーから公開生放送が行われた。
  7. ^ 2006年12月28日17:00から放送「鹿児島を見つめて38年、そして未来へ」にて言及
  8. ^ ktstvのツイート(1257642480859840512)
  9. ^ 登山用品店コンビニエンスストアを経て、2020年現在は空き店舗となっている
  10. ^ このため画面上部には「この番組は鹿児島地区で〇月〇日(年を越えた場合は〇年〇月〇日)に放送されたものです」のテロップが表示される。
  11. ^ ktstv (2016年4月16日). “本日18:00~放送を予定しておりました「ナマ・イキVOICE」は『KTS報道特番』放送のため休止となりました。ご了承ください。”. 鹿児島テレビ放送. Twitter. 2020年6月21日閲覧。
  12. ^ 『FNS九州』、1992年