ナムプリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナムプリック
Nam phrik kapi.JPG
ナムプリック(手前)
種類 ディップホットソース
発祥地 タイ王国の旗 タイ王国
主な材料 トウガラシニンニク・エシャロット・ライム果汁・カピ・ナムプラー
テンプレートを表示

ナムプリック: น้ำพริก発音 [nám pʰrík]rtgsNam phrik)は、タイ料理おかずの一つである。一般的には辛みと粘性のあるディップまたはホットソースである。

説明[編集]

トウガラシニンニクエシャロット玉ねぎの仲間)、ライム果汁などをすり鉢ですりつぶしてペースト状にしたもの。カピ(エビ小魚をつぶして発酵させたもの)、ナムプラー(魚醤)、砂糖を添加することもある。

ご飯にかけたり、ディップとして生野菜に付けたり、スープ煮込み料理の味付けに使用する。地域によって差異が大きく、また主婦の好みでもレシピが異なる。液体状、ペースト状、ほぼ乾燥したもの、顆粒状、粉末状などその形態は様々であり、北部タイだけでも30種類を数えるという[1]タイカレーのペーストに使用することもある[2][3]。タイ中央部では穏やかな味付けのものが、北部タイでは辛味の強いものが好まれる[1]。歴代のミス・タイ英語版は一番好きな食べ物としてナムプリックを挙げることが定法となっており、この定法を確立させたのは1965年にタイ初のミス・ユニバースに選ばれたアパサラー・ホンサクン英語版である[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 山田均『世界の食文化5 タイ』農山漁村文化協会、2003年、263頁。ISBN 978-4540032172。
  2. ^ Chaslin, Pierre; Canungmai, Piyatep; Tettoni, Luca (1987). Discover Thai Cooking. Times Editions. ISBN 9971401126. http://www.recipesource.com/ethnic/asia/thai/02/rec0250.html 2015年5月13日閲覧。. 
  3. ^ Basic Red Thai Curry Paste(น้ำพริกแกงเผ็ด ; nam phrik gaaeng phet) Thai Food Master、2010年4月5日