ナランホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナランホ
Sitio el naranjo 1.jpg
ナランホの位置(グアテマラ内)
ナランホ
遺跡の位置
所在地 グアテマラペテン県
座標 北緯17度18分01秒 西経89度15分44秒 / 北緯17.30028度 西経89.26222度 / 17.30028; -89.26222座標: 北緯17度18分01秒 西経89度15分44秒 / 北緯17.30028度 西経89.26222度 / 17.30028; -89.26222
種類 定住地
歴史
時代 先古典期-古典期
文化 マヤ

ナランホ(Naranjo)は、グアテマラペテン県の古代マヤ遺跡。ペテン県北東部のベリーズ国境に近い場所にあり、2004年以降ヤシュハ・ナクム・ナランホ国立公園の一部をなしている[1]

遺跡[編集]

「ナランホ」とはスペイン語オレンジの樹を意味し、もちろん新しい名前である。

先古典期からある大きな遺跡であり、389の建築物が6つのアクロポリスを構成する[1]。多数の石碑、階段、祭壇、まぐさ石、球戯場の彫刻に碑文が残されているが、1960年代から1970年代にかけて略奪に遭った。

歴史[編集]

碑文によってわかるナランホの歴史は切れぎれである。ナランホの石碑の日付で最古のものは石碑41号に記された475年だが、このころの歴史はほとんどわからない[2]。最初に事績のわかる王は、35代目の王とされるアフ・ウォサルで、カラクムルのトゥーン・カップ・ヒシュによって擁立され、546年に即位した[3]。アフ・ウォサルは幼くして即位し、その後少なくとも69年間は王位についていた。しかし次の王の時代になると、626年に南のカラコルに征服され、631年にはカラクムルに征服された。37代目の王は680年にカラコルを打ち破った[4]

682年、ドス・ピラス初代王バラフ・チャン・カウィールの娘である「6の空」(Ix Wak Chanil Ajaw)がナランホの新しい王朝を建てた。688年にカック・ティリウ・チャン・チャークが生まれ(おそらく「6の空」の子)、693年に5歳で38代目の王として即位した。「6の空」自身はナランホの王ではなかったが、実質的な支配者であり、それはカック・ティリウの即位後もしばらく変わらなかったと思われる[5]。この時代、ナランホはカラクムルに臣属していたが、いつまでそうだったかは明らかでない[6]

744年にはティカルイキン・チャン・カウィールによってナランホは蹂躙され、王は殺された[7]。その後の歴史はあまり明らかでないが、780年にはイツァムナーフ・カウィールが即位し、近隣のヤシュハを征服した。ナランホは他の多くのマヤの都市と同様に、830年ごろに滅亡した[8]

再発見と略奪[編集]

ナランホは1905年にテオベルト・マーラーによって再発見された[9]。その後、シルヴェイナス・モーリーによる調査が行われた。

ナランホの遺物は早くから盗難にあっていたが、1964年以降に略奪はとりわけ激しくなった。略奪者は運搬を容易にするために大きな遺物を切り刻んだため、ナランホの遺跡は悲劇的な状態に陥った[10]イアン・グレアムは1966年にナランホの石碑8号がロサンゼルスのデパートに飾られているのを発見して衝撃を受け、『マヤ神聖文字碑文集成』の最初の調査対象のひとつにナランホを選んだ[11][12]

脚注[編集]

  1. ^ a b Naranjo, ワールド・モニュメント財団, https://www.wmf.org/project/naranjo 
  2. ^ Martin & Grube (2000) p.70
  3. ^ Martin & Grube (2000) p.72
  4. ^ Martin & Grube (2000) p.72-73
  5. ^ Martin & Grube (2000) p.74-75
  6. ^ Martin & Grube (2000) p.75-77
  7. ^ Martin & Grube (2000) p.78-79
  8. ^ Martin & Grube (2000) p.82-83
  9. ^ Martin & Grube (2000) p.69
  10. ^ 外部リンクの『マヤ神聖文字碑文集成』の解説を参照
  11. ^ Graham (2010) pp.315-316, 345
  12. ^ Robert Reinhold (1973-03-26). “Looters Impede Scholars Studying Maya Mystery”. The New York Times. http://www.nytimes.com/1973/03/26/archives/looters-impede-scholars-studying-maya-mystery-scholars-of-maya-in-a.html. 

参考文献[編集]

  • Graham, Ian (2010). The Road to Ruins. University of Mexico Press. ISBN 9780826347541. 
  • Martin, Simon; Grube, Nikolai (2000). Chronicle of the Maya Kings and Queens. Thames & Hudson. ISBN 0500051038.